叶った証拠もないのに、叶ってると言われても…

花

 

叶った証拠がないと、信じられない…

 

今回は「叶った証拠」についてです。

先日の記事で、

 

叶うと決めた時点で、潜在意識は叶うまでの筋道を立ててくれる。

そうして筋道が立っている状態を「叶った状態」と言う。

叶った状態になっているかどうかを確認しようとすると、叶っていない状態になる。

 

と書きました。

しかし、

「うーん、でもでもでもなぁ…やっぱりどうしても確認したいよ!

いくら言葉だけで『叶った状態になってるよ』って言われたってさ~…。

叶った状態になっているというちゃんとした証拠もないのに、どうやってそんな言葉を信じろと?」

と感じる方も多いのではないでしょうか?

そう感じている方へ向けて、証拠について詳しくお話していきます。

 

 

①叶った証拠があるから②叶うと信じる、ではない

 

「ちゃんと、叶った状態になっているという証拠がほしい。

そういう証拠があるなら信じられるけど、証拠がないなら信じられない」

↑当初は私もこう思いましたし、お気持ちはよーーーーーくわかります。

しかし残念ながら、叶った状態になっているという証拠は、叶うと信じたあとにしか出てくることはありません。

「①叶ったという証拠があるから②信じる」

のではなく、

「①信じるから②叶ったという証拠が出てくる」

です。

 

 

しかしこれを聞くと今度は、

「あー…うん、なんかその言葉もよく聞くわ…。

でも正直、なんで①信じるから②叶ったという証拠が出る、の順番なのかがわからないんだよなあ…。

どう考えても証拠が先じゃないの?」

と感じる方もまた、多いのではないかと思います。

ではではなぜ、「①信じたあとに②叶った証拠が出る」の順なのか?について説明していきますね。

 

 

同じものを見ても、Bくんにだけ「叶った証拠」に見える

 

ここに、舞台役者を目指しているAくんとBくんがいます。

Aくんは、

「叶ったという証拠があるなら、叶うと信じよう。

まだ証拠はないから、自分が役者になれるとは信じられないぞ」

と思っています。

Bくんは、

「叶った証拠って、なんか知らんが信じたあとからついてくるらしいべ。

ほんならとりあえず、自分は役者になれる!と信じてみるとするか」

と思っています。

 

 

この状態ですとAくんの潜在意識は、

「自分が役者になれるとは信じてないんだね。

ではちゃんと『役者になれないような発想』をさせてあげないとね。

役者になれるようなこと思いついちゃったら、なれちゃうものね」

と働きます。

Bくんの潜在意識は逆に、

「役者になるならば、ちゃんと『役者になれるような発想』をさせてあげないとね」

と働きます。

 

 

ある日、AくんとBくんは一緒に演劇を見に行きました。

その演劇に出ていたCさんという役者の演技は、とても素晴らしいものでした。

AくんはCさんを見て圧倒され、こう思いました。

「なんて才能だ…こんなすごい人がいたなんて…。

やっぱり俺なんて、役者になれるはずもない…。

Cさんみたいな人が目の前に立ちはだかっているということが、俺が役者になれない証拠だ…」

と。

 

 

BくんもCさんを見て圧倒され、こう思いました。

「なんて才能だ…こんなすごい人がいたなんて…。

ラッキー!これからはここに通えば、Cさんを見てたっぷり勉強して実力をつけられる!!

Cさんみたいな人が目の前に立ってくれているということが、俺が役者になれる証拠だ!

本当に叶った証拠ってあとから出てくるんだな~!」

と。

 

 

Aくんはそれから、家の中でふさぎ込むようになってしまいました。

Bくんは足しげく劇場に通い、めきめき実力をつけて役者になりましたとさ。

 

 

叶った証拠が出る=叶った証拠だと思い込む

 

さてさて、AくんとBくんの見ているものは同じ、Cさんでしたね。

そして、CさんはただのCさんです。

別にAくんの夢が叶わない証拠でもなければ、Bくんの夢が叶った証拠でもありません。

AくんとBくんのほうが勝手に、証拠でもないものを見て証拠だと思い込んでいるだけですよね。

 

 

このお話のBくんのように、

「①叶うと信じると②証拠でもないものを見て叶った証拠だと思い込むようになる」

ことを、

「①信じたあとに②叶った証拠が出てくる」

と言っています。

 

 

叶わないんだと思っている状態ですと、潜在意識はAくんのような発想しかさせてくれません。

何を見ても「叶わない証拠だ」と思い込むことしかできなくなりますので、

「信じていない状態では、叶った証拠は出てこない(叶った証拠だと思い込むことはできない)」

と言われます。

 

 

決して、「叶ったという物的証拠」がある、というわけではありません。

なにかしらの物体や人物、出来事などを見て、勝手に本人が叶った証拠だと思うようになる、というだけのことですから、

確固たる物的証拠のようなものがあると思って探しても、見つかることはありませんよ~(;´・ω・)

 

 

あるものを見たとき、叶うと信じていない人にとってはそれが「叶っていない証拠」に見えます。

叶うと信じている人にとってはそれが「叶った証拠」に見えます。

 

 

関連記事です↓

叶った状態になっているかどうかを、確認する方法はあるの?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識は、証拠探しをやめると現実を変えてくれる

看板

 

潜在意識の力は本当だ、という証拠がほしい?

 

今回は「証拠」についてのお話です。

潜在意識の力を使って夢を叶えたい、現実をより良く変えたい。

そう思って潜在意識のメソッドを試し、

「さぁ、これで現実は変わるかな?

本当に潜在意識の力が働いているなら、その証拠として何か現実に変化があるはずだ」

というふうに、現実の中に証拠を探そうとする方が多くいらっしゃるように思います。

ただ、そうして証拠探しをしている限り現実は変わらないので、やめたほうがいいよーというお話です。

 

 

証拠を探せば探すほど、潜在意識が証拠を隠す

 

「本当に潜在意識の力が働いているなら、その証拠として何か現実に変化があるはずだ」

これは、

「潜在意識の力が実在しているという証拠がほしい。

証拠が出てきたならば、そのときこそは本当だったと信じられる」

ということですね。

つまり、

「今はまだ、潜在意識の力が実在すると信じていない」

ということですよね。

少し言い方を変えると、

「今はまだ、潜在意識の力は実在しないと信じている」

ということです。

本当に実在すると信じているならば、実在するか否かを検証しよう、証拠を探そうとはしないはず。

実在すればいいなという期待はあるものの、心底では疑ってしまっている状態ではないかな?と思います。

 

 

「潜在意識の力はないと信じたままでいさせてあげよう」

 

引き寄せの法則は、その人の信じているものが潜在意識によって現実になるという法則ですので、

「潜在意識の力はないと信じている」

という状態で潜在意識がどう働くかというと、

「え、『潜在意識の力はない』と信じてるの?だったらそれを現実化しなきゃ!

よっしゃー任せろ、ちゃんと『潜在意識の力はないと信じたままでいられる現実』を作ってあげるからね!(`・ω・´)」

…というふうに働きます。

「あんたの力なんてないんじゃないの?」と疑われ失敬なと怒るかと思いきや、

「そっか、俺のこと疑ってるならずっと疑ったままでいられるようにしてあげないと!」

とはりきってお仕事を始めるのですから、潜在意識ってなんだかヘンな意識ですよね~(;^ω^)

 

 

うっかり「潜在意識の力がある」という証拠など見せてしまっては、その人は潜在意識の力を信じるようになってしまうかもしれません。

なので潜在意識は全力で、証拠を隠して見えないようにします。

現状を変えるためのきっかけや、夢を叶える良い方法、問題を解決するための手段…、

そういったものを隠してその人が気づかないようにしてしまう。

そうしておけばその人は、

「現実になにも良いことが見つからない。なにも良い変化がないってことは…やっぱり潜在意識の力なんてないんじゃないの?」

と、潜在意識を疑ったままでいられますよね。

 

 

「今は信じていないが、証拠が出てくれば信じよう」

…というふうについ考えがちなのですが、信じていないなら、証拠は潜在意識が隠しますので出てくることはありません。

熱心に証拠探しをするということは、それだけ熱心に潜在意識を疑ってしまっているということ。

証拠探しをすればするほどに(潜在意識を疑えば疑うほどに)、潜在意識は「そのまま疑っていられるように」と証拠を隠してしまいます。

証拠は、探すかぎり見つけることはできないんです。

 

 

先に潜在意識を信じることでしか、証拠は見られない

 

では、どうすればいいのか?

これは昨日の記事でもお話したように「立ち位置を変える」ことをすればいいですね。

 

 

「私は潜在意識を信じていない」

という立ち位置に立っているから、潜在意識がその立ち位置を守ろうとして証拠が隠されてしまうわけですので、

「私は潜在意識を信じている」

という立ち位置に立ちなおす。

そうすれば潜在意識のほうが、

「えっ、俺のこと信じるの?

だったら今まで隠していた『潜在意識はあるという証拠』をちゃんと見せてあげないと!ほーれ、証拠だぞー!(*´▽`*)」

ということで、今まで見えなかった夢を叶える良い方法、問題を解決するための手段などが見えるようになってきます。

そうして証拠が見えれば、

「やっぱり私の信じていることは間違いじゃなかった!」

と、潜在意識を信じているという立ち位置を守れますよね。

証拠が出るから信じるのではなく、信じるから証拠が出るんです。

 

 

立ち位置を変えれば、潜在意識は必ず証拠を見せてくれる

 

「証拠が出れば信じますが、出ないので信じられません」

という言葉を聞くと、私はなんだか「暗記シート」を思い浮かべちゃいます。

問題集とかについている赤色のシートのことです、あの赤色のシートを答えの上にかぶせると、答えが隠れて見えなくなりますよね。

あの暗記シートで問題の答えを隠し、

「答えが見えればシートをはずしますが、見えないのではずせません」

と言っているみたいだなって思うんです。

 

 

「潜在意識を信じていない」

という立ち位置に立った瞬間から潜在意識は、

「ほんなら、潜在意識の力を信じてしまいそうなものが見えてしまわないように、証拠を消すフィルターかけとくね」

みたいな感じで、フィルターをあなたの目の前にかけてしまうんだ、と想像してみてください。

あなたは証拠を見ることができないフィルターを通してしか現実を見ていないので、現実に証拠を見つけだすことができない。

 

 

証拠が見たいなら、フィルターをはずすしかありません。

つまり、上に書いたように「私は潜在意識を信じる」という立ち位置に変え、潜在意識に、

「あ、じゃあ証拠が見えるようにフィルターはずすね」

としてもらうしかないのですが、立ち位置を変えようとしないままに、

「証拠が見えれば、私は立ち位置を変える(フィルターをはずす)んだ」

と思いつづけている方が多いように思います。

 

 

なんだかその、

「証拠が見えれば、証拠を見えなくしているフィルターをはずします」

というのが、

「答えが見えれば、答えを見えなくしているシートをはずします」

というのと似てるなーって思うんです、それでは順序が完全に逆になってしまっているじゃないか…と。

なので、現実に証拠探しをしてしまうという方は、ここでぜひ!肝に!銘じて!おいて!ほしいと!思います!

(「!」の多さから私の気合いを感じ取って!)

 

 

 

 

 

「暗記シートをはずさないと答えは見えない」

 

 

 

 

 

ですよ!m9(`・ω・´)ビシッ!!

証拠を見ようとする前に、

「私はこれからは、潜在意識の力を信じるのだ」

という決意をするんです。

そう決意すれば、それだけで立ち位置は変わったことになり、フィルターははずれます。

昨日もお話したのですが、立ち位置が変わって見えるものが変わらないということなどありません。

あなたがフィルターをはずしたならば、必ず現実に証拠を見る日が来ますよ(*´ω`*)

 

 

証拠が出るから信じるのではなく、信じるから証拠が出る。

 

 

今回の内容と似ているのですが、以前に、

「あなたの持っている前提(立ち位置のこと)が現実化するのだから、前提が何よりも大事」

という記事を書いたことがあります。

お正月に書いたものなので明けましておめでとうとか書いてありますが、

よければこちらの記事も参考にしていただけると嬉しいです↓

★潜在意識は、あなたの「前提」を必ず叶える★

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ