妬む人の心理について。原因が劣等感だという事実のみを見て。

雫

 

妬みの原因は潜在意識下の劣等感

 

今回は妬みについてです。

「私はどうしても人を妬んでしまう、やめたいのにやめられない」

という方はぜひ読んでみてください。

 

 

まず「妬み」は顕在意識上で感じることです。

じゃあ潜在意識下で感じていることはなあに?というと、

「私は自信がない、人と比べて劣っている

という劣等感です。

 

①私は人に比べて劣ってる、私はできない人間だという自信のなさ(劣等感)がある

②「きっとこの劣等感は、人よりも優れれば消えるはずだ…人より優れたい…」と思う

③そこで、誰か自分より優れていそうな人を見る

④「え、あの人、私より優れてる!いやだ、私のほうが価値がないだなんて認めたくない!」と拒否したくなる

⑤「あの人が妬ましい…なによ、あんなやつ…」といった妬みを感じる

 

こんな感じですね。

顕在意識上で一番意識しやすいのが⑤の妬みです。

 

 

水が溢れるのを止めたいなら蛇口をひねること

 

「引き寄せって、思考が現実になるんじゃないの?

『妬まなくなりたい』と思考していれば、それが現実になって妬まないようになれるんじゃないの?」

みたいに思ったりすることもあるかもしれませんが、

妬みをなんとかしよう、というのは、最後の最後の結果の⑤の部分だけをなんとかしようとしているということ。

でも⑤を生み出すもととなった思考は、①私は価値がないという劣等感です。

①がもととなり⑤までの流れが生み出されているので、①をなんとかしない限りは⑤までの流れは続く。

「⑤妬みをなんとかしたい」

ではなくて、

「⑤妬みを生み出している源泉の思考、①劣等感をなんとかしよう」

と思わないと、⑤は生み出され続けます。

 

 

「浴槽から水があふれてくるのをなんとかしよう」

というとき、普通は蛇口をひねって水を止めますよね。

蛇口から水が出ている、というのが根本の問題だとわかっているので、根本の問題を断つ。

蛇口はそのままに、浴槽からあふれてくる水を一生懸命手で押さえて、

「私はこんなに水があふれてくるのを止めようとしてるのに、なんで止まらないの!」

という人はいないと思うんです。

あふれてくる妬みのみを見てなんとかしようというのは、あふれる水を手で押さえるようもの。

そうではなくて根本の原因をなんとかする。

根本の劣等感自体に向き合うことが大切です。

 

 

引き寄せだと、原因の劣等感をなんとかすればいいじゃない、ということで、

「私は自信がある、と思考しなさい」

「すでに自信があるかのように振る舞いなさい」

というふうに言われます。

確かに、①の劣等感が消えればその後の②~⑤までの流れも消えます。

問題の根本を断つのですから、妬みに苦しむことはなくなります。

 

 

妬みの原因がわかっていても克服できないのはなぜ?

 

これを聞いて、

「あー!妬みって結果だったのか!原因の劣等感をなんとかしないといけないのね!」

と思った方にはぜひそうしてほしいのですが、中には、

「いやいやいや、そんなことわかってます…。

自分でも、妬んでしまうのは劣等感があるからだってことくらいとっくにわかってます…。

でも、それがわかってるけどどうしても妬んじゃうんです…」

と思った方もいると思います。

 

 

「事実」と「事実に対する解釈」

 

ではこの、

「劣等感が原因だとわかっているけど克服できない」

という方は、なぜなんでしょうか?

それについても考えてみましょう。

私はこれって、

「劣等感が原因だという事実がわかっている」

わけじゃなくて、

「劣等感が原因だという事実に対する解釈にとらわれて劣等感を抱いている」

んだと思います。

 

 

「はい?どゆこと?」

と思ったかもしれませんが、えーと…。

「自信がない、劣等感がある」

これは「事実」ですね。

でも多くの人は、この事実に対する「解釈」のほうにフォーカスします。

「だから自信のない私はだめである」

「だから劣等感がある私はこれからもダメだろう」

↑こういう解釈のほうに強くフォーカスしてしまう。

本来ならば、

 

①私は人に比べて劣ってる、私はできない人間だという自信のなさ(劣等感)がある

②「ああ、その事実が原因で私は人を妬むのだな。じゃあ、原因となっている劣等感をなんとかすればいいのだな」と思う

③「私は自信を持とう」と思考を変える

 

↑これです。

けど事実ではなく、事実に対する解釈にとらわれてしまうと、

 

①私は人に比べて劣ってる、私はできない人間だという自信のなさ(劣等感)がある

②「あぁ、そんな事実があるなんて、ダメだ、よくない、いけない、私はだめだ」と思う

③私は人に比べて劣ってる、私はできない人間だという自信のなさ(劣等感)があるのはいけないことだ、という新たな劣等感を持つ

 

って、劣等感の内容がちょっと変わっただけで、劣等感自体は持ったままです。

結局、劣等感はあるままだからそこから妬みは生まれ続ける、となります。

 

 

「劣等感が妬みの原因だってわかっているのに、改善できなくて妬んじゃうんです」

というのは、厳密には、

「劣等感が妬みの原因だってわかっているのに、

そのあとに、そんなことはよくないことなのだ~という解釈をして新しい劣等感を持つので、

改善できなくて妬んじゃうんです」

です。

 

 

ただ事実だけを見る、事実の解釈にとらわれない

 

事実は事実で、そこに良いも悪いもありません。

ただそうだから、そうなんだな、と思えばいいだけ。

解釈を加えず、

「私には劣等感があり、そこから妬みが生まれている」

という事実だけを見てください。

その事実のみをまっすぐ見て受け入れたときにはじめて、

「ならば、変わろう」

という決意が生まれます。

 

 

「蛇口が開いて水が出ているのが原因です」

という事実だけをまっすぐに見てください。

そうすれば、

「じゃ、それ閉めればいいじゃん。閉めよう」

ってなりますよね。

でも、

「蛇口が開いて水が出ている…というのはいけないことだ!!」

という解釈をくっつけて、

「いけない、いけない」

と落ち込んだり悩んだりはするけれど、肝心の蛇口は閉めない…みたいになってませんか?

これ、水は出たままになりますよ。

解釈ではなく、事実に目を向けてみてくださいね。

 

 

「劣等感から妬みが生まれる」という事実「のみ」を受け入れて。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:  

カテゴリ:引き寄せの法則 

嫉妬深い性格を直すには、相手と自分を「正しく」比較すること

ハート

 

今回はいただいた質問への回答です。

 

私はとても嫉妬深い性格です。

人と比べてすぐに嫉妬してしまいます。

職場で仕事ができる人に嫉妬したり、習い事の陶芸で上手に作れる人に嫉妬したり、

人と自分を比べるからいけないんだと思って比べないようにしようと思うんですが、どうしても比べてしまいます。

こんな嫉妬深い自分はなんてダメなんだろうと落ち込んでしまいます…。

この嫉妬深さを直す方法はないでしょうか?

相手と自分を比べないようにするのではなく、

一度「きちんと」比べてみてはいかがでしょうか?

 

 

人は、追い越せそうなものにしか嫉妬深くならない

 

こういうふうに嫉妬深くなってしまうとき、よく、

「人と自分を比べないようにしましょう」

とよく言われますよね。

でも私は、もっと相手と自分を比べてみれば嫉妬深い性格は直るんじゃないかと思います。

「どういうこと?

もっと比べたら、よけいに嫉妬深くなって苦しくなっちゃうんじゃないの…?」

って思ったかもしれないけど、私は、

「きちんと比較すれば」

苦しくはならないんじゃないかなって思うんです。

 

 

嫉妬深くなるのは、相手と自分のレベルが似ているから

 

質問者さまは、

「人は自分が追いつけそうな人にしか嫉妬しない」

ということ、知っていますか?

自分より下だと思う人には、嫉妬する要素がないのでもちろん嫉妬しないですよね。

反対に、自分よりもずーーーっと上の人にも嫉妬はしないものです。

仕事ができる人に嫉妬してしまうという一文がありましたが、

ではスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツにも嫉妬していますか?というと、していないはず。

圧倒的に上だ、と相手の実力を芯から認めていると、

「すごいな、羨ましいなぁ!」

とは思うんだけど、「それと比べて私は…」とか思ってメラメラ、モヤモヤ嫉妬深くはならないものですよね。

 

 

ということは質問者さまは、

「相手とレベルがかなり近い」

「ほんのちょっと工夫すれば追い越せるあたりにいる」

ということです。

そもそも、相手との差が圧倒的にあるならば相手は質問者さまと同じ職場にも、同じ習い事の場にもいないはず。

質問者さまの手の届かないような、もっともっとレベルの高い場所で過ごしているはずです。

だけどいま、同じ土俵(職場、習い事の場)にはいますよね。

相手とそれほど違わない実力を持っているという証拠です。

 

 

「嫉妬深い=伸びしろがたくさんある」と考えてみて

 

ついつい人って嫉妬を感じたときに、

「私はなんて嫉妬深くてだめなヤツなんだ」

「ふん、あいつだってあの部分はダメだし…」

と自分を責めてしまったり、相手を落とそうとしてしまうものです。

けれどここで、

「相手と私、具体的にどこがどのように違うのかな?」

と考えることさえできれば、嫉妬って成長のためにとっても役に立つ感情です。

 

 

誰だったか忘れちゃったのですが…確か俳優さんで、

「自分が羨ましい、妬ましいと感じる人の舞台を何度も何度も見に行った」

という人もいます。

「自分とアイツでどこが違うんだ?」

ということをしっかり理解するため、もっともっと自分と相手をきちんと比べるために何度も通った、と。

他にもこういう方はたくさんいらっしゃって、結果を出す方って、

「相手と自分をしっかりと比べている」

んです。

負けた!悔しい!私の方が劣っている!とただただ嫉妬するだけではなくて、

負けている部分って具体的にどこ?

劣ってるって具体的になにが?

その部分をどう変えれば成長する?

今から私がしたほうがいいことはなんだろう?

と考えている。

そのおかげで成長できるし、成長すれば自信がつく。

人と自分を比べて嫉妬を抱いたからこそ自分が伸びる、ということです。

 

 

質問者さまは、

「人と自分を比べるからいけないんだ、嫉妬深い私はダメなんだ」

と考えていらっしゃいますが、私は一概に人と自分を比べるのがいけないこととも、

嫉妬深いことが悪いこととも思わないんです。

嫉妬という感情は私たちに、

 

○相手と同じ土俵に立てていますよと知らせてくれている

○ほんのちょっとだけしか負けてないよ!と知らせてくれている

○じゃ、ほんのちょっとだけ自分を変えれば追いつけますよ!と知らせてくれている

○それをやれば成長できますよ、いま自信をつけるチャンスきてますよ!と知らせてくれている

 

そういう、

「ほらほら、いま成長のチャンスですよ!」

と知らせてくれる感情だと私は思います。

 

 

「人と自分を比べることそのものが悪い」

「嫉妬という感情を抱くことそのものが悪い」

わけではなくて、

「嫉妬という感情や、嫉妬深い自分を『悪いものだ』と断じることで悪くなる」

んじゃないかなって思うんです。

自分はすべきではないことをした、自分は抱くべきではない感情を抱いた…、

そう思考すれば、当然自分に自信がなくなってしまう。

「私はいけないことをしている」という思考が「自信を失う」という現実につながる。

でも「私は成長のチャンスを手にした」と思考することで、

「成長する」という現実につなげることだって可能ですよ。

 

 

思い切って相手に「すごいね」と言ってみて

 

私は、相手に思い切って、

「すごいなー、羨ましいよ!」

とか、

「どうしてそんなにすごいの?」

と聞いてみてはどうかなって思います。

これは、なんとなくそういうことを言うのは癪だと感じるかもしれないけれど…。

でも、

「そういうことを言うのは負けを認めたみたいで癪だ」

と言わないでおくのと、

「私、負けた!悔しい!羨ましい!いったいどうすればそんなにすごくなれるのかぜひ聞いてみたい!」

と言う人だと、後者って私はすっごく立派で強い人だと思うんです。

負けを認めるって嫌なことだけど、その嫌なことをやってのけるなんてすごいなって。

 

 

思い切って言ってみると、「言えた自分」というものに自信が持てます。

「私、意地張らないで言った!」っていう誇らしさ、感じます。

やる前は嫌かもしれないけれど、いざやってみると、爽快な気持ちが湧いてくることに驚くと思います。

 

 

そして、こういう強くて素直な人には相手も素直に、

「ここをこうするといいよ」

って教えてくれるものです。

敵視するよりも、「すごいね」と声をかけて、味方になってもらえばもっとあなたは成長しやすいですし、

具体的に相手と自分がどう違うのかがわかり、どこをどうしていけばいいかもちゃんとわかっていれば、

嫉妬深さは「よし、やるぞ!」という活力へと変わります。

「私はいけない感情を抱いている」ではなくて「私は活力の源を手にしている」と、そう考えてみてはいかがでしょうか。

嫉妬を消そう、感じないでおこうとするより、嫉妬を活力に変えるほうが成長や自信につながりますよ。

 

 

ただただ相手と比べて嫉妬深くなり、ズシーン…と落ち込むのは辛いけれど、

建設的に「相手と私はどこがどう違うのだろうか?」と比較し参考にしていくのは素晴らしいこと。

質問者さまはそれができる素晴らしさを秘めているんですから、そんな自分をダメだなんて責めるどころか、

「可能性の塊だなぁ」

と褒めてもいいくらいだと思いますよ、胸を張ってください(*^^)v

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:質問コーナー 

人の幸せを喜べる人になりたいときは、まず自分の幸せを喜ぶ。

風船

 

本日はいただいた質問への回答です。

 

引き寄せだとネガティブ思考をしているとよくないことが起こるって言います。

だから私はなるべくポジティブでいようと思っているつもりなんですが、なかなかうまくできません。

 

特に自分で嫌だと思うのは、人の幸せを喜べないところです。

誰かがうまくいっていると僻んでしまってダメです。

なにかに挑戦しようとしているところを見ても「失敗すればいいのに…」とか考えてしまいます。

いけないと思ってるのにどうしてもそう思ってしまいます。

どうすればやめられるんでしょうか?

私は人の幸せを喜べる人間になりたいです。

喜ぶなら、まずは遠くの他人より身近のお世話になっている人から。

もっとも身近な「自分」という人の幸せを喜べるように心がけてみては?

 

 

人の幸せを喜べないことがあるのは自然なこと

 

心根の優しい方なのかな、と思います。

でも、なんだかちょっとばかり自分のことを責めすぎじゃないかな~、とも思います。

 

 

人間って、自分よりできる人とか、誰かがうまくいっているのを見るとつい「妬ましい」という気持ちが湧いてしまうものですよね。

でも、これって別に悪いことでもなんでもないと思います。

人にはもともと、

「私はもっとこうなりたい!」

と思う向上心が備わっていて、だからこそ、こうなりたいということを体現している人を見ると妬みが生まれるわけですから、

質問者さまがいまそれだけ僻んでしまうというのは、それだけ向上心があるからだと思います。

これを私は「すごいな」と思いましたし、そんな自分を「ダメ、いけない」なんて思ってほしくないなって感じました。

 

 

次に誰かに対して失敗すればいいのに…と思ったときには、

「そんなことを考えてしまう私はなんてダメなんだろう」

ではなくって、

「そう考えるのは、私にも『挑戦したい!』っていう気持ちがあるからなんだな!」

と思うようにしてみてください。

今日急に完璧にそう思えるようにならなくっても構いません。

ほんのちょっとだけでも、「妬むのは・人の幸せを喜べないのは悪いことだ」ではなく、

「向上心があるからこそ妬みが生まれているんだよね」

と、妬みのほうではなくご自分の向上心のほうを見てあげてくださいね。

 

 

人の幸せを喜べる人は、余裕があるからそれができる

 

でも、中には人の幸せをスッと素直に喜べる人もいます。

喜べる人と喜べない人って、なにが違うんでしょう?

なにが違うかというと私はこれ、

「自分の心に余裕があるかどうか」

だと思います。

 

 

たとえば、自分が大金持ちだったら誰かがお金を手にしても「そうなんだ~」でしょうが、

自分が貧乏だったら羨ましくてしょうがない!ってなりますよね。

自分に余裕がないと、余裕がないぶんだけ相手にくそー!って感じるのもまた自然なことだと思います。

 

 

ここで、

「そうかー。悔しいって感じちゃうのは、私、気持ちに余裕がないからなのかな?」

と、余裕のない自分を認めてあげてほしいです。

「悔しいと感じてはいけない!」だと、自分はいけないことをしているダメな人ってことになるし、

自分はダメだ!なんて思えばますます余裕がなくなっちゃいます。

人の幸せを喜べるようになりたい!ということより、

「自分の気持ちに余裕を持たせよう」

というところに注目してみてはいかがでしょうか?

 

 

余裕を生むためにまず、自分という人の幸せを喜ぶ

 

では、自分の気持ちに余裕を持たせるために何をすればいいのか?

まず最初にぜひ、

「自分の幸せを喜ぶ」

「自分のことを応援する」

ということをやってみてほしいです。

 

 

人の幸せを喜ぶのが良いこと…人を応援するのが良いこと…であれば、

質問者さまだって「人」ですよね?自分のことを応援しても良いはずです。

自分は、自分にもっとも近い人間です。

その人のことを「ダメだ、いけない」なんて責めずに、応援してあげてはいかがでしょうか。

 

 

人は誰だって、親しい人にいつもダメダメってダメ出しされれば、

そりゃあ気分も落ち込むし余裕もなくなってくると思いますし、

私は「人の幸せを喜べない」ってことよりも、「常に自分にダメだししてる」のほうがネガティブ思考じゃないかなーって思うんです。

そのネガティブ思考が、

 

①自分を責めて余裕がなくなる

②人の幸せを喜べなくなる

③もっと自分を責めて余裕がなくなる

④もっと人の幸せを喜べなくなる

 

っていう「良くないこと」を引き寄せています。

なのでまずは「自分へのダメだし」というネガティブを手放す練習をしてみてはいかがでしょうか。

それで「①自分を責めて余裕がなくなる」を崩せますし、

 

①自分を褒めて余裕がちょっとできた

②ちょっと人の幸せを喜べるようになった

③そんな自分に嬉しくなってもっと自分を褒めてみた

④ますます人の幸せを喜べるようになってきた

 

と、引き寄せるものが変わってきます。

 

 

喜ぶ内容は、どんな小さなことでも構わない

 

たとえば、

「人の幸せを喜べるようになるにはどうすればいいかな?って考えて、より良くなるために質問してみた!

現状打破のために行動を起こした自分すげー!」

と、質問した(挑戦した)自分の強さを喜んであげるとか、どうでしょう?

ほかにどんなことでも構いませんが、小さなことのほうが良いかなって思います。

「いまからお皿洗うぞ、私がんばれー」

と自分を応援して、やってみる。

ちゃんとやったら、

「ほんとにできたー。ちゃんと決めたことをやったぞ、すげー!」

と自分で喜んでみる。

 

 

「お皿洗いなんかで自分を褒めて喜ぶなんてバカみたい…」

って思うかもしれませんが、余裕っていきなりドッカーーン!!と大きなものが生まれることはなくて、

小さな小さなことの積み重ねが大きくなるものだと思います。

いきなり100万円手に入れよう!!とすると、100万なんてどうすればいいのかわからないし途方に暮れちゃうけど、

まぁ、1万ずつ貯めてくか~と考えたほうが楽だし早く貯まりますよね。

余裕もそれと同じで、いきなりすごく余裕のある人間になりたいと考えるのは、

ドカンと大金手に入れようとしているようなもの、と思って、

ま、小さなことをコツコツやっていこう、と考えるほうが結果的に楽で早いと思います。

 

 

小さなことなんかに意味はない、なんて思わず、小さなことしかしなくていいんだ~!と考えてみてください。

ひとつひとつ、自分のしようとしていることを応援し、自分のしたことを喜んであげてください。

そうして、自分が何をしても応援してくれて喜んでくれる人(自分自身)がすぐそばにいれば、人はだんだん心に余裕が生まれてきます。

自然と人のことも応援できる自分、人の幸せを喜べる自分に変わってきますから、

今はもっともっともっともっと、自分のことを考えてみてくださいね。

参考になれば嬉しいです(*´ω`*)

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:  

カテゴリ:質問コーナー 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ