潜在意識の話の「未来を決める」ができないんですけど…?

花

 

未来を決めると、潜在意識が実現する

 

今回は「未来を決める」についてです。

よく潜在意識のお話では、

「私はこうなるのだ、と未来を決めてしまいましょう」

「そうすると、潜在意識がその未来を実現しようとします」

と言われます。

これを聞いて、

「いや…でも、私はその『未来を決める』というのができないんだよ…。

どうすればできるようになるの?」

とか、

「先に未来を決めるなんて、なんだか変なの。

普通は現在があって、そのあとに未来じゃないの?」

と思う方へ向けて、詳しくお話していきます。

 

 

「未来を決める」ができない人はいない

 

まず、

「どうすれば、未来を決めることができるようになるの?」

という疑問についてですが、今もうすでにできているはずです。

仮に本当に、あなたが未来を決めることができない人間だとしたならば、

あなたには「予定を入れる」という行為ができないはずですが、そんなことはありませんよね。

「明日は7時に起きよう」

「週末に映画に行こう」

「来月は旅行に行こう」

これらすべて、未来のことについて「こうする」と決めていますし、

こうして先の予定を入れることができているのであれば、

あなたは未来を決めることができている、ということです。

 

 

あなたの潜在意識は、勝手に働いてくれている

 

ではあなたが、

「週末はデートだー!

よーし、デートのために今から、可愛い服を買いに行こうっと♪」

と洋服を買いに出かけたとします。

これは、

「決めた未来(デートをする)から逆算して、現在で取る行動(デート用の服を買う)を決めた」

ということですので、順序としては未来が先、現在が後ですね。

「普通は現在が先で、未来は後じゃないの?」

という方も、実は日常生活でごくごく自然に、未来を先に、現在を後にして考え行動しています。

 

 

もちろん行動しているときに、

「私は今ッ!!未来を先に決め、そこから逆算した行動を現在で取っているのだァッ!!」

とか意識したりはしないと思います。

自然に、無意識にやっていることですよね。

それはつまり、あなたの潜在意識が勝手にやっているということです。

 

 

いつもどおりに未来を決める、いつもどおりに潜在意識を使う

 

…という感じで、

「先に未来を決める。未来が先で現在は後なんだ」

ということを、人はごくごく自然に理解し、すでに実行しているはずです。

願いを叶えるときでも、いつもと要領は全く同じです。

先に「こうなる」と未来を決め、その未来から逆算して、現在何をするかを決める。

そのときに「やるぞォォオ!!」と意識せずとも、無意識(潜在意識)のほうが勝手にやる。

ただそれだけのこと、誰でもできるはずのことです。

 

 

誰にでもできるはずのことができなくなるのは、

「デートをするのと願いを叶えるということが、同じ要領なはずがない」

「願いを叶えるには、何か特別なことをしなければならないはずだ」

という思い込みがあるためだと思います。

あまりにも「願いを叶える」ということを、特別視してしまっているんですね。

ただいつもどおりにやればいいだけなのに、「何か特別なことをしなければいけない」と強く身構えて、

いつもどおりにやらなくなってしまうために、叶わなくなります。

 

 

「特別なことをできるようになる」

ことが大切なのではなくて、

「特別なことなどする必要はないと気づく」

ことが、大切ですよ(*´ω`*)

 

 

「先に未来を決める」ができない人はいません。

願いを叶えるということを特別視せず、いつもと同じ要領だと思ってください。

 

 

関連記事です↓

決めると言うけれど、決められたかどうかはどうすればわかるの?

 

 

引き寄せの力で、あなたの人生に「革命」を起こす。

革命に必要な「3つの鍵」とは?↓

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ