潜在意識さん、彼女持ちの人を好きになったのですがどうすれば?

恋人

 

相手が彼女持ちのとき、潜在意識をうまく使うためには?

 

今回は、

「好きになった人が、すでに彼女持ちなんですが…」

という場合のお話です。

(「彼女持ち」ではなくて「彼氏持ち」の場合でも同じです)

 

①彼女持ちの人を好きになったとき、まず最初にやること

②なぜそれを最初にするのか?

③あなたのライバルは、その彼女ではない

 

の3点について、詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識を活用するには「彼女持ちかどうかは関係ない」とする

 

ではまず、

「①彼女持ちの人を好きになったとき、最初にやること」

についてです。

それは何かというと、

 

 

 

関連付けの放棄

 

 

 

です。

「関連付けの放棄」は潜在意識の話でよく言われることなので、もう知っている方も多いかもしれませんね。

「AだからBだ」というふうに、AとBを関連付けて考えるのをやめることを、関連付けの放棄と言います。

 

 

今回の場合ですと、

「好きな人は彼女持ち、だから私が彼女になるのは難しいのだ」

というふうに関連付けを行っている方が多いかと思いますので、まずそれをやめます。

つまりこれからは、

「彼女持ちか否かによって、私が彼女になることの難易度が上がったり下がったりはしない」

「彼女持ちだろうと関係ない、問題なく私が彼女になれる」

というふうに考えるようにしてください。

この関連付けの放棄、知っている方は多いのにやっている方は少ないです。

でも、これは最初にしっかりやっておいたほうがいいですよ!(`・ω・´)

 

 

関連付けの放棄をしないと、潜在意識はうまく働かない

 

では、

「②なぜ関連付けの放棄を最初にするのか?」

についてです。

これはもちろん、

「やらないと、自分が彼女になるのが難しくなるから」

ですね。

 

 

なぜか多くの方が、

「彼女持ちなので、私が彼女になるのは難しい」

と思ったまま、

「難しいから、潜在意識になんとかしてもらおう」

というふうに考えているのですが、これでは潜在意識はどうにもしてくれないですよ~(;´・ω・)

 

 

潜在意識は、あなたの思考を現実化するんでしたよね。

「彼女持ちなので私が彼女になるのは難しい」

↑この思考をしている限り潜在意識は、

「おっしゃ任せろ、では『彼女持ちだから自分が彼女になるのは難しい現実』を作ったるで!!(`・ω・´)」

というふうにしか働くことはありません。

 

 

「難しいと思ってる。でも潜在意識ならなんとかしてくれるかも」

ではなくて、

「難しいと思ってる。だから潜在意識が難しくする」

です。

彼女持ちの現実をなんとかしてくれるどころか、真逆になんともしてくれなくなります。

 

 

なるべく楽に自分が彼女になりたいと思うのであれば、まずは、

「彼女持ちだから私が彼女になるのは難しい」

というこの思考を手放してしまう(関連付けの放棄をする)必要があります。

 

 

彼女持ちだとしても、ライバルはその彼女ではない

 

好きな人が彼女持ちであるというとき、その彼女をライバルだと思う方は多いです。

ですが、

「③あなたのライバルは、その彼女ではない」

と、私は思うんです。

ライバルは、自分自身なのではないでしょうか。

 

 

「彼女持ちかどうかは関係ない」

と思おうとしたとき、

「関係ないはずがない!彼女持ちなら私の望みは薄いはずだ!」

と思う自分がいますよね。

そのように、関連付けの放棄をしたがらない自分との戦いなのであって、彼女との戦いではありません。

潜在意識の話だとよく言いますよね、現実は関係ない、他人は関係ないと。

そのとおりで、問題は「彼女持ちの現実」でも「彼女」でもなく、それらに対して、

「そんなものはどうでもいい、関係ない」

あなたが言えるか言えないかという、あなたの問題です。

 

 

そして、あなたの問題であるということは、とっても良いことです。

他人の問題はどうにもできませんが、自分の問題ならば自分でどうにでもできますからね。

人はとかく自分ではなく現実や他人に目を向けがちになりますが、自分自身に目を向けてください。

 

 

あなたが関連付けの放棄をし、

「彼女持ち、それが何?

そんなことの影響は受けず、これからは私が彼女になるのよ」

と思えたとき、そのときこそは潜在意識が、

「そうか、ではこれから『彼女持ちであることの影響を受けず、自分が彼女になれる現実』と作らないとね」

と働きはじめ、いまの現実をなんとかしてくれますよ(*´ω`*)

 

 

まずは、

「相手は彼女持ちだから、私が彼女になるのは難しい」

という思考を手放してください。

その思考を手放さないでいると、潜在意識があなたが彼女になるのを難しくしてしまいます。

 

 

一度は付き合っていた人と別れ、もう一度彼女になりたい、という場合には以下の記事をどうぞ↓

彼氏(彼女)と復縁したい場合には、どうすればいい?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

彼がいるつもりで過ごすと、本当に彼ができる

lover

 

彼がいるつもりで過ごすだけで…彼氏が?

 

今回は、

「彼氏がほしいなら、もうすでに彼がいるつもりで過ごす」

というお話です。

これはもちろん彼氏がほしい場合ではなくて、彼女がほしい場合も同じです。

 

①彼がいるつもりで過ごすと、なぜ本当に彼ができるの?

②彼がいるつもりで過ごすとは、具体的にどうやるの?

③彼がいるつもりで過ごす際の、注意点について

 

この3点について、詳しくお話していきます。

 

 

「彼がいるつもりで過ごす」は701式の一種

 

まず、

「①彼がいるつもりで過ごすと、なぜ本当に彼ができるの?」

についてです。

これは、引き寄せの法則でよく言われる「701式」のやり方ですね。

701式とは、

 

①理想の自分を想像する

②今この瞬間、その理想の自分になれたものと決める

③理想の自分として生活する

④本当にその自分になれる

 

というものです。

 

 

「②私は今この瞬間、理想の自分になれたのだと決定する」

ということは、ここで自分の心持ちが、

「私はまだ望むものになれていない」

から、

「すでに望むものになった」

へと変わったということです。

もちろん、この時点ではまだ自分の心持ちが変わったというだけで、現実の自分には変化はなく、実際には理想の自分にはなれていません。

 

 

しかし人間の潜在意識には、その人の心持ちと現実が違う場合、心持ちに合わせて現実を変えようとする性質があります。

心持ちが変わると潜在意識は、

「え?理想の自分にもうなってる?

でも現実にはなってないよ?こりゃ矛盾してて変だ。

実際に現実でも、心持ちと同じ自分にさせてあげなきゃ」

というふうに働きはじめます。

そのため、心持ちを変えるとあとから実際に心持ちの通りの自分に変わることができる、というのが「701式」です。

 

 

彼がいるつもりで過ごすと、潜在意識が矛盾を埋める

 

「彼がいるつもりで過ごす」というのは、

 

①理想の自分を想像する

(彼がいる自分を想像する)

②今この瞬間、その理想の自分になれたものと決める

(今この瞬間、彼がいる自分になれたものと決める)

③理想の自分として生活する

(彼がいる自分として生活する。つまり、彼がいるつもりで過ごす)

④本当にその自分になれる

(本当に彼がいる自分になれる)

 

ということですね。

現実(彼がいない)と心持ち(彼がいる)が違う場合、潜在意識が、

「え?彼がいる?でも現実にはいないよ?

こりゃ矛盾してておかしいよ。矛盾を埋めるために、現実でも彼を作らないと」

というふうに働くので、彼がいるつもりで過ごすと本当にあとから彼ができる、というわけです。

 

 

 

「彼がいるつもりで過ごす」とは具体的にどうやれば?

 

では、

「②彼がいるつもりで過ごすとは、具体的にどうやるの?」

についてです。

これは「こうしなさい」というようなマニュアルがあるわけではないので、基本的にはどのようにしてもその人の自由なのですが、私のおすすめとしては、

「彼がいるならこうするだろうな」

と思うことを、実際に先にやってしまうのが良いと思います。

 

 

たとえばあなたがファッション雑誌を見て、

「彼がいたら、こういう可愛い服を着てデートがしたいなぁ」

と思ったとしたら、「彼ができたらこういう服を買おう」ではなく、いま買ってしまいます。

「彼ができたら買おう」だと「まだ彼はできていない」という心持ちになっちゃってますよね。

すでに(心持ちとしては)彼はいるのですから、彼ができたら買おうと思っている服は、もう買っているほうが自然です。

同様に、

「彼がいるならこういう部屋で過ごしたいな」

と思っているなら、部屋の内装をそのとおりに変えてしまうとか、

「彼がいるならお揃いのマグカップを使いたいな」

と思っているなら、お揃いのマグカップを買ってしまうなど、彼がいるならこのようにするはずだ、ということを実際にして過ごしてみてください。

 

 

そのように彼がいるつもりで過ごすほどに潜在意識は、

「あれ?でも実際にはいないっておかしくね??」

と矛盾を感じ、その矛盾を埋めようと(実際に彼を作ろうと)強く働きはじめます。

 

 

彼がいるつもりで過ごす目的は、「矛盾」

 

ときに、

「彼がいないのに彼がいるつもりで過ごすって、そんな矛盾したことするのは…やっててなんか…空しいんですが…」

と言う方もいるのですが、矛盾を感じなければ、潜在意識は矛盾を埋めようと(彼を作ろうと)してくれません。

彼がいるつもりで過ごすのは、心持ちと現実との間に矛盾がありますよと潜在意識に教えるためなのですから、

「矛盾を感じるようなことをしたくない」

ではなくて、真逆にどんどん矛盾を感じるようなことをしてください。

 

 

彼がいるつもりで過ごすなら、頑として「いる」と思う

 

ではでは次に、

「③彼がいるつもりで過ごす際の、注意点について」

です。

中には、可愛い服を買ったりマグカップを買ったりしたあと、

「どうだ、これで本当に彼はできるのかな…?」

と考える方もいますが、「彼はできるかな?」だと心持ちが「まだ彼はいない」になってしまっています。

心持ちが「彼はいない」で、現実にも「彼はいない」ですと、矛盾が起きていないので潜在意識が働くことはなく、このような場合には彼ができることがなくなってしまいます。

 

 

「彼がいるつもりで過ごす」の④ステップのうち、②が大事

 

「彼がいるつもりで過ごす」の順番は、

 

①理想の自分を想像する

(彼がいる自分を想像する)

②今この瞬間、その理想の自分になれたものと決める

(今この瞬間、彼がいる自分になれたものと決める)

③理想の自分として生活する

(彼がいる自分として生活する。つまり、彼がいるつもりで過ごす)

④本当にその自分になれる

(本当に彼がいる自分になれる)

 

でしたよね。

②に「この瞬間、彼がいる自分になれたものと決める」という手順が入っています。

この手順を抜かし、彼がいる自分になれていないままに③彼がいるつもりで過ごす、に移る方も多いのですが、②が肝心です。

②で「私には彼がいるんだ」という心持ちに変えたうえで③へ移らないと、意味がなくなってしまいます。

「彼がいないから、彼がいるつもりで過ごしてみよう」

ではなく、

「彼がいるつもりで過ごすのは当然、だって、実際にいるんだから」

というつもりでやってくださいね。

 

 

彼がいるつもりで過ごすうち、矛盾は解消されていく

 

「彼がいるつもりで過ごすのは当然、だって実際にいるんだからって…いや、だって実際にはいないじゃん!!」

と感じることが当然あるかと思いますが、ここで、

「そうだ、実際にはいないんだよ…」

と思ってしまうと、現実と心持ちが合致してしまい、矛盾が埋まってしまいます。

 

 

どれだけ「実際にはいないでしょ?」という気持ちが湧いてきても、

「でも、いるって決めたし実際にいるんだよ?」

ということで、心持ちは変えないでください。

実際にいるという心持ちと、実際にはいないという現実を対立させたままにさせておきます。

そうすることで潜在意識を、

「こんな矛盾・対立した状態耐えられねーーーー!!

現実(彼がいない)を心持ち(彼はいる)に合わせてやる!」

と動きださせることが狙いなのですから、対立を解消しようとする必要はありません、解消されてしまうと潜在意識が動かなくなります。

 

 

潜在意識が矛盾・対立した状態を解消しようと動き出すと、矛盾は感じなくなってきますので安心してくださいね。

「いる…いや、いないよ!でもいる、いない、いる…う、うぐぐぐ…!」

という状態から、

「いるのにいない?あ、だったらそれ、いないほうが間違いね」

という感じになってきますので、いつまでも激しい矛盾に葛藤し続ける…なんてことはありません。

本当に最初のうちだけなんで、矛盾を感じることに動揺なさらないでください。

 

 

さきほども言ったのですが、彼がいるつもりで過ごすことの目的は矛盾を感じることにありますので、矛盾を感じてこそ正解です。

矛盾を感じるなら「どうしよう」ではなく、

「やった、私のやり方が正しい証拠だ!ちゃんとうまくできてるんだ!」

と安心してくださいね。

 

 

矛盾を恐れず、頑として「彼はいる」という心持ちを捨てることなく、彼がいるつもりで過ごしてください。

そうすれば、矛盾に耐えかねた潜在意識が「彼がいる現実」に変えてくれますよ(*^^)

 

 

「彼がいるつもりで過ごす」は「701式」の一種です。

最初のうちは「彼がいるVS彼はいない」の矛盾を感じますが、その矛盾を感じることこそが大切です。

矛盾を感じるのであれば正しくできている証拠なので、動揺せず「彼はいる」という心持ちを持ったままでいてください。

 

 

「701式」についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をどうぞ↓

潜在意識メソッド「701式」についての解説

 

「彼(または彼女)と復縁したい」という方は、以下の記事をどうぞ↓

復縁するために、潜在意識をどう使う?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

現実の彼を無視するほど、潜在意識はよく働く

カップル

 

現実の彼がどうであろうと、無視してしまおう

 

今回は、「現実の彼(彼女)は無視!」というお話です。

潜在意識のお話を読んでいて既にどこかで、

「現実の彼は関係ない」

「現実の彼はいらない」

というような文章を目にしたことのある方もいるかもしれませんね。

これはとっても大切なことで、現実の彼を気にせず無視できるようになればなるほど、その彼との関係はうまくいくようになりますので、どういうことか詳しくお話していきます。

 

 

現実の彼を無視するとは、文字通りの意味ではない

 

まず最初に言っておくと、「現実の彼を無視する」というのは、

目の前で彼が話しかけてきているのに、聞こえないふりして無視をしろとか、

彼が「疲れてるから休ませてくれ」と頼んでいるのに、それを無視して無理やり遊びに連れて行きましょうとか、そういう意味ではありません。

まさかそういう意味に受け取る方はいないとは思うんですが、一応念のために言っておきます。

そんなことしたら普通に嫌われちゃうだけなので、それは無視せずにちゃんと対応してくださいね~(;^ω^)

 

 

現実の彼の行動に、動揺するなという意味である

 

そういう意味ではなくて、

「現実の彼の言動・行動に一喜一憂するな」

ということです。

 

 

昨日の記事でも書いたのですが、人は恋愛のことになると、とかく一喜一憂しがちになります。

友達からのメールが1日返ってこなくてもなんとも思わないのに、

彼からのメールが1時間返ってこないだけで、不安になってソワソワしちゃったりとか。

それでついつい、

「なんで返事ないのよ浮気してんじゃないのムキーッ!!」

と怒っちゃう方もいるかもしれませんが、そういうことはせずに毅然としていましょうというのが、「現実の彼を無視しましょう」ということです。

 

 

現実の彼との関係に、動揺するなという意味でもある

 

あとは、

「現実の彼と自分との関係性に、一喜一憂するな」

ということでもあります。

 

 

中には、

「彼は私とは違う人と付き合っている」

「しばらく会いたくないと言われた」

「遠距離だ」

とかとか、そういう状況の方もいるかもしれません。

こういう場合も、その状況に動揺せずに無視してください。

「私以外の人と付き合ってるなら、もう私に望みはない…」

みたいに絶望的な気分になる方は多いのですが、いえいえ、あなたに望みがないなんてことにはなりませんよ~。

いまそうであるということは、これからもそうであるという根拠にはまったくなっていません。

なんら根拠はないのですから、

「これからもそうである」

という観念を持ってしまわないようにしてください。

 

 

そのような観念を持ってしまうと潜在意識が、

「へえ、これからもそうなのか…。

そう思っているならそのとおり、これからもそうしてあげなきゃ」

と働きだしてしまいます。

そうなると、潜在意識に操られて自分でも無自覚のうちに、彼との間に望みがなくなるような言動・行動を取ってしまうようになります。

そして、

「ほら、やっぱり私の思ったとおり望みはなかった(私の抱いた観念どおりの現実が作られた)」

ということになってしまいかねません。

 

 

潜在意識は、観念どおりの現実を作る

 

「現実の彼と私の関係が『いま』どのようなものであろうとも、それは『これから』とは何の関係もない」

↑このことをしっかりと意識してください。

いまの現実をきっぱりと無視し、

「これから素晴らしい関係が作られる」

という観念を持つように心がけてください。

 

 

そうした観念をしっかりと持っていればいるほど潜在意識は、

「ほう、素晴らしい関係になる…そう思っているんならそのとおりにしなきゃ!」

と働きだします。

この場合、潜在意識に操られて自分でも無自覚のうちに、彼に好まれるような言動・行動を取ってしまうようになります。

そして、

「ほらね、やっぱり私の思ったとおり、良い関係になったでしょ」

となりますよ(*^^)v

 

 

物事を決めているのは「現在の状況」ではありません。

「現在の状況に対してあなたが抱いている観念」が、物事を決めています。

現実の彼はきっぱり無視し、良い観念を持ち続けてください。

 

 

現在、彼に振られてしまい復縁したいと思っている方は、以下の記事をどうぞ↓

★どうしても復縁したいけど、どうすればいい?★

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せの法則で彼氏がほしいのにできない人は、実は…。

彼氏

 

引き寄せの法則は必ず「思考→現実」の順番

 

今回は、

「彼氏がほしい。でも引き寄せようとしてるはずなのに引き寄せられてこない」

と思っている方へのお話です。

 

 

「彼氏がいなくてみじめだと思う」だと順序が逆

 

彼氏がほしいこと自体はいいんですけど、

「なぜ彼氏がほしいのか?」

という動機の部分を聞くと、

「周りが彼氏持ちばかりで、いない自分をみじめだと思ってしまうから」

「彼氏がいないせいで、自信が持てないから」

と答える方がいます。

 

 

このように答える方は、

「彼氏がいないから、自分をみじめだと思う」

と考えているんですけど、これだと逆です。

「自分をみじめだと思っているから、彼氏がいない」

です。

 

 

彼氏がいる・いないとは関係なく、実はその人にはもともと、

「私はみじめという思考」

が存在しています。

もしその人が自信満々だったら、周りに彼氏がいて自分にいなくても「私は私」と思うので、気にならないはずです。

逆に自信がなければ仮に彼氏がいたとしても、なにか別のことが気になります。

彼がいないから自信がない、ではなく、自信がないから彼がいないことを気に病む、です。

 

 

「彼氏がいないからみじめだと思うんだ、自信がないんだ」

と逆に考えていると、その次は自然と、

「じゃ、彼ができればみじめだと思わなくなるはずだ、自信がつくはずだ」

と発想し、

「なので彼氏がほしい」

という結論に行きつくのですが、しかしその「彼氏がほしい」という思考はあくまでも結論でしかなく、

その結論を生み出すもととなった強い思考は「私はみじめ」です。

 

 

潜在意識は強いほうの思考を願いだとみなし実現する

 

潜在意識は2つの思考があるとき、より強い思考のほうに従います。

この場合は「彼氏がほしい」ということよりも、

「私はみじめ」ということにフォーカスしてその人を動かします。

 

 

私はみじめという思考をもとに動くとどうなるか?

 

では「私はみじめ」がもとになると、どうなるか?

これは、

「彼氏がほしいと思考している→彼氏を引き寄せる方向に潜在意識が動く」

というのではなくて、

「私はみじめだと思考している→みじめさを引き寄せる方向に潜在意識が動く」

となります。

 

 

潜在意識のほうは、

「もっとみじめだと思えそうな方法ってないかな?」

「みじめじゃなくなるような状況は防いで、みじめなままにさせてあげなきゃ」

と働きます。

すると、

「彼氏ができなきゃ、みじめでいられるよね」

となりますので、潜在意識はむしろ彼氏を作らない方向へと動きます。

なので彼氏ができなくなる…となります。

しかしここに気づいていないと、

「なぜ、こんなに彼氏がほしいと願っているのに叶わないのか?」

と思ってしまうんですね。

なぜなら、潜在意識はあなたの夢が「みじめであること」だと思ってるからです。

 

 

潜在意識は基本バカなので、こういう勘違いをいくらでも起こします。

ただ「強いほうを夢とみなして叶えようとする」というだけで、

「みじめなんてことが夢のはずないよね?叶えないほうがいいかな?」

とか親切に考えてくれたりしないので、ここは気をつけてください(;´・ω・)

 

 

みじめだという思考を消すことで現実は変わる

 

「彼氏ができればみじめじゃなくなる」

みなさん自然にこう考えているのですが、これだと、

 

①彼氏ができるという現実になったら

②私はみじめだと思考しなくなる

 

なので、現実→思考の順になってておかしいです。

引き寄せは思考→現実ですので、

 

①みじめだと思考をすることをやめれば

②彼氏ができるという現実になる

 

です。

 

 

これまでとは逆に考えてみてください。

「私はみじめ」という思考が問題を引き寄せているので、

その根本の思考を変えようとしない限り現実は変わりません。

でも逆に言えば、その根本の思考を「私は魅力的」という思考に変えれば、

その思考は必ず現実になります。

 

 

あ、あと、自信がつくことで、

「なんでそこまで彼氏がいないこと気に病んでたんだろ?それより今は趣味に打ち込むことの方が楽しいや」

とか、そもそも彼氏がほしいと思わなくなる人もいます。

ただ、こうして好きなことに打ち込んでる女性は魅力的ですから、

惹かれる男性が現れてなんかやっぱり結果的に彼氏できちゃったりもします。

これが「ほしいと執着するのをやめたら手に入った」ってパターンですね。

 

 

「彼氏がいないからみじめ」ではなく「みじめだ(と思考している)から彼氏がいない」の順です。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ