宇宙にお願いする方法に効果がない方はこうなっていないか?

宇宙

 

宇宙へのお願いは引き寄せにおいて必須ではない

 

本日は「宇宙にお願いしても効果がない」という方へのお話です。

「波動を上げようと頑張っているんですけど、良いことがありません」

「宇宙を信じて祈ってるはずなのに、悪いことが続くんですけど…」

といった方にぜひご覧になっていただきたい内容です。

 

 

「私はできる」と思えるか否かが肝心

 

私は特に、宇宙にお願いをして願いを叶えたことはありません。

ただ、

「宇宙のパワーなんかないぞ、だから宇宙にお願いしても効果ないんだぞ」

とか言うつもりも、まーーったくないです。

そんなことは全くもってない、心から宇宙を信じた人は必ずうまくいきます。

 

 

これに関してはこの記事に書きました。

記事の内容をまとめると、

 

  • 引き寄せは思考が現実になる法則
  • 「うまくいくという思考」がある以上、必ずそれは潜在意識の力で現実になる
  • 「うまくいくという思考」を持てるのであれば、持てるようになる手段はなんでもいい

 

というものです。

つまり肝心かなめの部分は、

「私はうまくいくのだ、と思考できているか否か」

であって「宇宙を信じるか否か」というところではないので、

信じてようが信じてなかろうが、どっちでもいいんです。

「宇宙のパワーは絶対にある!!だから絶対にうまくいく!」

でも、

「引き寄せにはしっかり科学的根拠がある!だから絶対にうまくいく!」

でも、

「うちで飼ってる犬は超すごいパワー持ってる特殊犬だから、飼い主の俺には恩恵を与えるはずだ!だから絶対にうまくいく!」

でもなんでも、とにかく根拠はなんだろうが構わない。

要は「うまくいくという思考」を持てさえすればうまくいくのが引き寄せです。

 

 

宇宙を「信仰しろ」であり「依存しろ」ではない

 

「宇宙にお願いしているのに効果がない、叶わない」

という人は結局のところ、

肝心の部分の「うまくいく」という思考を持てていないからうまくいかないんです。

ではでは、

 

  • 宇宙にお願いしてうまくいくという思考を抱ける人
  • 宇宙にお願いしてもうまくいくという思考を抱けない人

 

この2つって何が違うの?というと、

宇宙を信仰しているか、依存しているか。

の違いだと思います。

多分、こんな感じじゃないでしょうか?

たとえば受験の前になって神社に合格祈願に行ったとき、

 

  • お願いをしたのだから、きっと神様が見守っていてくださる!と神に全幅の信頼を置いて、安心して勉学に励めるようになった→合格する
  • お願いしたんだから、ちゃんと叶えてくれるんだろうね!?と疑いの気持ちを持ち、ちゃんと自分が合格させてもらえるかどうかばかり気にして勉強がおろそかになる→不合格になる

 

こういう違い。

前者のほうは合格後、

「やはり神様が見守っていてくださったのだなぁ…ありがとう…」

と思いますよね。

以前よりますます神を信頼し、感謝します。

ますます「神」という存在がその人の力になり、神を信じることでうまくいくようになります。

 

 

後者のほうは不合格後、

「ちゃんとお願いしたのに効果なかった。なんで合格させてくれなかったわけ?」

と、神を疑い、不満を抱きます。

もとよりさして神を信じていないのに、ますます神を疑う気持ちが強くなり、

ますます「神」という存在がその人にとって信頼できないものになり、いつまでも神を信じることではうまくいかなくなってしまう。

 

 

「宇宙を信じてください」という書籍はたくさんありますが、

そこには「信じなさい」とは書いてあっても、「依存しなさい」とは書かれていないはず。

あくまでも「信じなさい」です。

それは、「本物の信仰心を持て」とか「心からの敬愛や畏怖を持て」という意味です。

そういった篤い信仰心を持ったならばうまくいきます、と言っているのであって、

「宇宙よお願い、私の代わりになんとかしてください、私、自分では何もしたくありません!」

と、信仰心ではなく依存心を持ってちょこっと気が向いたときにだけ神社に足を運び、

「これでなんとかしてもらえるよね?」

と思っていても、それは、

「私の代わりになんとかして~」

という依存心が強くなっていくだけで、信仰心は強くはならないです。

 

 

引き寄せはまず自分が変わることが条件の法則

 

ま、依存心持てとか言ってねーだろ!と言ってる私ですが、

私も人のことは言えなくて、もともとどうして引き寄せに興味を持ったかというと、

「叶うと信じればあなたの願いは叶います!」

と書いてある本を読んで、思いっきり、

「だったら、引き寄せってヤツが私の代わりに全部なんとかしてくれるってことか!」

と勘違いしたからです。

そう、自分では何もしなくてもよさそうだから、自分は一切変わらなくてすみそうだから興味を持ったんです。

こういう人って多いんじゃないかな?

正直、気持ちはわかります。

 

 

でも…よく考えてみてほしいんですけど、引き寄せって、

「叶うと信じればあなたの願いは叶います!」

ですよね。

これは裏を返すと、

「叶うと信じないならあなたの願いは叶いません」

ですよね。

ならば、いま「叶う」と思えていないなら、

まずそこから「叶うと思えるようになる」に自分を変える必要は絶対にあるわけで…。

つまり、まず最初に「自分が変わる」というのが絶対条件なんです。

自分は変わらないですむどころか、まず自分が変わらなければならない法則です。

しかしそう言われているっていうのになぜか、

「そうか、私は何もしなくていい!変わらなくていいんだ!」

と勘違いして依存心から飛びつく人が(私を含めて)多いように思います。

これは、

「えっ、違うじゃん。自分が変わらないとうまくいかない法則ってことじゃん」

ということに気づかない限り、効果が表れることはないと思います。

でも逆に言えば、変わりさえすれば絶対効果は出ます。

 

 

宇宙にお願いするという方法で願いを叶えたいなら、まずは、

「依存するのではなく、信仰をするのだ」

「よし、ここから信仰心を持った人間に変わるぞ」

と決意すること。

そして、いかに宇宙が偉大かについて、しっかりと思考を巡らせること。

(そうして何度も思考を巡らせることはアファメーションに該当する行為)

それを続けていれば、おのずと信仰心も篤くなって信じられるようになります。

そうしてあなたが変わったならば、その変わった状態でお願いをするのであれば叶うんですよ、というのが引き寄せの法則です。

宇宙が叶えてくれるのは、あくまでも「あなたが宇宙を信仰する人間に変われば」の話、

依存心の強いまま変わらないでいても叶えてあげるね、とは言われていないですから、

信仰と依存を混同しないように気をつけてみてください。

 

 

宇宙にお願いしても効果がないのは、宇宙を信仰するのではなく依存しているから。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ