私は、潜在意識に謝る必要があるの?

植物

 

潜在意識が怒ってる?謝るほうがいい?

 

今回は、読者の方からいただいたご質問への回答です。

潜在意識が、怒って主人の願いを却下することはありますか?
以前に、

「潜在意識は、主人が有言不実行(三日坊主や中途半端な諦めetc.)を繰り返すと、
主人に不信感と抵抗、怒りを持ち、願いの実現の邪魔をするようになる。

このような場合は潜在意識が許してくれるまで、

時間をかけて謝るワークをし続ける必要がある」

と聞いたことがあります。

なんだか怖く感じるのですが、本当にこのようなことがあるのでしょうか?

「願いを却下する・謝る必要がある」などは、

「潜在意識を変化させないと願いは叶わない」

ということを、少し違う言い方で表現しているだけかと思います。

実際に潜在意識が意思を持っているわけではありません。

 

ではでは、詳しくお話していきますね(*´ω`*)

 

 

実際に潜在意識が「謝るまで許さない」と思うことはない

 

まず、潜在意識には知性は備わっていません。

そのため、

「こいつは許せーん、謝るまでは願いを叶えてやらん!」

などと考えることはありません。

よく引き寄せでは、

「潜在意識が願いを叶えてくれる・叶えてくれない」

というふうに、まるで潜在意識が独立してものを考え動いているかのような表現が使われますが、これは単なる擬人化(人間以外のものを人間に例える比喩の方法)です。

ただの「ものの例え」だと思ってください。

 

 

「潜在意識が怒る・謝る」を言いかえると?

 

「潜在意識は、主人が有言不実行を繰り返すと、
主人に不信感と抵抗、怒りを持ち、願いの実現の邪魔をするようになる」

これを私なりの別の言葉に言いかえると、

「有言不実行を繰り返すうち、

『私はダメだ、私に願いなんて叶えられるわけがない』

といった、自分に対する否定的な観念が潜在意識下に刷り込まれていく。

その『自分はダメだ』という観念が現実になるように、無意識のうちに自分で行動してしまい、願いの実現ができなくなる」

でしょうか。

 

 

どちらも言っていることは同じですし、どちらの表現が好きかは人によります。

質問者さまの場合、

「潜在意識が怒って邪魔をする」

といった表現がなんだか怖く感じる…とのことなので、このような表現はあまり適していないのかもしれませんね。

 

 

次に、

「潜在意識が許してくれるまで、時間をかけて謝るワークをし続ける必要がある」

こちらも私なりの言葉に置きかえてみると、

「潜在意識下の『私はダメだ』という観念を消すために、

時間をかけて潜在意識メソッドをする必要がある」

となります。

表現は違えど言いたいことは、

「ワークやメソッドを通じ、今の潜在意識の状態を変えましょうね」

ということです。

 

 

「謝る」は潜在意識を変化させるのに有効

 

ご質問に出てくる「謝るワーク」が具体的にどのようなものかはわかりませんが、

自分に「ごめんね」と声をかけるようなワークでしょうか?

だとすると、そのように自分に謝るというのは、たしかに効果があるかもしれません。

 

 

人は、ついつい自分に厳しくなってしまうもの。

「なんてダメな人間なんだ」

「どうせ何もできやしない」

こういう言葉を自分にかけてしまいがちですよね。

人にこうした言葉をかけられると自信を失ってしまうのと同じく、

自分で自分にこのような言葉をかけても、自信は失われてしまいます。

 

 

もしこのようなことを言われていた相手に、

「ごめんね、本当はそんなことないよ」

と真摯に謝りつづけられたら、徐々に心がほぐれていくと思います。

同様に、自分で自分に「ひどいことを言ってごめんね」と謝ることで、心がほぐれていきます。

そうして自分に謝ることで、潜在意識下の「私はダメな人間」という観念が消えていけば、それに伴って願いも現実化していきます。

これを、

「潜在意識が怒っているから、許してもらうために謝る」

と表現してもいいですし、

「潜在意識下の良くない観念を消すために、自分に謝るという方法を使う」

と表現してもいいですね。

 

 

不要な観念を消すための方法は、謝る以外にもいろいろとありますが、

「ほう、謝るというのはやったことがなかったなぁ」

と興味が湧いたのであれば、やってみるのも良いと思います(*´ω`*)

 

 

自分(の潜在意識)にどのくらい謝るといいの?

 

それと、

「時間をかけて謝るワークをし続ける必要がある」

という部分を読んで、

「じ、時間をかけるって…どのくらい謝る必要があるの?あんまり長期間は嫌だなぁ…」

と思った方もいるかもしれません。

かかる時間は人それぞれなので「万人共通で〇時間です!」とは言えないのですが、

本気で謝るほどに、時間は短くてすむと思います。

 

 

これは謝る以外の方法でもそうなのですが、

「こんなことやって意味あるの?」という疑いを持っていたり、

自分を変える決心がついていないままにやると、効果が出るのは遅くなります。

反対に、

「絶対に自分を変えてやる、必ず効果はあるんだ!」

と強く心に決めてやるほどに、効果は早く出ます。

謝るのであれば、

「ごめんね…とか言って、ほんとにこんなんで潜在意識が変わるのかよ~」

と思いながらやるのではなく、

「これまでひどい言葉をかけてきた相手(自分)に対して、心の底から非礼を詫びよう」

くらいの気持ちを持ってやるといいかな、と思います。

そのくらい真剣に行えば、それほど時間はかからず効果が出てくると思います。

 

 

それと、謝る端から有言不実行(自信を失うような行為)を繰り返さないことも大切かと思います。

これだと謝ってはそれを打ち消し、謝ってはそれを打ち消し…の繰り返しになりますので、

「日々の中で、やると決めたことはきちんとやるようにしよう」

という意識も持っていると良いですね。

完璧にできなくても全然かまいません。

少しずつでいい・簡単なことでいいですから、

やると言ったことはやるように心がけてみてください(*´ω`*)

 

 

「潜在意識が怒る、謝る必要がある」

というのは、潜在意識を擬人化した表現です。

謝るというのは、潜在意識を変えるための効果が見込めるものですので、興味があれば試してみてください。

 

 

✶noteで「感謝する・与える」についての記事を公開中です✶

 

「謝る」以外の潜在意識を変える方法について知りたい方は、以下の記事をどうぞ↓

アファメーションについて

自己観察について

なる式について

完璧採用について

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:質問コーナー 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ