潜在意識の好転反応で風邪を引く理由、3つについて。

風邪

 

潜在意識が変わると好転反応が起き風邪を引く?

 

今回は、好転反応についてです。

引き寄せでは、

「潜在意識が良い方向に変わってくると、風邪を引く・熱が出るなどする」

と、一時的に体調が悪くなると言われることがあります。

本当に潜在意識が変わると、好転反応のせいで風邪引いちゃったりするのかな…?

と思っている方へむけてのお話です。

 

 

まず、

「潜在意識が変わってくると、絶対にみんな好転反応が起きて風邪ひいちゃうよ!」

とかいうことはありません。

みんな例外なく風邪引くとか怖すぎるね、さすがにそんなことはないです(;^ω^)

どっちかっていうと風邪の症状は出ない方のほうが多いと思います。

私はサイトを運営してたりメルマガ書いてたりしますので、

読んでくださっている方からメールをいただいてお話を聞くこともよくありますが、

潜在意識が変わってきたころに好転反応で風邪を引いた・熱が出たという方は非常に少数です。

 

 

でも、少数とはいえ好転反応を起こして風邪を引いたりする方はどうしてそうなるんでしょうか?

私が思うに、風邪を引く原因は主に3つです。

 

 

潜在意識が「風邪を引く」という思考を実現

 

潜在意識の好転反応として風邪を引く理由のひとつめ、それは、

「本人が『私は風邪を引く』と強く信じ込んでいたから」

です。

 

 

プラシーボ効果、というのは聞いたことがあるかもしれません。

別に薬でもなんでもないものを、

「とってもよく効くお薬ですよ!」

と伝えて飲んでもらうと、実際は薬じゃないんだから治るはずないのになぜか本当に治っちゃう、というもの。

潜在意識下で「私は治る」と信じ込んでいるので、その思い込みが実現して治っちゃうということですね。

 

 

これとは逆に、

「この薬を飲むと、強い副作用があります!」

と伝えて飲んでもらうと、実際には薬ではないものを飲んでいるにもかかわらず体調を崩すこともあります。

こちらは「私には不調が起きる」と信じ込んでいるためにそれが実現してますね。

こちらのことを「ノシーボ効果」と言うのですが、

風邪を引く方の一部は、このノシーボ効果で風邪を引いてるんじゃないか?と思います。

 

 

書籍やサイトなどで、

「潜在意識が変わると好転反応がある、風邪を引いたりする」

という文章を読んで、

「きっと私もそうなるのでは…そうなるに違いない」

と強く信じたり、

「そうなったらどうしよう…嫌だ嫌だ…」

と強く怯えて風邪についてずーっと考えちゃってる状態だったりとかだと、これって、

「私はこれから風邪を引く・好転反応が起きる」

と自分に暗示をかけてしまっているようなものですので、その自己暗示が潜在意識によって実現されてしまうパターンです。

 

 

実は潜在意識の好転反応ではないパターン

 

風邪を引く理由の2つめは「錯誤相関」です。

錯誤相関ってなあに?というとこれは、

「関係のない2つの事柄を、関係があると思い込んでしまうこと」

を言います。

 

 

実は風邪を引いたのは単に体調管理をおそろかにしていただけで潜在意識とは関係がないのに、

「こ、こ、これは潜在意識の…!?好転反応だ!そうに違いない!」

と2つを関連付けて、そうに決まっている!と思い込んでしまう状態ですね。

これは潜在意識の好転反応というよりは、ただの風邪をあとから好転反応だということにした、

ということなので、好転反応とは言えないんじゃないかな?というふうに感じます。

 

 

ただ、

「そう信じている方にとってはそうなんだから、他人がどう思おうがその本人にとっては好転反応による風邪でしょ?」

と言われるとそうとも言えます。

 

 

潜在意識の変化により、ストレス性高体温症に

 

3つめの風邪を引く理由は心因性のものと思います。

よく「頭を使ったら知恵熱が出た」とか言いますよね、

こうして、普段しないことをするとそのストレスとかで発熱、倦怠感など風邪と似た症状が出ることがあります。

 

 

引き寄せを実践し潜在意識が変化してくると、

今までにない考え方をしたり、今までにない行動を取るようになったり、

人間関係など周りの環境が変わったりするようにもなります。

それに対して本人も無自覚のうちにストレスがかかってしまっていて、風邪と似た症状が出ているのでは?と思います。

 

 

これもまた、

「そのストレスを感じるようになったきっかけは引き寄せの実践なんだし、

それなら引き寄せの好転反応による風邪だね」

とも言えますし、

「心因性のストレスがかかったら風邪と似てる症状が出るというのは、

引き寄せを実践していない・潜在意識が変わっていない人にもあることだし、引き寄せの好転反応ではない」

と言うこともできます。

 

 

好転反応による風邪は、引くと信じない限りは引かない

 

この3つの理由の中で2つめと3つめは、

「解釈によって好転反応と言うこともできるし、言わないこともできる」

みたいな感じですね。

唯一1つ目が、

「風邪を引くと思考したのでそれが現実になった」

わけなので…思考が現実になるという潜在意識の力によって起きた風邪と言えるかなーと思います。

 

 

ただこれって裏を返せば、

「私は別に、好転反応で風邪を引いたりしない」

と思考している人は、その思考が潜在意識によって現実になるので風邪を引くことはないということでもあります。

風邪などの好転反応が起きてほしくないという場合には、

「そんなの、私には起きないもんね!」

と思考することで回避できると思いますよ(*´ω`*)

 

 

好転反応により風邪を引く理由。

①風邪を引くという強い思い込みが現実になる

②風邪と潜在意識に関連はないがあると関連づけて考えている

③気づかないうちにストレスがかかり風邪と似た症状が起きる

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

岡野真・引き寄せの法則の教材一覧

★今度こそあなたは変われる。夢を叶える引き寄せRevolution★

「これさえ読めば誰でも変われる!というような、引き寄せのバイブルのようなものを作れないかな?」

と思い制作したものです。

 

●なぜあなたの人生は今のようになったのか?

●なぜ強く変わりたいと思っても変われないのか?

●変えていくためには何が必要なのか?

 

ということをはじめ、潜在意識を活用し、引き寄せの法則で変わるために大切なことをたくさん盛り込みました。

ご購入後は、無期限であなたをサポートいたします。

教材を読んでわからない箇所などがあれば、いつでもメールフォームからご質問ください。

 

詳しくは下記の画像をクリックしてください。

 

 

★3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation★

引き寄せでは「瞑想をすると引き寄せる力が強くなる」と言われることもありますが、

これは瞑想によって人間の不安や恐怖が消えやすくなり、意志が強くなる(願望を実現しようとする力が強くなる)ことが理由です。

その瞑想の詳しいやり方や具体的な効果などについてと、

 

●今日やるべきことにしっかり取り組めるようになる簡単なワーク

●未来の不安を手放せるようになるワーク

●やる気が上がり、憂鬱な気分から解放され今に集中できるようになるワーク

●自分自身の弱さを受け入れていくワーク

 

について書きました。

これをすれば、あなたの性格は3時間で変わりはじめる…!?

 

 

★アファメーションの効果アップ。あなたを声で導きます★

「アファメーションをしているのに効果がない」

という方がとても多いため、効果を出すためにはどうすればいいのか?

などについての解説をいたしました。

潜在意識を活性化させるための誘導音声も作りましたので、

音声の誘導するとおりにすれば、アファメーションの効果が出やすくなります。

 

 

★21日間であなたは変われる。怒りをコントロールする方法★

引き寄せの法則ではよく、

「ネガティブは悪いものを引き寄せます」

と言われます。

確かにそのとおりではありますが、

「ネガティブはダメだとわかっていてもどうしても怒ってしまう」

という方がとても多いため、怒りの感情をコントロールするためにはどうすればいいのか?

についてまとめました。

簡単なプログラムを行うことで、あなたが怒りに支配されることはなくなります。

 

 

お申込み前にお聞きになりたいことがある場合は、メールフォームからお気軽にどうぞ。

 


 

ここから下は私が制作した教材ではなく、私が購入し、

「良いものなので、きっとみなさんの役にも立つ」

と感じた教材のご紹介です。

☆復縁大学 5STEP☆

復縁をしたい相手がいる方へ向けてのプログラムです。

とても具体的に何をどうするのかが書かれていて、

「これに沿ってやっていけば、それだけでOK」

という内容になっているところがおすすめです。

詳しく感想を書いた記事がありますので、以下からどうぞ↓

 

 

☆精神的な弱さを改善する方法☆

「自分に自信がない、弱い自分を変えたい」

「物事に取り組むやる気を出したいのに出ない」

という方に向けてのプログラムです。

内容がわかりやすく、実践するワークも「絶対に誰にでもできる」というほどとてもシンプルなもの。

ごく簡単なワークを行うことによって自信がつき、潜在意識の状態がより良く整ってゆきます。

こちらのプログラムには、私からの特典もついています。

 

 

☆お金のキラービリーフ解消プログラム☆

「キラービリーフ」とは、負のメンタルブロックのことです。

潜在意識下にお金が増えないようなキラービリーフ(メンタルブロック)があると、

そのキラービリーフが現実に反映され、お金が増えなくなってしまいます。

このプログラムでは、あなたの持っているキラービリーフが具体的にどのようなものなのかを見つけ、それを解消していきます。

 

 

☆潜在意識をコントロールする音響☆

聴くだけで、潜在意識が望むものに向かう力が強くなる音響です。

「なぜ聴くだけで効果があるのか?」

という説明は、以下で詳しくしていますのでご覧になってみてください↓

 

 

 

 

タグ:  

カテゴリ:その他 

引き寄せの「根拠のない自信を持ちなさい」ができない方へ。

自信

 

引き寄せで最も大切なのは根拠のない自信

 

今回は、引き寄せの法則で何よりも大切なものはなにか?についてです。

それは間違いなく、

 

 

 

 

根拠のない自信

 

 

 

 

です。

引き寄せは思考が現実になる法則ですので、

できると思考すれば、それが現実になって本当にできるし、

できないと思考すれば、それが現実になって本当にできない。

のであれば、できるようになりたいなら「できると思考する」ことが必要ですよね。

できると思考する…、つまり自分を信じろ、自信を持てということ。

この自信がない限り「できる」は現実化しえないのですから、

引き寄せで絶対に必要なもの、なによりも大切なのは自信です。

 

 

「根拠もないのに自信は持てない」は嘘

 

けれどここまで読んだあなたの心の中には、

きっとこんな気持ちがあるのではないでしょうか?

「まぁ、引き寄せの『思考が現実化する』っていう理屈から言うとそうなのはわかるけど…。

でも、根拠のない自信なんて持てないよ。

何の根拠もなしに、どうやって『自分はできる!』なんて自信を持てるの?」

という気持ちが。

 

 

そう、たとえばすごく才能があるとか、頭がいいとか、めちゃ美人とか運動神経が抜群にいいとか、

なんかそういうふうに「自分はすごいんだ」と思えるような根拠となるようなものがあるならともかく、そういうもの一切ナシでいきなり、

「自信を持て!」

って…。

そんな根拠のない自信が持てるなら、ハナっから苦労してないよー…って感じるんじゃないかと思います。

 

 

「自信がないこと」に根拠のない自信がある

 

だけど、

「根拠もないのに自信は持てません」

という方も、ひとつだけ絶対的な根拠のない自信を持っていると私は思うんです。

「自分は自信がない」ということに、絶対の自信を持っています。

なんの根拠もないのに「自分はできない」と固く信じているんです。

 

 

これを聞くと、

「いや、できないってことになら根拠はある!

たとえば、私は学歴もないし、給料も安いし、スタイルも良くないし、

スポーツもできないし…これってみんな、できないという根拠でしょ?」

と思ったかもしれませんが、よーく考えてみてください。

確かに一見、まるで「根拠っぽいもの」のようには思えますが、

実際にはできないという根拠でもなーーんでもないです。

では、高学歴の人しか自信はないのか?

給料の高い人しか自信がないのか?

スタイルの良い人しか自信がないのか?

顔の良い人はみんなすべて自信があるの?

運動神経の良い人はみんなすべて自信があるの?

というと、そうではないですよね。

 

 

実は、自信がない・私はできないということに根拠なんてない。

しかし根拠もないのに、できないと信じている。

それは、「私はできない」ということに根拠のない自信を持っているということ。

その自信が現実化するからできないんです。

 

 

引き寄せは必ず「思考→現実」の順である

 

人はつい、

「私は学歴がない、学歴がないという現実(根拠)があるから自信が持てない」

と考えますが、これだと、

「学歴がないという現実がある→自信がないと思考する」

だから「現実→思考」の順になっています。

 

 

でも、引き寄せって「思考→現実」の順ですよね。

本当は、

「私は学歴がないから、自信がない」

ではなく、

「私は自信がないから、学歴がないことが気になる」

なんです。

まず最初に「自信がない」という根拠のない自信(思考)があり、

その自信を裏付ける根拠として、あとから根拠っぽい感じがするもの(学歴がない)をひっつけてるんです。

 

①私にはできない、という根拠のない自信がある。

②潜在意識はその強い自信(強い思考)を現実のものとするために、

「できない根拠だと思えそうなもの」

「自信がないままでいられそうなもの」

をあなたの目に留まらせて、あなたを気に病ませる。

③気に病んだあなたは自信を持てずできないまま。

つまり「できない」という思考が現実になっている。

 

です。

 

 

「できない自分」に自信があると、どんなものでも「できない根拠」に見える

 

この状態ですと、仮に学歴があるとかすっごくスタイルが良いとか…、

一般に「すごい!」と言われるようなものを自分が持っていたとしても、自信を持つことはできません。

 

 

たとえば人から、

「頭がいいんだ、才能あるんだ、すごい!」

「ほんとうにモデルみたい!きれいだね!」

と言われても、

「みんながすごいと思ってるのは私そのものじゃなくて私の学歴にすぎない…。

学歴がなければ誰も私なんかに見向きもしてくれないに違いない」

「みんな、私の見てくれを褒めてるだけ…。

実際には私が大した人間じゃないって知ったら、きっとみんな私を見捨てるんだ」

というふうにしか思考できない。

学歴があってもスタイルが良くても、それを「自信が持てる根拠」とは思わず、

むしろ、

「みんな私の学歴でしか私を判断してくれないから、自信がない」

「みんなが私の見た目しか見てくれないせいで、自信がない」

というふうに、高学歴・スタイルの良さを「自信が持てない根拠」としてあげるようになります。

 

 

自信がなければ、どんなものでも自信がない根拠にしか思えなくなります。

どんなものでも根拠として持ち出してきて、

「だから私は自信がないのだ」

と、自信のなさへの自信を持ち続けようとします。

できないという信念…「私はできない人間だという根拠なき自信」を、人はそうして貫き通そうとします。

そうして必ず、自分の信念(根拠なき自信)は現実になる。

それが引き寄せの法則。

 

 

人は必ず根拠のない自信を持つことができる

 

「根拠のない自信なんて持てない」ということは、本当はありません。

だって、あなたはすでに自分に自信がないということに、絶対の根拠のない自信を持てています。

根拠などなくても、「ただそうだと信じる」ということができているんです。

「私は既に、『根拠なき自信』というものを持つことができているんだ」

「その根拠のない自信が現実化して、私は自信がないままなのだ」

この2つの事実に気づいてください。

 

 

とっても多くの方が、

「○○という根拠があるから→自信がない」

と考えますが、さきほども言ったとおり、これだと引き寄せとは真逆の「現実→思考」です。

引き寄せはあくまでも「思考→現実」ですから、

「自信がないことに自信があるから→○○が根拠のように思えるのだ」

と意識してください。

 

 

この2点についてじっくりと考えてみて

 

急にこう言われてもいきなりは腑に落ちないかもしれませんが、

 

①私は既に根拠のない自信を持てているのだ

②自信が先で根拠は後なんだ

 

この2点について、よーく考えてみてほしいなって思います。

この2つが「そうだな」と腑に落ちれば、

「では、次は同じように『できる』とただ信じればいいんだ」

「その自信があれば、自信を裏付ける根拠となるものが見えてくるんだな」

ということも腑に落ちますよ(*´ω`*)

 

 

あと、

「いやいや…。私にはどうしても根拠のない自信なんて…持てそうにない…」

という方のために、具体的にどうすれば根拠のない自信を持てるようになるのか?

「私はできる」と信じられるようになるのか?

について書いたものもありますので、こちらもご覧になってみてください↓

 

 

 

「できるという根拠があるから自信が持てる」わけではなく、

「自信を持つと決めるとできるという根拠が見えてくる」です。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

ありがとうで起きたこの奇跡、潜在意識とどう関係している?

花

 

ありがとう5万回で奇跡が起きる理由

 

今日は、昨日に引き続き「ありがとうの奇跡」についてです。

ありがとうと2万5千回唱えると涙があふれてくる。

そして、もうあと2万5千回唱えると奇跡が起きるという、小林正観さんのありがとうの奇跡。

奇跡が起きるまでの流れを説明すると、

 

①潜在意識に不平不満がある

②ありがとうという言葉を繰り返して潜在意識に変化を与える

③変わりはじめた潜在意識は不平不満ではなく、

「ありがとうと思えそうなこと」

に注目しはじめる。

「ありがとうと言うことができそうな発言・行動」

もその人に取らせ始める

④日常に感謝するような出来事が増える

⑤本人は自分の潜在意識が③を行っていると自覚できないため、

「自分ではなにもしていないのにありがとうと唱えたら事態好転した、まるで奇跡だ!」

と感じる

 

というものでした。

奇跡、といっても実際には自分で事態が良くなるような行動を取っている。

しかしそれはあくまで潜在的に取ってしまう行動なので、本人には意識することができない。

自覚のない本人にとってはまるで奇跡であるかのように感じるというのが昨日のお話でした。

では今回は、

 

①計5万回の途中で不平不満を口にすると、それまで唱えたありがとうがリセットされて奇跡が起きなくなるって本当?

②一気にぶっつづけでありがとうを唱えた人が、本当に途中で涙が出てくる理由

 

についてです。

 

 

潜在意識はすぐに元の状態に戻りたがる

 

まず、

 

①計5万回の途中で不平不満を口にすると、それまで唱えたありがとうがリセットされて奇跡が起きなくなるって本当?

 

についてのお話ですが、これに関しては、

「本当だと言っても過言じゃないだろうな」

と思います。

 

 

たった一度の「つい」が潜在意識をもとに戻す

 

確か正観さんは著書の中で、

「途中で愚痴や悪口を言うと、それまでカウントされていたありがとうが『チーン!』と音を立ててゼロに戻る」

という表現を使ってましたが、さすがにこれはものの例えで実際にそんな摩訶不思議な奇跡のカウンターがあるわけではないと思います(;^ω^)

そうではなくて、

「たった1回愚痴を口にしてしまっただけでも、潜在意識は元の状態に戻る」

ということ。

 

 

もともと潜在意識には「現状を維持しよう」というものすごく強い働きがあります。

そのため、その人の潜在意識下に強い不平不満がある状態ですと、潜在意識はその状態を保とうとします。

そんな状態を保たれては困るってんで「ありがとう」という言葉を使い潜在意識を変化させようということですが、

この現状維持の働きはかなり強烈なので、ありがとうと連呼して潜在意識を変えようとしていても、

途中で言ってしまった1回の愚痴などで一気にもとの状態に引き戻されることはありえます。

 

 

そうだな、よく禁酒や禁煙をしている人が、

「一杯だけ…一本だけ…!」

と言ってたった一度のつもりで酒や煙草に手を出すことがありますが、

そういうのって本当に一杯だけ・一本だけでやめる人ってそうそういないですよね、

大概はそのたった一度を皮切りに、一気にまた元の状態へと戻り飲酒や喫煙を再開してしまいます。

なので、そんなたった一度はやらないほうがいい。それと同じです。

潜在意識は不平不満の中毒になってるような状態ですから、

そこから脱しようとしているときには、中毒状態に引き戻されるような言葉は口にしないほうがいいよ、ということですね。

 

 

そうして一気に潜在意識が元の状態に戻るというのは、

「カウンターがチーン!と音を立ててリセットされてしまう」

と表現しても良いかもしれません。

「ありがとうがリセットされて奇跡が起きなくなる」

というのは、

「潜在意識が元の状態に引き戻されますよ」

ということだととらえてみてください。

 

ありがとうで起きる奇跡体験の正体は?

 

では次に、

 

②一気にぶっつづけでありがとうを唱えた人が、本当に途中で涙が出てくる理由

 

についてです。

ネットなどを見ていると、「一気にやるぞ!」とぶっつづけで唱えた、

そうすると本当に途中から不思議な気持ちになったり、

喜びがあふれてきて涙が出てきた、といった体験談もあります。

これは、

「本当にありがとうの言霊の力で奇跡が…!?」

と思うような体験ですね。

で、これに関してなんですが、たぶんトランス状態に入ってるんじゃないかと思います。

 

 

わりと簡単にトランス状態は起きる

 

「トランス状態」なんて言葉を聞くと、覚せい剤とか使って頭がおかしくなってるような状態を想像するかもしれないですが、

トランス状態ってわりと幅広くいろいろな状態のことを言うんですね、

別に覚せい剤とか使用しなくても自分でその状態になることはできますし、

自分でやった場合は、危険を伴うようなことはありません。

せいぜいちょっとふわふわして気分がいいとか、そんなものです。

 

 

おそらくはありがとうの連呼によって一種の催眠がかかったような状態に入り込み、

それでちょっと恍惚とするような感覚や涙が出るといったことが起きるのかなーと思います。

一度こういう体験をすると「すごい!」と思い、

その後の「ありがとう」には熱が入りますよね、きっと。

そうすると不平不満の中毒でいるような潜在意識は、熱のこもったありがとうにより変化しやすくなる。

これが、

「2万5千回言ったくらいで涙が出て、その後もありがとうを唱え続けると奇跡が起きる」

ってことかなと思います。

 

 

奇跡と思える体験をしてもあまりのめりこまないで

 

トランス状態に入ると恍惚としたり、ときおり幻覚を見ることもあります。

(幻覚といっても体に悪影響はないです、ホルモンの影響とかで一時的にそうなるだけなので)

これ、トランス状態に入ることがあるってことを事前に知らずにそういう体験をすると、

「奇跡体験をした!」

「神からお告げが来た、宇宙からのインスピレーションが降りてきた!」

と思う方もいます。

そうして、自分は未知なる世界とつながれたのだと思い込み、

そこからどっぷりと宗教の世界に入り込む方とかもいますが、

個人的にはここまでいくとちょっと、うーん?と思いますね(;´・ω・)

 

 

なんだろ、幽霊をなんとなく信じてて、怪談話でキャー怖い!とか盛り上がるのはいいと思いますけど、

本気で心霊の世界に入れ込んで何をするにも霊媒師や占い師に高額のお金を払って聞いて…、

とかになるとちょっといき過ぎてる感じがして怖いってのと似てるかな。

別に幽霊信じててもいいけど、ほどほどにいい感じに信じていればいいものだと思うのと同様、

ありがとうの奇跡や神様に対しても、

「ほんとにそういう神様がいて、奇跡が起きたら素敵だね♪」

程度に楽しく信じてありがとうを唱えているぶんにはいいですが、

目の色変えて「私に奇跡を!奇跡を!!」とかはまりこむようなことはないほうがいいかなって思います。

そういう人を「ありがとう教の信者」と揶揄する言葉もありますが、言い得て妙だと思う…(;^ω^)

 

 

「ありがとう」で起きたトランスに悪影響はない

 

ありがとうの連呼によって一種のトランス状態に入っても、体に危険はありません。

なので、自分からトランス状態を作ってありがとうを唱えたり、アファメーションをするのはアリだと思います。

実際私は、

「どうせアファメーションするなら普通の状態でやるよりも、

トランス状態でやるほうが潜在意識が書き換わりやすいから」

という理由で、早くトランス状態に入るための誘導音声を作ってるくらいですので、

自分の人生に有効活用できるのであればすればいいとは思うんですね。

ただ、あくまでもこれは、

 

○潜在意識は繰り返しによる刷り込み学習をする

○潜在意識はトランス状態のときのほうが学習が早い

 

という特性を利用したひとつの方法である、ということを理解してやってほしいなーと思います。

べつに超常的な何かではないよー。

 

 

ということで、「ありがとうの連呼で本当に涙が出る」ってのは、

自らに軽い催眠をかけた状態になるために起こることでは?というお話でした。

害はないので、興味があったらやってみても良いと思いますよ(*´ω`*)

ちなみにさっきちょっと話した誘導音声はこちら、こちらも興味があったら見てみてください↓

 

 

 

 

不満を一度口にするとありがとうがリセットされるというのは、

潜在意識が一気に元の状態に引き戻されるということ。

ありがとうを唱え続けて涙が出る体験は、ある種のトランス体験。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

ありがとうをひたすら唱えるとなぜ奇跡が起きるかについての解説。

デイジー

 

ありがとうをひたすら唱えるだけで、奇跡?

 

今回は「ありがとうの奇跡」についてのお話です。

ありがとうの奇跡…これは小林正観さんがお話したことです。

具体的には、

「ありがとうを2万5000回ひたすら唱えると涙があふれだす。

さらにあと2万5000回唱えて、合計で5万回になったあたりで奇跡が起きる」

というもの。

あるいは、

「年齢×1万回のありがとうを唱えると奇跡が起きる」

ともお話されています。

このありがとうと唱えるということに関しては他にも、

1000回唱えると良いとか、1万回とか5万回とか、

10万回とかいろいろな説がありますけれど、まぁ要は、

 

 

 

 

とにかくめっちゃ多くありがとうをひたすら唱える

 

 

 

 

ということですね。

ではこれは本当に効果あるのか?について解説していこうと思います。

 

 

「ひたすら唱える」は潜在意識を変える王道のやり方

 

この「ありがとうをひたすら唱える」というのは確かに効果があると思います。

既に何度かサイトでお話したことがあるので、

前から読んでくださっている方はもう知っていることかもしれませんが、

人間の潜在意識は「繰り返しによる刷り込み」でしか物事を学習できない意識です。

なので、自分の潜在意識を変えたいのであれば繰り返すしかない。

ということで繰り返しましょうや!というのがアファメーションですね。

自分のなりたい姿になれるとか、夢を叶えられる!とひたすら唱えることで、

「なれる・叶えられる」ということを潜在意識に学習させるという方法です。

最初は人生に不平不満がある状態でも、

ありがとうという言葉をひたすらに唱えることで、

潜在意識は徐々に「ありがとうと感謝すること」を学習します。

 

 

潜在意識が「ありがとう」を学習するとどうなる?

 

ひたすらの反復によって潜在意識に「ありがとう」が刷り込まれて変化すると、

人は日常の中で無意識的に、

「ありがとうを言えるようなもの・感謝するようなこと」

にフォーカスして行動するようになります。

よって、日常にはありがとうと言いたくなるようなこと・感謝するような出来事が増えだします。

 

 

ただ、このような変化はあくまでも潜在意識からのもの…、

つまり自分では意識できないものです。

そのため、

「私はいま、ありがとうに関連することに注目している!」

「ありがとうと言うことができるような出来事を起こすために発言・行動しているッ!!」

というような自覚は持つことができません。

(あとから注意深く自分の行動を思い返せば気づける場合もありますが、通常はいちいちそこまで自分の行動って気にしないものです)

本人には「ありがとうと思えるような出来事を自分で起こした」という自覚ができないんです。

 

 

すると、その本人はどう思うでしょうか。

「私はなにもしてないのに、ありがとうとひたすら唱えるだけで事態が良くなった!

まるで奇跡だ!」

って感じますよね。

 

①潜在意識下に不平不満がある状態。

②ありがとうをひたすら唱える。

③潜在意識は刷り込み学習により「ありがとう(感謝すること)」を覚える。

④日常で不平不満よりも感謝する出来事に無意識的に注目するようになる。

感謝するような出来事を起こすような行動を無意識的に取りはじめる。

⑤事態が良い方向へいき、不平不満を言いたくなるようなことがなくなる。

⑥しかし本人は④の部分を意識できないために、

「自分では何もしていないのにありがとうをひたすら唱えただけで事態が好転した、ありがとうの奇跡だ」

と感じる。

 

というのが、

「ありがとうをひたすら唱えると奇跡が起きる」

ということの実際の流れかと思います。

 

 

前にホ・オポノポノに関しての話をしたときにも言ったのですが、

ホ・オポノポノも、ありがとうをひたすら唱えると奇跡が、というのも、

潜在意識を変えるためのアファメーションの一種だと思います。

 

 

ありがとうをひたすら唱えるときは心はこめなくていい?

 

小林正観さんのありがとうの奇跡も、イハレアカラ・ヒューレン博士のホ・オポノポノも、どちらにも共通しているのが、

「ありがとうと唱える際、心はこめなくていい」

という点です。

次はこれの点についてお話してみます。

 

 

最初から無理をしなくていい、という趣旨の言葉である

 

えーと、これはですね…。

私も、最初は心をこめなくてもいいと思います。

ただこれって、

「最初は心がこもってない状態から始めてもいいよ」

「突然『心からの感謝の気持ちを持ってやろう!』とか気負わなくていいよ」

というだけであって、決して、

「心をこめないことを推奨している」

「いつまでもいつまでも心をこめないままでただひたすら唱え続けるのが正しい」

とかそういうわけではないです。

 

 

正観さんは、

「心をこめなくてもいいので2万5000回言うと涙が出てきて、

あとの2万5000回は本当に心をこめて言えるようになる」

というふうにも話していますが、つまりは最初の心をこめてない2万5000回のほうって、

本当に気持ちをこめて言えるようになるための前段階みたいなものだと思います。

最終的には心がこもってるほうに持っていきたいわけですよね。

やはり、心が伴わないのと伴っているのを天秤にかければ、そりゃ伴ってるほうが良いです。

 

 

とは言っても、潜在意識下に強烈な不平不満を抱えた人間には感謝は感じられない。

感じられない人に対して本物の感謝を感じろ、心をこめなさいと言っても難しいので、

いきなり難しいことをやろうとするのではなく、

とりあえずは心はこめなくていいからとにかくありがとうと唱え始めて、

潜在意識に揺さぶりをかけていく。

潜在意識が揺さぶられて変化していくと自然と心はこもるようになるよ、ということ。

 

 

ときおり、

「ずーっとひたすら唱え続けているけど効果がない」

という方もいますが、こういう方はえんえんずーっと数をこなすことのほうに意識が向いてしまっていて、

感謝することへの意識が希薄なために効果が出ないんだと思います。

やり方は「ひたすら唱える」というものではありますが、

あまりにも額面通りに受け止めて本当にただひたすら数をこなすだけ…になると、

潜在意識は「ありがとう」ではなく「数をこなすこと」に注目してしまうため、変化が訪れなくなります。

 

 

なので、心をこめなくてもいいっていうのはあくまでも、

「最初から、心からありがとうと言わなきゃ!なんて無理をしなくてもいいんだよ」

という意味合いであって、あまり本気で、

「ずーっと心こめなくていいんだ!ひたすら数だけこなしときゃ奇跡がやってきてくれるんだ!」

という解釈はしないほうがいいと思います。

 

 

では次は、このありがとうをひたすら唱える「ありがとうの奇跡」でよく言われる、

 

○唱えている最中で不平不満を口にすると、それまでひたすら唱えたありがとうがリセットされてしまうというのは本当か?

○一気に5万回唱えようとぶっつづけでひたすら唱えた人が、本当に途中で涙が出てくる理由

 

についてお話しようと思います。

ありがとうの奇跡について、続きを読む方はこちらから。

 

 

あ、あと最後に小林正観さんの著書をご紹介します。

数ある著書の中でもこれはかなり有名なものだと思います、

興味のある方はどうぞ、画像クリックで詳細に飛びます。

 

 

潜在意識は繰り返しによる刷り込みでしか変化しないため、

「ありがとう」をひたすら唱えるのは潜在意識を変えるために良い方法。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ