引き寄せで、悪いイメージを現実化させないためには?

あじさい

 

悪いイメージが、悪いことを引き寄せてしまう…

 

今回は、

「悪いイメージをしてしまう」

という方へ向けてのお話です。

よく引き寄せでは、

「願いが叶ったときのことをイメージしましょう」

と言われますよね。

しかし、

「叶ったときのことをイメージしようとしても、つい叶わなかったときの悪いイメージをしてしまいます。

でも、悪いイメージをするとそれが潜在意識に伝わってしまって、本当に悪いことを引き寄せてしまうんですよね?

こういう場合にはどうすればいいのでしょうか?」

というご質問をよくいただきますので、どうすればいいのか?について詳しくお話していきます。

 

 

悪いことを引き寄せているのは「悪いイメージ」ではない

 

まず、

「悪いイメージをすると、悪いことを引き寄せてしまう」

こう思っている方はよくいらっしゃるのですが、これは誤解ですよ~。

引き寄せでは、悪いイメージが現実化することはありません。

同様に、良いイメージが現実化するということもありません。

 

 

こう言うと、

「ウォォォォそんなあほなーーー!

そんならなんでここまで盛んに『良いイメージをしましょう!』って言われてんねん!!」

と思うかもしれませんが、引き寄せって、

「良いイメージ(または悪いイメージ)を、潜在意識が叶える」

わけではなくて、

「良いイメージ(または悪いイメージ)に対しての観念を、潜在意識が叶える」

です。

 

 

悪いことを引き寄せるのは、イメージではなく「観念」

 

たとえばAさんが、叶ったときのすごく良いイメージをしたとします。

しかしそのイメージをしながら、

「こんなこと、どうせ実現するわけないよなあ…」

という観念を抱いていたとします。

すると潜在意識は、

「ほう、いま思い描いているこのイメージ、実現するわけないと思ってるのかぁ。

ほんならその観念どおり、ちゃんとこのイメージが実現しないようにしてあげなきゃ

と働きますので、良いイメージをしているにも関わらず、良いことが引き寄せられてくることはなくなります。

 

 

ではBさんが、叶わなかったときのめちゃくちゃ悪いイメージをしたとします。

そしてそのイメージをしながら、

「この私にこんなことなんて起きるはずない、こんなの絶対ありえな~い」

という観念を抱いていたとします。

すると潜在意識は、

「そうか、今しているイメージは起こらないと思っているのか。

それならちゃんとその観念どおり、このイメージは実現しないでおこう

となりますので、悪いイメージをしていても、悪いことが引き寄せられてくることはありません。

 

 

ではでは、あなたが何かしらの悪いイメージをし、そしてそのイメージをしながら、

「このイメージが現実化しちゃう…。潜在意識が悪いことを引き寄せてくるんだ…」

という観念を抱いたとしたらば、潜在意識は、

「ほう、俺がこのイメージを現実化すると思っているのか…。

じゃあその観念どおりにしてあげなきゃね、実現してあげよう!

と働きますので、悪いことが引き寄せられてきて、

「ほら!私の思ったとおり、悪いイメージをしたら悪いことが引き寄せられてきた!」

となります。

 

 

これは望まない形とはいえ、ちゃんと思考(観念)が現実になっています。

「私が悪いイメージをすれば、そのイメージは現実化するはずであるという観念」

が、潜在意識によって現実化されていますね。

 

 

「悪いイメージが悪い引き寄せをする」という観念が原因

 

このような感じで潜在意識は、

「悪いイメージそのもの」

を叶えようとしているわけではなくて、悪いイメージをした際の、

「このイメージが実現してしまうのだという観念」

を、叶えようとしています。

 

 

引き寄せの話って、

「良いイメージをすると良い引き寄せが起きます」

くらいにしか説明していないことも多いのですが、この言葉は厳密に言うならば、

「良いイメージを(して、そのイメージに対し『このイメージは叶って当然だ』という観念を持ち、潜在意識がその観念を実現しようと)すると良い引き寄せが起きます」

ですね。

 

 

しかし、カッコ内の文章を抜かして単に、

「良いイメージをすると良い引き寄せが起きます」

とだけ聞けば、

「そうか、潜在意識はイメージそのものを実現しようとしているのか」

「つまり悪いことをイメージすると、悪いことが実現しちゃうということだ…。

あわわ…それなのに悪いイメージをしちゃうよ、この場合はどうすればいいんだろう…」

と思ってしまうのも無理はないかな、と思います。

 

 

悪いイメージをしても、悪い引き寄せは起きない

 

「悪い引き寄せが起きちゃうから、悪いイメージはしちゃいけない…。

しちゃいけないのに、それでもしてしまう私はダメなんだ…」

と自分を責めてしまう方は多いです。

もしあなたがいまその状態ならば、次回は自分を責めるのではなく、以下のことを試してみてください。

 

 

悪いイメージをしてしまったら、無理をしてそのイメージを打ち消そうとせずそのままイメージします。

そして、ひととおりイメージし終わったらこのように言ってください。

 

 

 

 

「はい、いまのイメージは実現しません」

 

 

 

と。

力強くそう断言してください。

悪いイメージが浮かぶたびに、何度でも繰り返しはっきりと断言してください。

そうすると潜在意識は、

「そうか、このイメージが実現しないと思ってるなら、そのとおり実現しないようにしようっと

となりますので、悪い引き寄せが起きることはありませんよ(*^^)v

 

 

潜在意識は「悪いイメージそのもの」を実現しようとしているのではなく、

「悪いイメージをしている際のあなたの観念」

を実現しようとしています。

悪いイメージをしようともそれに対し、

「これは実現しない」

という観念を持っているのであれば、問題ありません。

 

 

「仕事がうまくいかない」と思っているあなたへ。

7月限定の無料動画についてです、詳しくは以下をどうぞ↓

 

 

関連記事です、よければこちらも読んでみてください↓

引き寄せでは、イメージをリアルにできなくても願いは叶うの?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識は、イメージをリアルにできなくても働いてくれる?

マーガレット

 

リアルなイメージを、潜在意識が実現する?

 

今回は、「リアルなイメージをする」ということについてです。

夢が叶ったときのイメージをリアルにすると、潜在意識がそれを叶えてくれる、とよく言いますよね。

これを聞いて、ようしイメージするぞう!と実践する方は多いと思います。

しかし中には、

「り、り、リアルにイメージするって難しくてできない…。こんなんじゃ潜在意識が叶えてくれないかも…」

とか、

「私、けっこうリアルにイメージしてるつもりなのに全然変化ないよ?なんで潜在意識は働いてくれないの?」

というふうに困ってしまう方もいるのではないかな?と思いますので、そのような方へ向けて詳しくお話してゆきます。

 

 

イメージは確かに、漠然としているよりリアルなほうがいい

 

まず、「イメージをリアルにしたほうがいい」ということ自体は確かにそのとおりだと思います。

たとえば「お金持ちになりたい」というとき、

「では、お金持ちというのはどういう状態のことですか?

年収にしていくらくらいのことを指していますか?

日々、どのような生活をしている状態のことを言っているのですか?」

と聞くと「えっ…?」と言葉に詰まってしまう方も多くいます。

 

 

これはただ漠然とお金があればいいなと思っているだけで、具体的なイメージがない状態…、

「夢は叶えたいが、しかし自分の夢が具体的になんなのか自分でもわかっていない」

という状態ですから、これでは叶いづらいですよね。

 

 

夢を叶えるのであればまず、自分の夢がなにかを自分でわかっている必要があります。

このような状態の方は、もうちょっとイメージをリアルにしたほうがよい(夢を具体的にしたほうがいい)と思います。

夢や目標は、はっきりと鮮明であるに越したことはありませんよ~(*´ω`*)

 

 

リアルにイメージできないから、潜在意識は働かない?

 

ただ、そうしてリアルにイメージをしようと思っても、

「ぐぐぐ…そうは言われたって、夢が叶ったときのことなんてまだ経験してもないのに、そんなにリアルにイメージなんてできないよ…。

でもちゃんとリアルにイメージしなきゃ、潜在意識が叶えてくれなくなっちゃうかも…どどどどうしよう」

というふうに、リアルなイメージができないことに焦ってしまう方もいます。

 

 

そのような方は、

「ある程度のところまでいくと、それ以上リアルにイメージできなくなるのは当たり前のことなので問題ない。

イメージがリアルであるかどうかよりももっと大切なのは、

『イメージしていることを達成できるのだというセルフイメージがリアルかどうか』だ」

と、ぜひ覚えておいてください。

 

 

経験していないのだから、リアルにイメージできなくても仕方がない

 

「夢が叶ったときのことなんてまだ経験してもないのに、そんなにリアルにイメージなんてできない」

↑これは至極もっともなことです。

普通に考えて、まだ見たことも聞いたことも触れたこともないようなものをリアルにイメージしろ!と言われたって、限界がありますよね。

ある程度までは「きっとこんな感じだろうな」とイメージすることはできると思いますし、できるところまでは具体的にしてほしいとは思うのですが、

どこかで「これ以上リアルにと言われても無理だ」と頭打ちになるのが自然なことです。

そのように頭打ちになったときに、

「も、もっとリアルにイメージしないと潜在意識が叶えてくれなくなっちゃう…」

というふうに考えて、無理やり苦しい思いをしてまでリアルさを追い求める必要はありません。

 

 

ある程度までリアルにイメージできるようになったなら、そこからは、

「いまこうしてイメージしていることを、私は達成できるのだ」

というふうに、セルフイメージを上げることに意識を向けてください。

潜在意識はそのセルフイメージのほうに反応して、夢のイメージを実現するか否かを決めているからです。

 

 

潜在意識が見ているのは、セルフイメージの高さである

 

たとえばあなたが、

「隣町にできたお店にお買い物に行こう!」

と思ったとします。

まだ行ったことがないのですから、行った際のイメージをリアルにしろと言われても限界がありますよね、どうしてもどこかが漠然とするはずです。

 

 

でも、イメージに漠然とした箇所があるからそのお店に行けないのか?というと、行けますよね。

なぜ行けるのかというと、お店に行ったときのことをイメージしている際、

「お店の内装などのイメージ」

は漠然としていても、

「私はそのお店に行けるのだというセルフイメージ」

のほうは確固としていてリアルだからです。

潜在意識はお店のイメージに反応しているわけではなくて、

「お店のイメージをしている際のセルフイメージの高さ」

に反応して、お店に行くことを実現するかどうか決めているんです。

 

 

それと同様に潜在意識は、

「夢が叶った際のイメージ」

に反応しているというよりは、

「イメージの内容を叶えることができるのだというセルフイメージ」

が高いか低いかに反応し、夢を叶えるか否かを決定しています。

なのでセルフイメージのほうさえ高ければ、夢が叶った際のイメージのほうに多少漠然としている箇所があっても問題はありません。

 

 

リアルなイメージをするのは、高いセルフイメージをリアルにするため

 

夢が叶った際のイメージをリアルにしましょうと言われるのは、そうしてリアルなイメージをすることで、

「私はこのイメージの内容を実現したい、してやるんだ、絶対にできるんだ!という思いをリアルにしやすくなるから」

です。

目的は、

「高いセルフイメージをリアルにすること」

であり、

「夢が叶った際のイメージをリアルにすることそのもの」

ではありません。

「リアルにイメージしているのに、なぜ叶わないの?」

という方は、セルフイメージが低いことが原因で潜在意識が働くなっていると思いますので、

「夢が叶った際のイメージをリアルにするのは、セルフイメージを高めるためだ」

ということを意識してイメージなさってみてくださいね(*´ω`*)

 

 

潜在意識は「夢が叶った際のイメージ」に反応するのではなく、

「夢が叶った際のイメージをしているときのセルフイメージ」

に反応しています。

 

 

 

「仕事がうまくいかない」と思っているあなたへ。

7月限定の無料動画についてです、詳しくは以下をどうぞ↓

 

 

今回の記事と関連していますので、よければ以下の記事も参考になさってみてください↓

★妄想とイメージングの違いって、なんなの?★

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

お金が降ってくるイメージをしても効果がないのは、なぜ?

空

 

お金が降ってくるイメージをするとお金持ちになれる?

 

今回は、

「お金が降ってくるイメージをしてるけど、全然お金が入ってくるようにならない…」

と思っている方へのお話です。

「お金を引き寄せるには、お金が降ってくるイメージをすると良い」

と言われることがよくありますが、それをしても変化がない…という方もいらっしゃいます。

そこで、変化が出ない理由とはなんなのか?についてお話していきます。

 

 

そもそも、お金が降ってくるイメージってなんの為にするの?

 

ではまず、

「そもそもお金が降ってくるイメージをなぜするのか?」

についてなのですが、お金が降ってくるイメージをする目的とは、

「お金は有限であるという自分の固定観念を、なるべく早く変えるため」

です。

 

 

多くの方が持つ「お金は有限である」という固定観念

 

多くの方がお金に対し、

「使えば減ってなくなるものである」

「誰かが得たぶんだけ誰かが失うものである」

「限られたお金を一部の人が独占しているから、お金が手に入らない貧乏人が出るのだ」

といった観念を持っています。

 

 

引き寄せは観念(思考)が現実化する法則ですので、あなたが、

「お金は有限で使えば減る」

という観念を抱いているのであれば、あなたの潜在意識は、

「おっけー、その観念を現実化すればいいのね?

ほんじゃちゃんと『お金は有限で使えば減る現実』を作るからね、まかせろー!」

と働き始め、本当にそのような現実を作ってしまいます。

けれどもしあなたが、

「お金は無限、使えば使っただけ新たにどんどん入ってくる!」

という観念に変えたなら、潜在意識はやはりその観念通りの現実を作ってくれます。

ならば、いまの観念を「お金は無限である」というものに変えたほうが良いですよね。

 

 

…とはいっても、

「いや、でもなぁ…。いますぐ『金は無限だ!』なんて観念にパッと変えるなんてできないよ…」

という方がほとんどだと思います。

 

 

お金が降ってくるイメージをするとき、このように考えてみる

 

そこで、雨とか雪へのイメージをうまく利用してみます。

雨や雪が有限だと思っている方はいるか?というと、まずいないですよね。

今まで生きてきて、

「あぁ、雨って有限だから…いまこんなに降ったらもう降らなくなるかも…」

とか心配したことのある方はいないと思います。

人は「天から降ってくるもの」に対しては、強く強く「無限だ」という観念を持っているものです。

ならば、そのように強く無限であると信じているもの(雨や雪)をお金にすり替えてイメージすれば、

ただ何もイメージせずに「お金は無限だと思わなきゃ…」と考えているよりは、

お金に対して無限だというイメージが持ちやすくなり、お金の観念が書き換わりやすくなります。

 

 

…というふうに、自分のお金の観念を書き換えるための方法のひとつであって、

「お金が降ってくるイメージをするとアラ不思議!

そのイメージをした人にだけミラクルパワーが働いて、有限のお金を優先的に手に入れられるようになります!」

とかでは、ありません。

 

 

お金を有限と思ったまま、お金が降ってくるイメージをしていないか?

 

私の印象ですとなんとなく、

「お金は有限で、本来私のところに来るものではない。

だけど、お金が降ってくるイメージをすれば、もしかしてうまく私のところにやってきてくれるようになるかもしれない…」

というふうに思ってお金が降ってくるイメージをしている方が多いように感じます。

ですがこれは、

「お金は有限で、本来私のところには来ないものである」

という観念をがっつり持ったままでイメージしていますよね。

いくらお金が降ってくるイメージをしていても、

その「お金は有限」という観念を変えようとしていない以上、

潜在意識が現実化しようとするものにも変化はない、となってしまいます。

これがお金が降ってくるイメージをしても効果が出ない、大きな理由のひとつではないかと思っています。

 

 

なので、お金が降ってくるイメージをする際には、

「有限のお金をうまいこと呼び寄せる方法なわけではない」

「その『有限のお金』という自分の観念を捨てるためにやるのだ」

ということを意識してみてください。

そのように目的意識がはっきりしていれば、きっと効果は出やすいですよ(*´ω`*)

 

 

お金の固定観念に関する記事は他にもありますので、こちらもぜひ参考になさってみてください↓

★あなたのお金の固定観念は、父親をもとに作られる?★

★お金の固定観念に気づき、消す方法について★

 

 

お金が降ってくるイメージをするのは、

自分のお金への観念を「有限」から「無限」へと変えるためである。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

イメージングが苦手でできないなら、このやり方はどう?

潜在意識

 

イメージングは潜在意識を変える効果的な手段

 

今回は、イメージングが苦手でできないという方へ向けてのお話です。

「潜在意識を変えるために、願望が達成されたときのイメージをしましょう!」

ってよく言われますよね。

確かにこれは効果的なやり方です。

潜在意識は知能を持っていないため、理想と現実の区別がつかないという特徴を持っています。

そのため、頭の中でなにかをイメージした際に潜在意識は、

「これはいま実際に起こっていることだ」

と勘違いしてしまいます。

顕在意識では「ただのイメージにすぎない」という自覚がありますし、

「私、こんなのただの想像だってわかってるもん」

と思いたくなるかもしれませんが、それはあくまで顕在意識の上での解釈。

意識の上ではただの想像でしかなくとも潜在意識にとっては、

何度も成功しているイメージをする、というのは「本当に何度も成功してる」ということ。

そうして成功体験を(脳内で)重ねることで自信につながり、実際に成功できるということです。

潜在意識を変えるために、確かにイメージングは重要です。

 

 

でも…。

「そもそもその、達成できたときのイメージができないんですけど…」

とイメージングが苦手な方も多いと思います。

そこで、

「でもこういうイメージならできるんじゃない?」

というやり方をご紹介します。

そうだな、じゃあ月収100万になるという目標を叶えたい、というのを例にしてみますね。

(実際にはお金に関する目標じゃなくてもなんでもいいです)

 

 

苦手な方へ向けたイメージングのやり方

 

ステップ1:とりあえずリラックスする

 

まずはとにかく、体の力を抜いてください。

イメージングが苦手な方はやる前から既に、

「やるぞ!イメージするぞう!」

力が入っている方も多いのですが、リラックスしていたほうがイメージはしやすいです。

 

ステップ2:脳内を光で満たす

 

次に「私の月収は100万円です」といったアファメーションをします。

通常ならばここで月収100万の生活をしているイメージをする…のですが、

それができないのですから、ここはもう苦手なことを無理をしてやろうとするのではなく、「自分の脳が光るイメージ」をしてください。

なんかこんな感じです↓

 

 

光り方は細かく決まってるわけじゃないので、どんなものでも構いません。

画像みたいにシナプスが光るイメージでもいいし、

一筋の光が脳内をくるくる駆け巡るイメージでもいいし、

脳全体がぶわーっと発光するイメージでもいいし、

脳の中に電球があってぴっかーん!と光が灯るみたいなのでも(古い漫画のようだな)いいです。

なんでもいいのでとにかく「脳が目覚めて活性化!」みたいなイメージを思い描きます。

 

ステップ3:それを繰り返す

 

あとはそれを繰り返します。

「私は月収100万です」と言ったときに脳がぴかーん!

「私は月収100万です」と言うとまた脳が反応してぴかーん!

のイメージを繰り返してみてください。

月収100万の生活をしているイメージはしなくていいです。

ひたすら、言葉に反応して頭がぴかーん!を繰り返します。

途中、体に力が入っているのに気づいたら深呼吸して力を抜きつつ繰り返してください。

繰り返す数や時間は決まっていませんので、お好みでOKです。

 

はい、これで終了です。

「これに何の意味が?」

と思ったかもしれないのですが、これはそのまんま、

「潜在意識が目標(の言葉)の影響を受け変化するイメージ」

です。

そもそも月収100万生活のイメージをする目的は潜在意識に影響を与えたいから、ですよね。

でもそのイメージが苦手でうまくできないならもう、

「潜在意識に影響を与えるイメージ」をそのまんまやって影響を与えましょうぞ、ということです。

頭の中が光ってなんだか活性化している感じ、というイメージなら、

具体的に夢が叶ったあとのことをイメージするよりもやりやすいと思います。

苦手な方でもこのやり方ならできるのではないでしょうか?

ぜひ試してみてください。

これに慣れてくると、夢が叶ったあとのイメージもうまくなっていきますよ。

 

 

ダイレクトに「潜在意識が変わるところ」をイメージする。

夢が叶ったあとのイメージをすることによって潜在意識を変えようとするよりも簡単。

 

 

 

「仕事がうまくいかない」と思っているあなたへ。

7月限定の無料動画についてです、詳しくは以下をどうぞ↓

 

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ