潜在意識は、なぜ嫌なことばかり起こしてくるの?

露

 

潜在意識が、嫌なことばかり引き寄せる理由

 

今回は、みなさんからよくいただく質問の回答です。

 

引き寄せではよく「ワクワクしていましょう」と言われます。

なのでワクワクしようとしているはずなのに、嫌なことばかり起きてしまいます。

なぜ潜在意識は嫌なことを引き寄せてしまうのでしょうか?

厳密には「嫌なことばかり起きる」ということはありません。

「嫌な解釈をする癖」が、潜在意識にまで染みついているのでそう感じるだけです。

物事に対して「ワクワクする解釈」を心がけてみてください。

 

 

「嫌なことばかり見る癖」が、潜在意識にある

 

それでは、詳しくお話していきます。

まず、起きた出来事に「良い・悪い」というものは、本来ならばありません。

たとえば、食べようと思ったケーキの賞味期限が過ぎちゃってた、とします。

ここで、

「うわ、最悪!食べたかったのに、私ってばついてないなぁ…」

と解釈する人にとってはそれは嫌なことです。

しかし、

「わー、食べる前に気づいてよかった。お腹壊さずにすんでラッキー!」

と解釈する人にとっては、良いことです。

あなたが「なぜこんな嫌なことがぁぁああ」と思ったことも、他の誰かならば「ツイてる」と思うかもしれませんよね。

絶対的に良いこと・嫌なことというものが存在しているわけではなくて、

「プラスでもマイナスでもない出来事を、自分が良いほうに解釈しているか、嫌なほうに解釈しているか」

の違いでしかありません。

ということは、

「私には、嫌なことばかり起こる」

というのは正確には、

「私は、起きた出来事を嫌なほうにばかり解釈している」

ということです。

よく、

 

①潜在意識の特殊なパワーによって

②どこかから「絶対的に嫌なこと」がびゅーんと引き寄せられてきて

③自分の身に嫌なことが起こっている

 

というふうに考える方がいらっしゃるのですが、実際にはそうではなく、

 

①潜在意識に「物事を嫌なほうに解釈する癖」がついているので

②何かしらの(本来ならば良くも悪くもない)出来事が起きたとき

③即座にその出来事を「嫌だ!」と解釈している

 

です。

 

 

嫌なことばかり見る癖があれば、それは行動に反映される

 

そして、出来事を「これは嫌なことなのだ」と解釈すると、人は当然嫌な気持ちになりますよね。

嫌な気持ちになれば、自然とそれが行動に現れます。

ケーキを食べたかったのに…というイライラからついつい「家族に八つ当たりをする」という行動を取ってしまい、ケンカになって、

「さらに気分悪い、ほんと嫌なことばかり!!」

となるかもしれません。

では、こうなってしまうもともとの原因はなにかといえば、

 

①潜在意識に「物事を嫌なほうに解釈する癖」がついているので

 

↑ここですよね。

ならばここを改めればいいじゃないか、解釈をより良いものに変更すればいいじゃないか、となります。

「解釈を変更」よりは「認識の変更」という言葉のほうが、引き寄せでは馴染み深いかな?

 

 

とはいえ、

「じゃ、今日から良い解釈しましょうや!」

と言われても、悪い解釈をする癖が潜在意識についてしまっているのだから、そう急に何もかもを良く解釈できるようになったりはしませんよね。

なのでなるべく早く良い解釈ができるようになるために、アファメーションなどがあります。

「すべてはうまくいっている」

「この状況は私にとって素晴らしい」

などのフレーズが有名ですが、こういう言葉を口にすることで、潜在意識がより早く良い解釈をしてくれやすくなります。

上記の言葉でなければならぬというわけではありませんので、自分で好きな文章を作って試してみてもいいですよ(*´ω`*)

 

 

潜在意識に良い引き寄せをしてもらうため、無理にワクワクする?

 

「ワクワクしようとしているのに、嫌なことばかり…」

という方のお話を聞いていると、無理にワクワクしようとしている方が多いです。

「ワクワク」と言われるとついつい、ものすごく心が躍る!幸せ!ひゃっほー!!みたいな状態を想像しがちですので、

「いつでもウキウキでひゃっほーと感じてなきゃならんのか…。

うぐぐ、何にそんなに喜べっていうねん…でもそうしないと潜在意識が良いことを起こしてくれないんだから、仕方ない…」

みたいに必死でワクワクしようとして、でもうまくいかずに辛くなってしまっていませんか?

ここはひとつ、「ワクワクしていましょう」という言葉を、

「常にノリノリの状態でいましょう」

といった意味に解釈するのではなくて、

「起きた出来事を、これまでより少しでも良いほうに(ワクワクするほうに)解釈してみましょう」

という意味に解釈してみてはいかがでしょうか?

「常に心が上向いていなければならぬ」なんて義務感を抱えているときよりも、少しは心が上向くのではないかと思います。

 

 

このようにして、自分の心が上向くような解釈を日々の中でしていってください(ワクワクしていてください)

そうすれば徐々に潜在意識から「とっさに悪い解釈をする癖」が抜けていきますし、

嫌なことばかりだー!なんて苦しくなることもなくなりますよ(*^^)v

 

 

厳密には「嫌なことばかり起きる」ということはありません。

「嫌な解釈をする癖」が、潜在意識にまで染みついているのでそう感じるだけです。

物事に対して「ワクワクする解釈」を心がけてみてください。

 

最後にお知らせです。

引き寄せでは「認識の変更がすべてである」と言われますが、

その認識の変更に役立つ無料オンラインセミナーを開催中です。

自宅のパソコンやスマホから見るセミナーなので、セミナー会場まで出向く必要はありません。

詳しくは下記からどうぞ、詳細を書いた記事へと移動します↓

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:質問コーナー 

嫌なことが重なるのって、なんでなの?

葉

 

次から次へと嫌なことが重なる理由とは?

 

今回は「嫌なことは、なぜ重なって起きるのか?」ついてです。

日々を生きていて、

「なんかわかんないけど、辛いことや嫌なことって重なって起きることが多くない?」

と感じている方は多いのではないでしょうか?

その理由について、詳しくご説明していきます。

 

 

嫌なことが重なるのは、あなたが嫌なことを意識しているから

 

以前に別の記事で、

 

私があなたに、

「部屋の中にある青色のものを探してください」

と頼んだとすると、あなたは「青色はどこ?」と意識をします。

そうして意識をすると、今までは気づかなかったような小さな青の物体にまで気づいたりします。

これは顕在意識上で「青」を意識したため、潜在意識のほうがそれに反応し、

「お、青…青色に関する情報を集めてあげないと…。

ほらほら、あっちにもそっちにもあるよ~気づいて~」

というふうに働くためです。

 

と書いたことがあるのですが、人間の潜在意識というものはこのように、

「意識したものをより多く集めようとする」

という習性を持っています。

白い服がほしいなと思ったら、急に街中で白い服を着ている人が目につくようになったとか、

誰かの嫌なところを一つ見つけると、そこからどんどんその人の嫌なところが目につくようになる…といった現象も、潜在意識のこの働きが原因で起きることです。

 

 

ここまで聞いて、

「あ、じゃあ嫌なことが重なるのももしかして…!!」

と思った方、まさにそのとおり!

あなたが「嫌なこと」を意識するので、潜在意識がより多くの嫌なことを集めようとしだし、重なっていくんですね。

 

 

占いの結果をきっかけに、嫌なことが重なる方も

 

最初に嫌なことを意識しだすきっかけというのは、人によって本当にさまざまなのですが…そうだな、今回は「朝の占い」を例に出してみます。

朝一番にテレビで、

「今日の星座占い!最下位は…獅子座のあなた!じゃじゃーん!」

と放送されているのを見て、

「うわ私獅子座やん!朝っぱらから最悪やん!!」

とついついショックを受けてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、

そうしてショックを受けたときに、「私には今日、嫌なことが起きる」と意識してしまっています。

そうすると潜在意識は、

「ほうほう、今日は嫌なことを集めてくればいいのね?オッケー!(`・ω・´)」

と働きだします。

 

 

すると、普段はまったく気にしないような嫌なことにまで気づくようになります。

たとえば道を歩いていて、右側にきれいな花、左側に犬のうんちが落ちていたとすると(お食事中の方すみません)、潜在意識は瞬時に、

「嫌なことはどっちかな?そうだ、犬のうんちのほうだ!

こっちに嫌なことがあるよって教えてあげなきゃ!」

という判断を下します。

そのため普段は花に目がいっていても、そういう日には犬のうんちが視界に飛び込んできて気づいてしまいます。

そしてそれに気づいてしまうと、

「うっわ、最悪!」

というふうに、より強く嫌なことを意識してしまいますよね。

 

 

そこから数珠つながりに嫌なことが重なる

 

そうしてますます強く嫌なことを意識すれば、ますます潜在意識は嫌なことを集めはじめます。

嫌なことなんて起きてほしくない、という気持ちから自然と物事に対して身構えてしまい、何かを行う際に無駄な力みも入るため、

「なんかよくわからないけど何もないところで転んだ」

「普段はこんな簡単な書類作成でミスなんてしないのに…!」

というふうに、リラックスしている状態でならやらかさないことをやらかしてしまったり…。

するとますます緊張が走り、嫌なことを意識し…とどんどん悪循環が起きていく…つまり、嫌なことが重なるというわけです。

 

 

「朝の占いで最下位だった日は本当に嫌なことが重なる、本当に占いどおりになる」

と感じている方もいらっしゃるかと思いますが、占いで嫌なことが重なると決まっているから嫌なことが重なる…というよりは、

占いを見ることによって「嫌なこと」に意識が向かってしまうために、本当に占いのとおりになっていってしまいます。

実は、自分で占いの内容を現実のものにしてしまっているんです。

 

 

ただこれは裏を返せば、

「どれだけ占いの結果が悪くても、嫌なことを意識さえしなければ嫌なことが重なることはない」

ということでもあります。

意識する人としない人がいますので、占いは当たると言う人と当たらないと言う人に分かれます。

 

 

嫌なことが重なるなら、良いことだって重なる

 

占い以外にも、なにか嫌なことに意識が向いてしまう出来事はいろいろあると思いますが、

なにかをきっかけにして自分の意識が嫌なほうへと向かいはじめたことに気づいたときには、

意識的に良いことのほうに目を向けるようになさってみてください。

嫌なことが起きたときにはついつい「最悪…」と口にしたくなるかもしれませんが、

そうして「最悪」に意識を向けてしまうため、潜在意識が最悪なことを集めて嫌なことが重なる…となってしまっているわけですので、こういうときにはあえて真逆に、

「私ってついてる、ラッキー!」

というふうに言ってみてはいかがでしょうか?

 

 

斎藤一人さんのお話で、

「ついてるついてると口にすると、良いことが起きる」

というものがありますが、これはついてると口にすることで、意識を良い方向へと向けられるためです。

最初に「ついてる」と言った時点では別についてはいないのですが、言い始めたところから潜在意識が「ついてること」を集めはじめるので、そこからついてることが重なる好循環が起きていきます。

 

 

よく、

「ついてるならついてると言うけど、ついてもないのについてると言えない」

という方がいらっしゃいますが、むしろついていないからこそ、ついてると言ってみてください。

ついてからついていると言う、今はまだ最悪だから最悪だと言う…ですと、最悪のほうに意識が向いたままなので、良いことが起きないままです。

ついてるからついてると言うわけではなく、ついてると言うからついてくる、ですよ(*´ω`*)

 

 

嫌なことが重なるのは、あなたが嫌なことに意識を向けているから。

良いことに意識を向ければ、同じようにして良いことが重なります。

 

 

ちなみに、

「なんかわからないけど、嫌なことが重なるんだよな…」

というのと同じようにして、

「なんかわからないけど、良いことと嫌なことって交互にくるんだよな…」

というふうに感じている方もいらっしゃるかもしれません。

この「交互に来る」というのも潜在意識の働きです。

よければ以下の記事を参考になさってみてください↓

★良いことと悪いことが交互にくる理由とは?★

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

こんな嫌なことがあったけど…引き寄せが関係してるの?

雨

 

今回はいただいた質問の回答です。

似た感じの質問2つにお答えします。

 

どしゃぶりの雨に打たれてひどい目に遭ったというときについてです。

これも引き寄せの法則が関係している・自分の思考が呼び寄せたことですか?

普段ネガティブなことを考えているからそういう嫌なことに遭うのでしょうか…。

自分が引き寄せて招いてしまったことなら、どのように対処すればいいでしょうか?

そのときに雨が降ったこと自体はただの偶然です。

ただお出かけの際に、

「まぁこのまま晴れだろ、大丈夫だろう」

という思考があったので、天気予報のチェックなどをしなかったのではないかと思います。

そのため傘を持たないで出かけ、雨に打たれるという現実につながったということです。

「まぁ大丈夫さ」という思考が、雨に打たれるという嫌なことを引き寄せたとも表現できますが、

わざわざ引き寄せの法則の力!というほどのことでもないかな?と感じますので、今後の対処法としてはごく普通に、

「天気予報をチェックする」

「折りたたみ傘を持参する」

などをなさってください。

 

 

大事なアクセサリーがなくなったのですが、これにもなにか意味がありますか?

なにか悪いことが起きる暗示とか、逆に悪いことが私に起きないように肩代わりして姿を消したとか…。

引き寄せの法則の力が働き、アクセサリーが私の身代わりになってくれたなら、

無理に探さないほうがいいのでしょうか?

おそらくうっかりしていてなくした、というだけのことだと思います。

「きちんと管理しておこう」

という思考が足りなかったために、それがアクセサリーを紛失するという嫌なことを引き寄せた、

という表現もできますが、こちらもわざわざ引き寄せの力!というほどのことではないかな?と感じます。

自分の身代わりになって姿を消したということはないと思いますので、

どこでなくしたかよく思い出して心当たりを探してみてはいかがでしょうか?

 

 

嫌なことが起きたときあまり大仰にとらえないで

 

このふたつの嫌なこと、引き寄せの法則の力と言えば引き寄せの力ではあります。

 

まぁ傘がなくても大丈夫さ~とあまり先に備えない思考がもとになり

雨に打たれても濡れるしかないという嫌なことにつながる

 

まぁなくしたりしないだろう~としっかり管理しようとしない思考がもとになり

物が紛失する、という嫌なことにつながる

 

どちらも、

「そう考えているから、その思考が原因でそのような嫌なことを引き寄せたのだよ」

という表現をすることもできますが…。

ううーむ…、しかしこれって本来は、

「あら、うっかりしていたわ~」

程度ですむお話かな?と思うんですね。

なんというか…、

「普段私が発しているネガティブなエネルギーが、悪天候という嫌なことを引き寄せたの?」

「私の身代わりとして、不可思議な引き寄せパワーでアクセサリーが姿を消した?」

という発想をするって、ちょっと突飛というか大仰なように思えます。

 

 

傘を持ってなかったら雨が降ったとき濡れる、

管理する気持ちが甘くなったときにものが紛失する、

というのはごく自然なことで、わざわざ引き寄せ、思考が現実に、因果の法則…とかに絡めて言うほどのことでもないかなって思います。

確かに因果関係はあるし、思考がもとになってその現実になってるので、引き寄せは引き寄せなんですけどね。

 

 

ものものしく考えると出てくる解決策も出なくなる

 

お気持ちは、わからないでもないです。

おそらくお二方とも、よく書籍やサイトなんかで引き寄せが宇宙のエネルギーとか、

そういった偉大で不可思議なものと絡めて話をされているため、

「今回の嫌なことは、人知を超えたパワーが関わって起きたことなんじゃないか…」

ととっさにそう思ったんだと思いますが、私は今回のことは、

「あら、傘持ってなかったから濡れたわ」

「あら、うっかりしてたらどっかいっちゃったわ」

というふうに、ごく普通にシンプルに考えてみてほしいと思います。

 

 

普通に考えれば、

「じゃ、次は天気予報チェックしとこ」

「じゃ、どこでなくしたかよく思い出して探してみよう」

というふうに解決するための策が生まれますよね。

けれど、自分ではよくわからない超常的なパワーとからめて考えると、

「この雨に打たれるという嫌なことにはどんな意味があったのだろう…」

と考えるばかりですし、考えたところで人知を超えてることは人知ではわからないし、これでは結論が出ずにただ悩むことになります。

 

 

お二方に共通しているのは、

 

ものを難しくとらえる思考がもととなり

簡単なことも難解なことにしか見えなくなって解決できなくて困るという現実につながる

 

というふうに思考が現実になってるところです。

大げさな思考が、小さな嫌なことも大きな意味のある嫌なことにしか思えなくなるという現実を呼んでいます。

雨に打たれる、アクセサリーをなくすという嫌なことに注目するのではなく、

ご自身のこの「大げさ思考」のほうに注目し変えていくことのほうが大切に思えます。

こういったことで悩む現実を避けたいのであれば、

そのもととなっている思考をもっとシンプルにすると良いですよ(*´ω`*)

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ