今今メソッドの効果と、眠くなる原因について。

瞑想

 

今今メソッドは、今この瞬間に焦点を合わせる方法

 

今回は「今今メソッド」についてのお話です。

これはとある掲示板から広がったやり方で、具体的にどのようなものかというと、

 

今この瞬間に焦点を合わせるだけ。

思考や感情を働かせないで、単純に今この瞬間に自分が在ることを感じればいい。

 

…というだけのなんともシンプルなメソッド。

これはむしろ、

「シンプルすぎて何言ってるかわからん」

となる人も多そうなので、

 

①この今今メソッドには効果はあるのか?

②効果がない人はなぜなのか?

③今今メソッドを実践して眠くなるのはなぜ?

 

について解説していこうと思います。

 

 

今今メソッドは本当に効果がある方法なのか?

 

まず、①この今今メソッドには効果はあるのか?について。

これはもちろんあると思います。

私が見た限りではこの今今メソッド、

「いま・ここに集中し、あるがままを受け入れる」

というマインドフルネス瞑想と酷似しているように思えます。

この今今メソッドで効果があったという方の中には、

「今今メソッドをすれば瞑想などをする必要はない」

とお話している方もいるんですが、

「いや、今今メソッドをすると瞑想をしていることになるんじゃないの?」

という感じがしました。

なので、今今メソッドと酷似していると感じるマインドフルネス瞑想とはどのようなものか?についてお話します。

 

 

今今メソッドと似ているマインドフルネス瞑想とは?

 

マインドフルネス瞑想とは、本当にただただ「いま・ここ」に集中するという瞑想法です。

たとえばあなたが料理をするとき、料理をしながら、

「おいしいのができるかな~」

とか考えるのではなく、自分が包丁を握っている感覚、鍋から立ち上がる香り、鍋がコトコトいう音…、

そういう「いま、この瞬間」に起きているものに意識を集中するという方法。

 

 

腹が立った!というときにも、

「あぁー、ムカつく!」

と考えるのではなく、

「私はいま、腹が立っているなぁ~」

「お腹のあたりに、重苦しい感覚があるなぁ~」

と、腹を立てている「いま、この瞬間の自分」に意識を集中する。

 

 

不安になったときにも、

「どうしよう、どうしよう…」

ではなく、

「あぁ、私はいままさに、不安になっているのだなぁ~~」

「これが不安なのだなぁ~」

と、不安そのもの、不安になっているいまここの自分そのものを見る。

 

 

人間が生きているのって、「いま、この瞬間」しかありえないですよね。

でも多くの人はその「いま、ここ」を無視して、過去はこうだったとか、

未来はどうなるだろうとか、あの人はああでけしからんとか、

不安になったどうしようとか、そういういまここ以外のところに思考や意識を使います。

使ってもなにか解決するわけではなく、むしろ心配になったり落ち込んだりするだけなのに、する。

それをやめるためにいまここに意識を集中しましょう、というもの。

 

 

今今メソッドの、

 

いまのあなたの認識がいまの自分の環境を精査して
感覚や感情を自分で作り出し体感していることに気付くことです。

 

今今メソッドは現状に満足するということではありません。
本当に今この瞬間に焦点を合わせるだけです。
そうすると安心感が感じられるはずです。

 

という説明って本当にマインドフルネス瞑想と似ていますし、

こうしていまここに焦点を合わせられると、確かに安心感が得られます。

不安や心配を感じにくくなりますし、感じてもすぐ自分の意志で消せる。

そういう安心・安定した思考や意識の力が、良いものを引き寄せます。

 

 

私はかねてから瞑想は引き寄せに非常に効果的だと言ってますし、

つまりはそれと似ている今今メソッドにも効果はあると思います。

ただ、なんていうか…観念的で言葉で表現しづらいので、

人に伝えようと思うと伝わりづらいのが難点かしら?(;^ω^)

参考までに私の書いた、願望実現に瞑想が効果的な理由という記事も併せて読んでいただければと思います。

 

 

まずひとつめ、①今今メソッドに効果はあるのか?については、

「瞑想は引き寄せに効果的である。

そして今今メソッドは瞑想と非常に似ている。

よって、効果のある瞑想と似ているのだから今今メソッドにも効果がある」

となります。

 

 

今今メソッドの効果が出ない人はなぜ?

 

では次に、②効果がない人はなぜなのか?について。

これは、効果がない理由はただひとつ「いま、ここ」に焦点を合わせていないからです。

 

 

たとえばあなたがなるべく意識をいまここに向けるようにしていて、そのあとに、

「さぁ、意識をいまここに当てたからこれで良いことあるかな?」

とか効果を期待したなら、もうこれでいまここから焦点がはずれてしまっています。

こういうときは、

「あぁ、私の意識はいまここではなく、この先のことに向かったなぁ」

と気づき、また目の前のことに焦点を当てなおしてください。

これって最初は慣れないから何度も意識が外れると思いますが、

しょせんはただの慣れですから、慣れていけば意識がいまここから外れたことにすぐに気づいてもとに戻せます。

 

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、

「いまここに意識を集中させていると自然と良い効果が出る」

のであって、

「良い効果がほしいからいまここに意識を集中させる」

というのだとちょっと違うかな?と思います。

目的はあくまでも「いま・ここ」に意識を集中させることです。

「この先の効果」ということを目的にして意識している時点で、

いまここではなくこの先に意識が非常にズレやすくなります。

逆説的ですが、効果がほしいからこそ効果については考えない、という感じですね。

そうすると結果的に「あれ、効果あったぞ」となります。

 

 

うーん、なんというかさっきも言った通り観念的で言葉で説明するのが難しいので、

無理に言葉にしようとすると、

「本当に、ただとにかくいま・ここに集中して。今この瞬間の自分を感じて」

みたいにしかならなくて伝える側の私としても非常にもどかしいですが、

とにかく、意識が今この瞬間から外れたらそれに気づき戻す、外れたらそれに気づき戻す。

外れたことはダメなことだ~とか考えだすのはますます外れていっていることなので、

思考や感情を動かさずにただ、外れたんだから戻す、と繰り返します。

慣れですから、繰り返せば感覚がわかってくると思います。

 

 

おそらく効果がないという方は、慣れるほど繰り返していないだけだと思います。

慣れさえしてくれば、

「ああ、いまここって、このことか」

というのがなんとなく感覚でしっくりくるようになると思いますし、

しっくりきたから効果が出るというよりは、

その「しっくり」そのものが効果であるということにも気づくと思います。

そのようになるまで続けてみてほしいなと思います。

 

 

今今メソッドをやると眠くなるのはどうして?

 

では最後に、③今今メソッドを実践して眠くなるのはなぜ?についてです。

これはですね、なんか元も子もないような答えなんですけど、

単に慣れないことして疲れただけだと思います(;^ω^)

 

 

ふだん読書しない人が急に本を読むと眠くなるし、

ふだん運動しない人が急に運動すれば眠くなるし、

ふだん瞑想しない人が急に瞑想すると眠くなるし、

人間どんなことでも、ふだんやらないことをいきなりすれば、

脳や体が緊張し、疲れて眠くなります。

今今メソッドをやって眠くなるというのもこれと同じで、

ふだんはあちこちにさまよわせている思考や感情を、

急に一点に集めようとしたことで脳みそが、

「うわなんだ急に」

とびっくりして疲れて眠くなる、ってだけだと思います。

 

 

ただこれも単なる慣れの問題ですので、慣れてしまいさえすれば、思考をうろうろさまよわせているときよりも、

「いまここ、ありのままの自分」

というものに集中している状態のときのほうがよっぽど疲れないし、

物事の能率が上がり、良い結果につながるということは身を持って感じられると思います。

 

 

眠くなったときには、

「眠くなるようなメソッドなんてやだ、やめちゃおう」

というよりは、

「眠くなるほど、ふだんはいまここじゃないどこかにいるってことか…」

と解釈して慣れるまで続けてみてほしいと思います。

 

 

瞑想の話題が出たので、最後に私が作った瞑想教材のご紹介。

 

瞑想すると3時間くらいで性格が変わってきます。

そのくらい「いま・ここ・ありのまま」に集中するというのは効果的なことですので、

ぜひ今今メソッド(か、それとすごく似てる瞑想)を試してみてほしいと思います。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

瞑想が、潜在意識の力での願望実現に効果的な理由。

瞑想

 

瞑想で潜在意識は本当に活性化するのか?

 

今回は瞑想に関してのお話です。

引き寄せについて本やサイトを読んだことのある方なら、

「潜在意識の力で願望を実現させたいなら瞑想をするとよい」

というお話を聞いたことがあるかもしれません。

では、どうして瞑想が潜在意識にとって良いものなのか?について解説していきます。

 

 

潜在意識は願望を実現させたくない意識

 

ではたとえばあなたが、

「よし、私は年収1億円になるぞ!」

という願望を実現したいとします。

(実際にはお金に関する願望ではなくてもなんでもOKです)

だけどこのときあなたは心の中で、

「だけどなあ、どうせそんなことできないんじゃないかな…」

といった不安を感じますよね。

これは、

 

○顕在意識→年収1億円になるぞ!

○潜在意識→そんなの無理

 

と、2つの意識が対立している状態です。

 

 

潜在意識の特徴として、「とにかく変化するのが大嫌い」というものがあります。

新しいこと(願望実現)を始めようとすると、

「でも今までそんなのやってなかったし、やらなくても生きてこられたじゃん。

わざわざ生きるのに必要ないことしなくていいじゃん」

という感じで、これまでの考え方や行動の仕方を守ろう、願望実現を阻もうとします。

 

 

潜在意識はどうやって願望実現を阻む?

 

潜在意識がこれまでどおりでいるための手段として使うのが、

「その人本人に不安や恐怖を感じさせる」

というもの。

人間、不安だったり恐怖を感じることは当然やりたくないものですよね。

なので、あなたに不安を感じさせればあなたは、

「でもそんなの実現できるか不安だし…怖いし…やっぱりやめた…」

と、願望を実現しようとするのをやめてくれるかもしれない。

つまり、今までどおり変化せずにいられる。

だから不安を感じさせてストップをかけてやろう、というのが潜在意識のやり方です。

 

 

引き寄せでは、

「願望を実現させたいときはアファメーションをしましょう!」

とよく言いますが、アファメーションの言葉を唱えると、

「どうせできないんじゃ…」

という不安がぶわーっと湧いて出てくるのは、

こうして潜在意識が願望実現にストップをかけようとするから起こることです。

ただ、この潜在意識のやり口に乗せられてしまっては、

願望実現を諦めて今までどおり生きることになってしまいますよね。

 

 

瞑想は願望実現への不安を抑えてくれる

 

ではどうすればいいの?というと、ここで瞑想が出てきます。

瞑想をすると、脳の「前頭葉」と呼ばれる部分が強くなるのですが、

この前頭葉はなにをしている部分なのかというと、潜在意識の発してくる不安や恐怖を抑える大切な部分です。

つまり、瞑想をすることによって不安を感じにくくなるということ。

願望に対して「できない、不安、怖い」と感じることがなくなってくるんです。

 

 

瞑想の効果は他にもさまざまなものがある

 

瞑想の効果は他にもいろいろありますが、代表的なものだと、

 

○行動力が上がる

○発想力がつく

○痩せやすくなる

○病気にかかりにくくなる

○他人を思いやる気持ちが上がる

 

…などなどです。

(他人を思いやる気持ちまで上がるというのはちょっと面白いですよね)

 

 

「私に願望実現なんてできるか不安だよ~…」

と感じることがなくなるだけではなく、実現へ向けての行動力や発想力まで上がるのですから、ますます実現しやすくなりますね。

痩せやすくなるのですから、スリムになりたいという願望実現をしたい人にもおすすめだし、

思いやりの気持ちも上がるのですから、人間関係でのトラブルをなくしたいという願望実現をしたい人にもおすすめ。

そして何を実現するにも体が資本なのですから、病気にかかりにくくしてもらえるのもいいですね~(*´ω`*)

これが「願望実現したいなら瞑想をするとよい」と言われる理由です。

 

 

瞑想に関しては私自身もやっていますし、

ぜひ他の方にも良さを知ってほしいということで教材まで作ってます。

5分だと具体的にどんな効果があるのか、7分だとどうか、10分だとどうか…というふうに、

細かく時間別に分けて効果も説明していますので、自分に合わせた時間取り組んでほしいと思います。

興味がある方はぜひ詳細をご覧になってみてください↓

 

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

岡野真・引き寄せの法則の教材一覧

★今度こそあなたは変われる。夢を叶える引き寄せRevolution★

「これさえ読めば誰でも変われる!というような、引き寄せのバイブルのようなものを作れないかな?」

と思い制作したものです。

 

●なぜあなたの人生は今のようになったのか?

●なぜ強く変わりたいと思っても変われないのか?

●変えていくためには何が必要なのか?

 

ということをはじめ、潜在意識を活用し、引き寄せの法則で変わるために大切なことをたくさん盛り込みました。

ご購入後は、無期限であなたをサポートいたします。

教材を読んでわからない箇所などがあれば、いつでもメールフォームからご質問ください。

 

詳しくは下記の画像をクリックしてください。

 

 

★3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation★

引き寄せでは「瞑想をすると引き寄せる力が強くなる」と言われることもありますが、

これは瞑想によって人間の不安や恐怖が消えやすくなり、意志が強くなる(願望を実現しようとする力が強くなる)ことが理由です。

その瞑想の詳しいやり方や具体的な効果などについてと、

 

●今日やるべきことにしっかり取り組めるようになる簡単なワーク

●未来の不安を手放せるようになるワーク

●やる気が上がり、憂鬱な気分から解放され今に集中できるようになるワーク

●自分自身の弱さを受け入れていくワーク

 

について書きました。

これをすれば、あなたの性格は3時間で変わりはじめる…!?

 

 

★アファメーションの効果アップ。あなたを声で導きます★

「アファメーションをしているのに効果がない」

という方がとても多いため、効果を出すためにはどうすればいいのか?

などについての解説をいたしました。

潜在意識を活性化させるための誘導音声も作りましたので、

音声の誘導するとおりにすれば、アファメーションの効果が出やすくなります。

 

 

★21日間であなたは変われる。怒りをコントロールする方法★

引き寄せの法則ではよく、

「ネガティブは悪いものを引き寄せます」

と言われます。

確かにそのとおりではありますが、

「ネガティブはダメだとわかっていてもどうしても怒ってしまう」

という方がとても多いため、怒りの感情をコントロールするためにはどうすればいいのか?

についてまとめました。

簡単なプログラムを行うことで、あなたが怒りに支配されることはなくなります。

 

 

お申込み前にお聞きになりたいことがある場合は、メールフォームからお気軽にどうぞ。

 


 

ここから下は私が制作した教材ではなく、私が購入し、

「良いものなので、きっとみなさんの役にも立つ」

と感じた教材のご紹介です。

☆復縁大学 5STEP☆

復縁をしたい相手がいる方へ向けてのプログラムです。

とても具体的に何をどうするのかが書かれていて、

「これに沿ってやっていけば、それだけでOK」

という内容になっているところがおすすめです。

詳しく感想を書いた記事がありますので、以下からどうぞ↓

 

 

☆精神的な弱さを改善する方法☆

「自分に自信がない、弱い自分を変えたい」

「物事に取り組むやる気を出したいのに出ない」

という方に向けてのプログラムです。

内容がわかりやすく、実践するワークも「絶対に誰にでもできる」というほどとてもシンプルなもの。

ごく簡単なワークを行うことによって自信がつき、潜在意識の状態がより良く整ってゆきます。

こちらのプログラムには、私からの特典もついています。

 

 

☆お金のキラービリーフ解消プログラム☆

「キラービリーフ」とは、負のメンタルブロックのことです。

潜在意識下にお金が増えないようなキラービリーフ(メンタルブロック)があると、

そのキラービリーフが現実に反映され、お金が増えなくなってしまいます。

このプログラムでは、あなたの持っているキラービリーフが具体的にどのようなものなのかを見つけ、それを解消していきます。

 

 

☆潜在意識をコントロールする音響☆

聴くだけで、潜在意識が望むものに向かう力が強くなる音響です。

「なぜ聴くだけで効果があるのか?」

という説明は、以下で詳しくしていますのでご覧になってみてください↓

 

 

 

 

タグ:  

カテゴリ:その他 

今に集中することで、引き寄せる力は上がる。

 

今に集中する人ほど、望むものを引き寄せられる

 

今回は「今に集中する」ということについてのお話です。

 

 

これは聞いたことがある方もいるかもしれませんが、

人間は1日に約6万回の思考をしています。

引き寄せは思考が現実を変える法則なので、

人間が1日に出せる「現実を変えるパワー(思考のパワー)」の数は6万個、

とも言えますね。

 

 

今に集中することができる人というのは、

その6万個のパワーを目の前のことだけに集結させることができている人。

すると、その爆発的なパワーで今やっていることがうまくいって、現実が良い方向に変わります。

 

 

対して、

「過去こうだった、未来ああなるかも…」

と思考のパワーを今ここではないところに散らせている人は、

目の前の出来事をうまくいかせるパワーが1万しかないとか…少なくなっちゃうので、なかなかやってることの結果も出ないし、変わらない。

なので、過去や未来について考えず「今に集中する」というのは本当に大切なことです。

 

 

 

でも、急に今に集中することなどできない…

 

ただ、あなたはいまこう思ってるんじゃないかと思うんです。

「今に集中することが大事だってことくらいわかってるよ。

…でも、頭ではわかっていても、私はどうしても過ぎたことやまだ起きていないことについて考えてしまう…」

と。

 

 

これ、私もそうだったのですっごく気持ちはわかります。

どれだけ、

「今に集中するんだ!今、この瞬間が大切なんだ!!」

と思っても、集中できないんです。

ふと気づくと、終わったことについて悶々と考えていたり、

明日のことを心配してしまっていたり…どうしてもそうなってしまう。

 

 

私は結構長い間、これに悩みました。

なんで私って、今に集中することができないんだろう…。

なんで私って、今に集中することができないんだろう…?

…そしてあるとき、フと気づきました。

 

 

 

 

「そりゃ、集中できないのは集中力ないからじゃね?( ゚д゚)」

 

 

 

 

と。

 

 

今に集中するには集中力が不可欠

 

「今に集中することができれば、引き寄せる力が強くなるのです…」

とか言われるとなんか哲学的な精神的な何かみたいな感じがしますし、

集中できなかったときって、

「あぁ、なぜ私は…今この瞬間を大切にすることができないの!?」

「なぜ今ここを真心を尽くして生きられないの?」

みたいに自分を責めてしまったりしがち。

そうしてなんだか自分を責める方向ばっかりにいっていた私はなかなか気づかなかったのですが、

集中できないのがなんでかって、そりゃ集中力がないからでしょ、と。

 

 

あれ、これもしかしてすっごく単純なお話?

じゃあ、

「真心を尽くし、かけがえのない今この瞬間を生きられるようになるためには…」

とか考えるよりも単に、

「集中力ってどうやるとつくの?」

と考えたほうが、話は早いんじゃないかと思いました。

 

 

集中力をつけるには、瞑想が効果的

 

では、集中力をつける方法ってなんなの?というと、瞑想です。

ここで、

「あっ…そういえば瞑想で引き寄せる力が強まるって話を聞いたことある!」

と思った方、そうそう、その通りなんです。

 

 

瞑想というと、なんとなくうさんくさ~いイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

いるかもしれませんっていうか、私がそうでした(;^ω^)

なんていうか…なんか宗教にハマってる人がしてそうな…、

なにか怪しい感じがしてよく知らずに毛嫌いしていたのですが、実は瞑想って、

「今に集中するトレーニング法」

みたいなものなんです。

瞑想って、1日に5分とか10分するだけでも効果があって、やるとがぜん人間の集中力は上がります。

なので、なにかに取り組んでいるときに別のことに気がそれなくなってきます。

つまり、目の前のことに心を尽くして生きられるようになる。

冒頭の、

 

今に集中することができる人というのは、

6万個の思考のパワーを目の前のことだけに集結させることができている人。

すると、その爆発的なパワーで今やっていることがうまくいって、現実が良い方向に変わります。

 

↑これができるようになるってことです。

 

 

今に集中することで、性格さえも変えられる

 

最初はアヤシイと毛嫌いしていた私ですが実際にやってみて、

「ぎゃー!ほんとに集中力つくーー!え、ここまで変わる!?(゚Д゚;)」

と仰天してからは、他の方にもやっていただきたいと思い始め、瞑想に関する教材まで作りました。

参考にしていただけると嬉しいです↓

 

3時間っていうのは瞑想の合計時間のことです。

研究の結果、瞑想を計3時間したあたりから人間の性格は変わってくるとわかっています。

自分を変えたいのに…私はついウジウジしてしまってばかりで変えられない…という方、その性格、瞑想で変えられるかもしれませんよ(*´ω`*)

 

 

瞑想で今に集中する。高い集中力が、良いものを引き寄せる。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:  

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ