思考を止める効果なんて、本当にあるの?

脳

 

思考を止めると、うまくいく効果がある

 

今回は、思考を止めることの効果についてです。

引き寄せの話になると、

「あれこれ考えるより、思考を止めるほうが物事がうまくいきやすい」

「思考停止すれば、願望を達成できる」

と言われることがよくありますが、これは本当のことです。

では、なぜ思考を止めることにそのような効果があるのか?についてお話していきます。

 

 

思考を止めることでうまくいく理由とは?

 

まず、人間には顕在意識と潜在意識の2つの意識があります。

顕在意識のほうは、論理的に物事を考えるのが得意な意識です。

潜在意識のほうは、理屈ではなく直感で動き、ひらめきを生み出すのが得意な意識です。

 

 

人がなにかを達成したいと思って、

「そのためにはどうすればいいのだろう?」

といろいろ思考を巡らせているときには、顕在意識のほうを使っています。

一見、

「どうすればいいかをちゃんと論理的に考えるのは良いことでは?」

と感じますが、顕在意識を使って思考しているときって自分でも知らないうちに、

その思考にいろいろな制限がかかっていることがほとんどなんです。

人は生まれてからこれまでの間にさまざまな、

「これはこうすべき、あっちはああすべき」

「このような場合はこうするべきではない」

「これは絶対にこうに決まっているのだ」

などなどの固定観念を身に着けています。

自分では一生懸命に思考を巡らせているつもりでも、無自覚のうちに、

「こうしてはならない、ああすべき、これは絶対こうでなければならないのだ」

という枠の中にとらわれていて、その小さな枠内でしか思考することができていない…。

 

 

こういうときには、理屈にとらわれない潜在意識のほうに働いてもらったほうがよさそうです。

そうすれば固定観念を超えたひらめきが生まれたりするし、直感も鋭くなる。

うんうん唸って考えているよりも、なんだかうまくいきそうですよね(*´ω`*)

 

 

思考を止めると潜在意識が働きだす効果がある

 

ではでは、潜在意識に働いてもらうためにはどうすればいいのか?というと、

思考を止める…つまり顕在意識を使わなければいいです。

顕在意識と潜在意識は、同時に同じくらいの強さで働くということはなく、

どちらか片方を強く働かせればもう片方の働きは自然と弱まるようにできていますし、

どちらか片方を弱めてあげれば、自動的にもう片方が強くなります。

考えを巡らせて顕在意識を強く働かせているときは、

 

○顕在意識⇒固定観念ばりばりで考えてるでぇ!! ( ✧Д✧)カッ!!

○潜在意識⇒…ほんなら俺休むわ… ( ´_ゝ`)

 

…というふうに潜在意識が働かなくなってしまっている状態ですので、思考を止めることによって、

 

○顕在意識⇒俺ちょっと休むで… ( ´_ゝ`)

○潜在意識⇒ほんなら俺が!働いたるでぇえ!!(☼ Д ☼)クワァッ!! 

 

…と、自動的にこういうふうになるので、物事がうまくいく効果がありますよーということです。

 

 

ただし、思考を止める効果は自覚できないことのほうが多い

 

ただ、思考を止めることで潜在意識が(☼ Д ☼)クワァッ!! となったとしても、

自分ではそうなっている自覚がないことがほとんどです。

潜在意識は潜在している意識…つまり自分では働いていることがわからない意識のことですので、はっきりと、

「私の潜在意識が働いている!」

「アイディアが湧いてきている!!」

というふうにわかることはほぼありません。

ときどき、

「自分でもハッとするほどのアイディアが出た!」

というふうに自覚できるときも確かにあるのですが、大体は、

「なんか知らないうちにうまくいった」

「なんとなくこっちのほうがいいと思うほうを選んだらうまくいった」

などとものすごく漠然としていて、なんだか無自覚なうちにうまくいきます。

別に自分では何かした覚えもないのにうまくいく…ということで、引き寄せではよく、

「努力しなくてもうまくいく」

と言われたりしますね。

 

 

ただ、努力しなくてもうまくいく…なんて聞くと多くの方は、

「そんなわけあるか、物事は努力せねばうまくいかないはずだ!」

という固定観念にとらわれ、

「だからどうすればいいのか考えるべきだ!」

と思考を巡らせ始める、顕在意識を働かせ始める…つまり、潜在意識を休ませ始めます。

これではうまくいく効果は得られにくくなりますから、思考を止めるように心がけてくださいね。

 

 

効果があるのはわかったけど、思考を止める方法は?

 

ここまで読んで、

「それで、思考を止めるにはどうすればいいの?

物事を考えずにいろってことだよね?それってなんか難しそうなんだけど…」

と思った方もいると思いますが、思考を止めるのにおすすめなのは今今メソッドとか…、あるいはなにか、好きなことをして楽しむのがいいと思います。

人間、好きなことに夢中になっているときには自然に思考は止まっているものですから、その間は自動的に潜在意識の働きが強くなっています。

好きなことをする機会を多くするというのは、潜在意識が働く機会が多くなる、うまくいく機会が増えるということ。

そのため引き寄せでは、

「好きなことをするとうまくいく」

と言われることもありますね。

 

 

ここでまたまた、

「好きなことをしてうまくいくなんて話があるはずない、うまくいかせたいならちゃんと考えねば…」

と顕在意識を働かせたりせず、思考を止めるんですよ~、楽しいことをしてくださいね~(*´ω`*)

 

 

思考を止めると、潜在意識の力が強くなるのでうまくいく効果があります。

思考を止めるには、自分の好きなことをすること。

今今メソッドもおすすめです。

 

 

ちなみに今今メソッドは、思考を止める練習のようなものです。

よければ以下の記事も参考になさってみてください↓

★今今メソッドについて★

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

宇宙にオーダーして、効果がある人とない人の違いについて

宇宙

 

宇宙にオーダーするって本当に効果があるの?

 

今回は「願いを宇宙にオーダーする」についてのお話です。

引き寄せだとよくこの言葉が使われますよね。

で、宇宙にオーダーしたらあとは待つだけ、

通販で頼んだ商品が手元に届くのと同じ感覚で、

願いが叶うのを待てばOK,というふうに言われることが多いです。

これをもとにこんなサイトも作られてます、面白いからちょっと見てみて~(*´ω`*)

 

★宇宙通販サイト★

 

さてさてでは、この宇宙にオーダーすることの効果についてお話していきます。

 

 

「宇宙にオーダー」は「なる式」のひとつ

 

宇宙にオーダーする…これは701式マカロン式のような、

いわゆる「なる式」のひとつだと考えれば効果はあると言えます。

 

 

なる式というのは、最初に「私はこうなる」と決定してしまうというもの。

人間の潜在意識というのは、最初に「こうだ」と決めてしまったことに合わせて行動しはじめます。

1時にAさんと会うのだと決めれば、その未来に合わせて現在で「着替える」などの行動をしはじめますよね。

同様に、半年後に月収を倍にするのだと決めれば、その未来に合わせて人は現在で行動をしはじめます。

 

 

行動をしはじめるといっても自分で意識してやるわけではなく、潜在意識があなたにやらせてくることなので、やっている最中に「やってるぞ!」とかいう自覚は持てないことがほとんどです。

つまり、なると決めたあとは潜在意識が勝手にそうなるための行動を自分に取らせてくれるのだから、

自分でやることは「なると決めること」だけだ、というのがなる式です。

 

 

通販サイトの利用も、意識しないが実はなる式

 

宇宙通販ではなくて普通の通販サイトを利用するところを思い浮かべてほしいのですが、

たとえばあなたがどこかの通販サイトで洋服を一枚注文した(オーダーした)とすると、

これは「洋服が手元に届く未来を決定した」ということですよね。

あとはその未来に合わせて現在で行動することになります。

この場合、その未来を迎えるために現在で必要な行動はなにかというと「待つ」ということですよね。

待つという行動を取っていればその未来は迎えられる、と人は無意識に理解してるのでごく普通に待ちます。

通販サイトでものを買うなんていうのは当たり前のありふれた行動なので普段意識はしないと思いますが、

やっていることは引き寄せのメソッド・なる式にあたります。

 

 

ではまったく同じ要領で、仮に願いをオーダーすれば届けてくれるという宇宙通販サイトがあるとして、

あなたがそこに「月収を倍にする」と注文すれば、

それは「月収を倍にする未来を決定した」ということですよね。

あとはその未来を迎えるために必要な行動をすることになります。

先ほど言ったとおり必要な行動というのは潜在意識が判断してあなたに「ごく普通に」させてきますので、頭で一生懸命考えてなにかをしようとする必要はありません。

潜在意識に任せておけば、実際に月収が倍になります。

 

 

でも、やってるのはあくまで潜在意識ですから、自分ではなにかやったという自覚はない。

となると意識の上では、

「宇宙にオーダーしただけであとはなにもしてないのに願いが叶った」

という感覚になりますね。

「なると決めただけであとはなにもしなくても願いが叶う」

というなる式ですよね。

 

 

「宇宙にオーダー」の表現で、身近に感じられて効果が出る方も

 

なる式の難しいところは、

「なればいいだけなのでなってください」

と言われても感覚が伴わず、なるってなに?どうすればいいの?となるところだと思います。

でも、なるというのは実はごくごくありふれた行為。

みなさんが普段普通にやっている通販サイトでの商品オーダーだって実はなる式なんですから、

「叶った私になる!とか言われても…わからない…」

とか考えるより、

「通販サイトに願いをオーダーする」

と表現されたほうが身近に感じられてわかりやすくなり、自然になる式を実践できて効果が出る方もいると思います。

 

 

さきほど上で紹介した宇宙通販サイトを私も利用してみたのですが、

注文送信ボタンを押して、

 

この画面が出たら反射的に、

「注文完了した、もうすぐ届く」

という、通販サイトで注文完了後に感じるのと同じ感覚がブワッ!と生まれて驚きました。

私はよく通販を利用するので、多分この注文完了画面を見ると「届く!」って反射的に思うようになってるんでしょうね。

これは通販をよく利用する方ほど効果ありそうだな~と思いました。

ぜひやってみてください、注文完了後に湧いたその感覚が、なる式の「なった感覚」です。

 

 

引き寄せの法則とかなる式とかいうと、なにか不可思議なものと考える方も多いのですが、

人間の脳が「こうだ」と決めたことに沿った行動を取り始めるなんてことは、

もうとっくに脳や心理の研究の結果明らかになっていることでいまさら疑うことでもないと思うし、私はなる式の効果については疑ってません。

なので、宇宙にオーダーするというのをなる式の一つだととらえるなら、

宇宙にオーダーすることにも効果はあると思います。

 

 

宇宙にオーダーの効果が出るか否かの分かれ目はここ

 

そうそう、詭弁さんという方の言葉にこのようなものがあります。

 

メソッドは「自分の現実に対する認識」を変えるためのものであって、
「現実」を変えるものではないわけだ。

メソッドで「現実」を変えようとするなら、
「自分の現実に対する認識」からの逃避、すなわち現実逃避に他ならない。

 

めっちゃうまいこと的確に表現してあるな…。

宇宙にオーダーで効果が出るかどうか…いや宇宙にオーダーに限らず、

引き寄せの法則で言われているやり方すべて、効果が出るか出ないかはここの違いだと思います。

 

 

さきほど紹介した宇宙通販のサイト、これは、まだ自分の願いが叶うのだという確信が持てない方が、

「私の願いは叶うのだ。そう決めたのだ」

という思考を強めるために利用するのであればいいと思うんですね。

それはつまり現実に対する認識「どうせ叶えられないんじゃないの」を、

「叶うのだ!」へと変えるために利用しているということですから、ばんばん利用すればいいと思います。

 

 

けれど利用して、

「これで現実が変わるんでしょ?宇宙さんなんとかして、変えて、この現実を変えて!」

というふうに、自分の認識ではなく現実を変えようとする方は、

やればやるほど逆効果になっていって現実は変わりづらくなってしまいます。

現実を変えることに夢中になるほどに、現実に対する認識を変えることはおろそかになるわけですから…。

 

 

引き寄せは、現実に対する認識(思考)を変えることで現実を変えようという法則です。

「メソッドで現実を変えようとする限り現実は変わらない」

この点は忘れてはならないとっても大切なことだと思います。

 

 

宇宙にオーダーすることで、自分の認識を変えられた人は叶う

自分の認識ではなく現実を変えようとした人は、叶わない。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

「神様の奇跡が起きる」アファに効果はあるのか。

空

 

アファメーションで本当に神様の奇跡が起きるのか?

 

今回は「神様の奇跡が起きる」についてです。

どういうものかというとこれは、

「とにかくひたすら『神様の奇跡が起きる』とアファメーションする」

というもの。

このアファメーションはなんだか、すごく効果ある人と全然効果ない人に大きく分かれそうな感じがするな~と思います。

 

 

神様の奇跡が起きる人とは?

 

「神様の奇跡が起きる」とアファメーションをする目的は、

神様への信仰心を持つとか、自己肯定感を高めることです。

 

 

最初は、

「どうせ私はダメな人間だ。人生なんてうまくいくわけない」

「自分には良いことを受け取る価値などない」

と思っている人でも、神様の奇跡が起きるのだ…とアファメーションすれば、

これは自然に「神」「奇跡」ということへと意識が向きますよね。

 

 

そこに意識が向くようになると徐々に、

「神様という偉大な存在が見守ってくれているなら…私の人生もうまくいくかも?」

「奇跡なんてすごいことが起きるのかあ…それって、私には良いことを受け取る価値があるってことだよね?」

と、自己肯定感が上がっていく。

 

 

そうして自己肯定感が上がって「私はうまくいく!」と前向きになれば、

その前向きな思考は潜在意識の力で必ず現実になります。

今までは気づかなかった日常の良いことに気づけるようになったり、

良いほうにつながりそうな行動を無意識にとるようになります。

そして、

「わぁ、良いことがあった!これって神様の奇跡が起きたからだな!」

となります。

 

 

一度そういう体験をすると、アファメーションにも熱がこもるし、ますます自信がついていきます。

そういう効果を狙っての「神様の奇跡が起きる」だと思いますし、

アファメーションすることでちゃんとこの効果を得られて、

「本当にうまくいった!」

となる方もいます。

 

 

神様の奇跡が起きない人とは?

 

ただ、こうして自己肯定感が育つわけではなく、逆に依存心が育つ人もいます。

「神が全部なんとかしてくれるんだよな!?早く!奇跡は!?」

「この部分はいつ奇跡が起きて改善されるんだ?あっちの部分だってまだ何も変化ない!」

などなど…アファメーションする前よりも「不満な部分」へと注目するようになり、

「この不満を、私の代わりに神が奇跡を起こしてなんとかしろよな!」

という方向に行く人もいます。

 

 

こうなると潜在意識は、

「この人は不満に注目してるから、もっと不満にさせてあげないと」

「くれ、くれ、って言ってるし、もっと『くれと言えるような出来事』を起こしてあげないと」

となります。

これは完全にアファメーションが逆効果になってしまうパターンで、

やればやるほど神様の奇跡が起きるどころか、悪いことが起きていってしまったりします。

 

 

アファメーションの効果は、神を信仰するか依存するかで決まる

 

前者のように、

「偉大なものが見守っていてくださる」

「奇跡が起きるだけの価値が、私にはあるのだ!」

というふうに思える方にとっては、

「神様の奇跡が起きる」

とか、

「宇宙が見守っていてくれる」

というアファメーションは効果的だと思います。

こういう方は、神や宇宙を信仰するタイプ。

 

 

逆に、

「見守ってくれてるんだろ?だったらなんとかしてくれよ!」

と感じる方にとっては、神や宇宙というものは信仰ではなく依存の対象です。

この場合は、神といった言葉は入っていないアファメーションのほうが効果的だと思います。

 

 

これはどっちが良いとか悪いとかいう話ではなくて、合っているか合っていないかの話です。

「神様の奇跡が起きる」という言葉では効果がなくても、

唱え方を変えることで効果を得られればそれでいいですよね。

この言葉で効果を得ねばならないとか、効果を得られるほうが偉いって話じゃないので、唱えてみて、

「な~んか、かえって『いつ奇跡起きるの!?いつなの!?』みたいなピリピリした気分になってくるな~」

というときには、

「依存している私はダメなんだ…」

なんて思う必要はありません。

「あ、これ私には合ってないやり方なんだ!だったら別のアファメーションに変えてみよ~っと♪」

でOKですよ(*´ω`*)

 

 

「神様の奇跡が起きる」というアファメーションで、信仰や自己肯定感を育てる。

育った前向きな思考が、本当に奇跡と呼べるようなことを起こす。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

幸運を引き寄せる音楽に効果はあるのか?

潜在意識

 

音楽で幸運を引き寄せることができるのはなぜ?

 

今回は、引き寄せと音楽の関係についてです。

よくネットで「幸運を引き寄せる音楽」とかありますよね。

でもそんな音楽、聴いて本当に効果あるのかな…と思っている方もいると思いますので、本当に効果あるよーということについてのお話です。

ちょっと脳の部位とか血流がどうのっていう小難しい話も出てくるけど、読んでいただけると嬉しいです(*´ω`*)

 

 

幸運を引き寄せる大敵、恐怖

 

引き寄せで願いを叶えたいとか、幸運をつかみたいとか、

そういうふうに思うときって同時に、

「でも、どうせそんなの無理なんじゃないか」

という恐怖や不安が湧いてきますよね。

この恐怖が、引き寄せをするうえでの一番の大敵だと思います。

 

 

恐怖ってどこで生まれてるの?

 

では、この恐怖や不安って脳みそのどこで感じてるの?というと、

扁桃体というところで感じています。

 

脳

↑赤い丸のところが扁桃体です。

人間が進化する過程で、かなり早い段階にできあがった古い部分…本能の部分です。

ここが働いてしまうので、恐怖などを感じてしまう。

 

 

「じゃあ、この扁桃体の働きを抑えられれば恐怖は少なくなるの?」

というと、まさにその通りです。

そしてその抑える方法というのが、音楽なんですね。

 

 

扁桃体は音の刺激をダイレクトに受ける

 

音楽ってなんと、本能の扁桃体の部分で処理しています。

本能っていうと食欲とか性欲、睡眠欲のイメージがある方も多く、

この本能の部分が音楽の影響を受けるってちょっと意外だと感じるかもしれませんが、

扁桃体というのは味覚、嗅覚、聴覚などの刺激をダイレクトに受ける場所で、

そして音楽は当然、音…つまり聴覚からの刺激なので、こうなるんですね。

(ただ、音楽を聴いたときに扁桃体以外の場所は一切働いてないとか、そんな極端な話ではないです)

 

 

良い音楽を聴くことで、扁桃体の血流が減って働きが抑えられます。

これによって恐怖や不安が抑えられます。

「どうせ無理かも…」という恐怖や不安を感じにくくなるわけですから、これは当然前向きになりやすい。

 

 

そして、前向きな思考というものは必ず無意識の行動に反映されていきます。

無意識に、

「より前向きになれそうなほう、成功しそうなほう」

へとつながるような行いを人はしてしまう。

ただ、あくまでも無意識で自覚ができないために、意識の上では、

「音楽を聴いただけなのに幸運が…!!」

という感覚になります。

でも、本当に音楽を聴いただけでなんだか不思議なパワーが働いて幸運を引き寄せることができた!とかいうわけではなくて、実際には、

 

①音楽を聴く

②扁桃体の働きが抑えられ恐怖を感じにくくなる効果があるので

③前向きになりやすい

④その前向きさが無意識の行動に反映され

⑤うまくいった!幸運を引き寄せることができた!となる

 

という流れです。

どうでしょう、幸運を引き寄せるために音楽が効果あるということ、

わかっていただけたのではないでしょうか?(*´ω`*)

 

 

幸運を引き寄せる効果のある音楽とは?

 

で、ここでひとつ、みなさんにぜひ聴いていただきたい音楽をご紹介します。

市村創一さんの制作している「潜在意識をコントロールする音響」です。

これサイトを見ていただければわかるのですが、市村さんも、

 

このプログラムはあなたの脳のちょうど真ん中にある、
扁桃体という場所から生まれる感情…特に「恐怖心」を克服する事が出来ます。

 

と書いていらっしゃいます。

基本的には1日のうちのいつ聴いてもOKですが、特に夜がいいんじゃないかなーと思います。

以前に別の記事で、

 

寝る前の20分程度は、

「特別無条件同化暗示感受習性状態」

という、潜在意識が願望を受け入れてくれやすい状態になる。

 

とお話しました。

この20分の間に音楽を聴けばさらに潜在意識は願望を受け入れてくれやすくなりますし、

市村さんは1日20分聴けばOKなように音楽を作ってありますので、ちょうど時間も合いますね(*´ω`*)

ただ決して、

「寝る前に20分間しか聴いちゃダメ」

という意味ではないですから、夜は音楽を聴く間もなく寝ちゃう…という方は、

朝でも昼でも、電車の中でも散歩しながらでも、自由に聴いてOKです。

潜在意識をコントロールする音響について、詳しくは画像クリックでどうぞ↓

 

 

音楽には、扁桃体の働きを抑え幸運を引き寄せる効果がある。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:  

カテゴリ:引き寄せの法則 

ひねくれ式アファメーション、怖がらずやれば効果は大きい。

花

 

ひねくれ式アファメーションとは何か?

 

今回は「捻くれ(ひねくれ)式」のアファメーションについてのお話です。

まずはひねくれ式を知らない方へ向けて、やり方をご説明。

 

1.お金が欲しいなら「私はお金が欲しくない」と唱える。

2.実際に、お金がないことを実感する。

3.実は、潜在意識ではお金が欲しくなかったと気づく。

4.目の前の現実は、本音が実現したものだと実感する。

5.その後、通常のアファメーションをする。

 

というものです。

 

 

通常のアファメーションでは、

「私はお金を手に入れられる、私にはできる!」

と唱えますね。

しかしひねくれ式アファメーションでは全くの逆。

ほしくない、いらない、できないままでいたい…とアファメーションすることによって、

「今の叶っていない現実は、自分が望んで作り出しているのだということに納得しよう」

という趣旨のものです。

 

 

このひねくれ式のアファメーション、効果はあるのかないのか?といえば、

「ちゃんとやりさえすれば効果絶大」

だと思います。

ちょっと、

「なんという荒療治。これをちゃんとやれる人って少なそうだな…」

という気もしますが、怖がらずにやるのであればこれほど効果のある方法もないかもしれません。

 

 

名は「ひねくれ」だが、ひねくれ式をやると素直になる

 

私は常々思います。

人の願望が実現しないのは、

「実現できないから」

ではなく、

「実現したくないということを認めないから」

なのだと。

 

 

けれど、本当は自分が望んでやっていたことなのだということに気づいたとき、

本当はなにもかも、自分で作り上げたものだったということに気づいたとき、人は変わります。

ひねくれ式では、ここに気づこうってことですね。

気づくためにあえて、

「私は望んでいない」

という本当のことをまずアファメーションしてみて、そこにあとから実感を伴わせていこう、ということ。

 

 

名前は「ひねくれ式」ですが、やっていることは、

「本音を言う・本当のことに気づく」

ですから、

「こんなアファメーションしたら余計に心がひねくれちゃうんじゃ…」

とかいう心配はありません。

本心を認めまいとする人はひねくれていきますが、

ひねくれ式は本心を認め素直になる方法なので大丈夫。

むしろ心のひねくれが取れて、一気に引き寄せが上手になると思います(*´ω`*)

 

 

ひねくれ式では「なれない」と唱えない

 

ひねくれ式アファメーションのやり方は、

 

1.お金が欲しいなら「私はお金が欲しくない」と唱える。

2.実際に、お金がないことを実感する。

3.実は、潜在意識ではお金が欲しくなかったと気づく。

4.目の前の現実は、本音が実現したものだと実感する。

5.その後、通常のアファメーションをする。

 

でしたね。

(例としてお金が出てきていますが、ひねくれ式はお金にしか効果ないよとかそういう意味ではなく、

実際には恋愛のことでも家族とのことでもなんでもOKです)

ただ、この1~5だけを見ても「??」と思うかもしれませんので、

私なりにちょっと解説していこうと思います。

 

 

ひねくれ式ではあくまでも主体的に唱えること

 

まず、

 

1.お金が欲しいなら「私はお金が欲しくない」と唱える。

 

ここなのですが、この時点でちょっと間違えちゃう方が出るかもしれないです。

つい、

「お金持ちになれない」

と唱えそうになるかもしれませんが、

「お金持ちになりたくない」

と唱えてください。

「可愛くなれない」ではなく「可愛くなりたくない」

「どうせ不幸なままだ」ではなく「不幸なままでいたい」

「幸せになるなんて無理だ」ではなく「私は幸せが嫌いだ」

と、ひねくれ式ではすべて主体的に言うのが大切です。

 

 

「なれない」というのは、自分はなりたいんだけど無理、というスタンスです。

「私は望んでいるのに私以外のもののせいでできない」

とか、

「私に責任はない」

というのが根底にある言い方が「なれない」ですので、

こういう唱え方をすると本当にひねくれてきちゃいます(;^ω^)

 

 

ひねくれ式の趣旨は、

「すべて自分で望んでいる、自分はやりたいことをやっていると認めて納得する

というものですから、そのひねくれ式の趣旨からはずれないよう、

あくまでも自分がそれを望んでいるのだ、というふうに唱えてください。

 

 

早い方ならこのアファメーションをした段階で、

「あぁ、唱えるとしっくりくる…」

と、本当は自分が前から望んでいたことを口にしたしっくり感を持てるかもしれません。

そういう方はわりと、あとの段階はスッと踏んでいきそうに思います。

 

 

ひねくれ式を続けているうちに実感を伴ってくる

 

「そんなしっくり感なんて出てこないぞ」

という方は、そのまましばらくアファメーションを続けてみてください。

「私は絶対に不幸でいてやる!幸せになってたまるか!

一生、この劣等感を持ち続けて生きてやる、彼氏もいらない、

お金もほしくない、幸せなんてくそくらえ!!」

くらいに思いっきりアファメーションしてください。

 

 

そしてできれば実際に、不幸になるような行動、劣等感を感じられそうな行動、

彼氏を作れなさそうな行動、お金は手に入らないような行動をとるように心がけてみるとよいと思います。

そうするとその取った行動が、

「自分がいままでずっとしてきたことじゃないか」

ということに気づくはず。

 

 

「金なんてほしくない!散財して減らしてやる!」

と思ったとき、

「あれ、散財ならもう昔からずっとしていたじゃないか…」

とか。

「私はきれいになんてなりたくないんだ!ドカ食いして太ってやる!」

と思ったとき、

「あれ、いままでだって食べてたよね…前からやってたことじゃないか」

とか。

「不幸なままでいるために、コイツの言動をひねくれた受けとめ方してやる!」

と思ったとき、

「あれ、私がいつもしている受けとめ方だった…」

とかとか。

自分がいままで現実に取ってきた行動と、ひねくれ式アファメーションの内容が一致していることに気づくと思います。

 

 

ここまでくると、

「あぁ、だから実際にお金がないのだ」

という実感が伴ってきて、

 

2.実際に、お金がないことを実感する。

 

が容易になり、そうすると、

 

3.実は、潜在意識ではお金が欲しくなかったと気づく。

4.目の前の現実は、本音が実現したものだと実感する。

 

は、さらに容易になる。

おそらく3と4は「どうやってやればいいの?」なんて考えずとも自然にやれると思います。

そして、1~4までを通じて、芯から「この現実は私が作っている」という自覚を持ったうえで、

 

5.その後、通常のアファメーションをする。

 

と、5でやったアファメーションの抵抗のなさに驚くのではないでしょうか。

いままでは「できる」と唱えても「どうせ無理…!!」だったものが、

「そうだ、できるはずだよね。だってこの現実は私が好きに作れるってもう知っているんだもの」

に変わっている。

 

 

ひねくれ式アファメーション、気づいてしまえばあとは早い

 

私が思うにこのひねくれ式アファメーション、

抵抗が強いのは1と2のあたりじゃないでしょうか。

ここを怖がらずやることさえできれば、3・4・5はわりとスッとできるんじゃないかと思います。

気づくまでは抵抗が強いけど、気づいてからは楽だし早いし効果も高い。

 

 

私自身、

「私が劣等感を克服できないのは、私が劣等感を好きだからだ」

ということにはなかなか気づきたくなかったのですが、けれど、

「あぁ、本当は私が望んで劣等感を握りしめていたのだ」

と納得してから劣等感を克服するまでは本当に早かったです。

「なんだ、自分でやってたことなら自分でやめられるんだ」

「望むものを変えれば、現実は私が変えられるんじゃないか!」

という本当のことに気づいてしまえば、あとは人間、変わるのはとても早い。

 

 

ひねくれ式アファメーションは、その気づくまでが勇気がいる方法かなとは思いますが、やってしまえば本当に効果は高いと思いますよ。

怖がらずにやってみてほしいです(*´ω`*)

 

 

ひねくれ式で「すべて自分がやっていた」と気づくと、

同時に「これからすべて自分で変えられる」ことにも気づく。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

今今メソッドの効果と、眠くなる原因について。

瞑想

 

今今メソッドは、今この瞬間に焦点を合わせる方法

 

今回は「今今メソッド」についてのお話です。

これはとある掲示板から広がったやり方で、具体的にどのようなものかというと、

 

今この瞬間に焦点を合わせるだけ。

思考や感情を働かせないで、単純に今この瞬間に自分が在ることを感じればいい。

 

…というだけのなんともシンプルなメソッド。

これはむしろ、

「シンプルすぎて何言ってるかわからん」

となる人も多そうなので、

 

①この今今メソッドには効果はあるのか?

②効果がない人はなぜなのか?

③今今メソッドを実践して眠くなるのはなぜ?

 

について解説していこうと思います。

 

 

今今メソッドは本当に効果がある方法なのか?

 

まず、①この今今メソッドには効果はあるのか?について。

これはもちろんあると思います。

私が見た限りではこの今今メソッド、

「いま・ここに集中し、あるがままを受け入れる」

というマインドフルネス瞑想と酷似しているように思えます。

この今今メソッドで効果があったという方の中には、

「今今メソッドをすれば瞑想などをする必要はない」

とお話している方もいるんですが、

「いや、今今メソッドをすると瞑想をしていることになるんじゃないの?」

という感じがしました。

なので、今今メソッドと酷似していると感じるマインドフルネス瞑想とはどのようなものか?についてお話します。

 

 

今今メソッドと似ているマインドフルネス瞑想とは?

 

マインドフルネス瞑想とは、本当にただただ「いま・ここ」に集中するという瞑想法です。

たとえばあなたが料理をするとき、料理をしながら、

「おいしいのができるかな~」

とか考えるのではなく、自分が包丁を握っている感覚、鍋から立ち上がる香り、鍋がコトコトいう音…、

そういう「いま、この瞬間」に起きているものに意識を集中するという方法。

 

 

腹が立った!というときにも、

「あぁー、ムカつく!」

と考えるのではなく、

「私はいま、腹が立っているなぁ~」

「お腹のあたりに、重苦しい感覚があるなぁ~」

と、腹を立てている「いま、この瞬間の自分」に意識を集中する。

 

 

不安になったときにも、

「どうしよう、どうしよう…」

ではなく、

「あぁ、私はいままさに、不安になっているのだなぁ~~」

「これが不安なのだなぁ~」

と、不安そのもの、不安になっているいまここの自分そのものを見る。

 

 

人間が生きているのって、「いま、この瞬間」しかありえないですよね。

でも多くの人はその「いま、ここ」を無視して、過去はこうだったとか、

未来はどうなるだろうとか、あの人はああでけしからんとか、

不安になったどうしようとか、そういういまここ以外のところに思考や意識を使います。

使ってもなにか解決するわけではなく、むしろ心配になったり落ち込んだりするだけなのに、する。

それをやめるためにいまここに意識を集中しましょう、というもの。

 

 

今今メソッドの、

 

いまのあなたの認識がいまの自分の環境を精査して
感覚や感情を自分で作り出し体感していることに気付くことです。

 

今今メソッドは現状に満足するということではありません。
本当に今この瞬間に焦点を合わせるだけです。
そうすると安心感が感じられるはずです。

 

という説明って本当にマインドフルネス瞑想と似ていますし、

こうしていまここに焦点を合わせられると、確かに安心感が得られます。

不安や心配を感じにくくなりますし、感じてもすぐ自分の意志で消せる。

そういう安心・安定した思考や意識の力が、良いものを引き寄せます。

 

 

私はかねてから瞑想は引き寄せに非常に効果的だと言ってますし、

つまりはそれと似ている今今メソッドにも効果はあると思います。

ただ、なんていうか…観念的で言葉で表現しづらいので、

人に伝えようと思うと伝わりづらいのが難点かしら?(;^ω^)

参考までに私の書いた、願望実現に瞑想が効果的な理由という記事も併せて読んでいただければと思います。

 

 

まずひとつめ、①今今メソッドに効果はあるのか?については、

「瞑想は引き寄せに効果的である。

そして今今メソッドは瞑想と非常に似ている。

よって、効果のある瞑想と似ているのだから今今メソッドにも効果がある」

となります。

 

 

今今メソッドの効果が出ない人はなぜ?

 

では次に、②効果がない人はなぜなのか?について。

これは、効果がない理由はただひとつ「いま、ここ」に焦点を合わせていないからです。

 

 

たとえばあなたがなるべく意識をいまここに向けるようにしていて、そのあとに、

「さぁ、意識をいまここに当てたからこれで良いことあるかな?」

とか効果を期待したなら、もうこれでいまここから焦点がはずれてしまっています。

こういうときは、

「あぁ、私の意識はいまここではなく、この先のことに向かったなぁ」

と気づき、また目の前のことに焦点を当てなおしてください。

これって最初は慣れないから何度も意識が外れると思いますが、

しょせんはただの慣れですから、慣れていけば意識がいまここから外れたことにすぐに気づいてもとに戻せます。

 

 

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、

「いまここに意識を集中させていると自然と良い効果が出る」

のであって、

「良い効果がほしいからいまここに意識を集中させる」

というのだとちょっと違うかな?と思います。

目的はあくまでも「いま・ここ」に意識を集中させることです。

「この先の効果」ということを目的にして意識している時点で、

いまここではなくこの先に意識が非常にズレやすくなります。

逆説的ですが、効果がほしいからこそ効果については考えない、という感じですね。

そうすると結果的に「あれ、効果あったぞ」となります。

 

 

うーん、なんというかさっきも言った通り観念的で言葉で説明するのが難しいので、

無理に言葉にしようとすると、

「本当に、ただとにかくいま・ここに集中して。今この瞬間の自分を感じて」

みたいにしかならなくて伝える側の私としても非常にもどかしいですが、

とにかく、意識が今この瞬間から外れたらそれに気づき戻す、外れたらそれに気づき戻す。

外れたことはダメなことだ~とか考えだすのはますます外れていっていることなので、

思考や感情を動かさずにただ、外れたんだから戻す、と繰り返します。

慣れですから、繰り返せば感覚がわかってくると思います。

 

 

おそらく効果がないという方は、慣れるほど繰り返していないだけだと思います。

慣れさえしてくれば、

「ああ、いまここって、このことか」

というのがなんとなく感覚でしっくりくるようになると思いますし、

しっくりきたから効果が出るというよりは、

その「しっくり」そのものが効果であるということにも気づくと思います。

そのようになるまで続けてみてほしいなと思います。

 

 

今今メソッドをやると眠くなるのはどうして?

 

では最後に、③今今メソッドを実践して眠くなるのはなぜ?についてです。

これはですね、なんか元も子もないような答えなんですけど、

単に慣れないことして疲れただけだと思います(;^ω^)

 

 

ふだん読書しない人が急に本を読むと眠くなるし、

ふだん運動しない人が急に運動すれば眠くなるし、

ふだん瞑想しない人が急に瞑想すると眠くなるし、

人間どんなことでも、ふだんやらないことをいきなりすれば、

脳や体が緊張し、疲れて眠くなります。

今今メソッドをやって眠くなるというのもこれと同じで、

ふだんはあちこちにさまよわせている思考や感情を、

急に一点に集めようとしたことで脳みそが、

「うわなんだ急に」

とびっくりして疲れて眠くなる、ってだけだと思います。

 

 

ただこれも単なる慣れの問題ですので、慣れてしまいさえすれば、思考をうろうろさまよわせているときよりも、

「いまここ、ありのままの自分」

というものに集中している状態のときのほうがよっぽど疲れないし、

物事の能率が上がり、良い結果につながるということは身を持って感じられると思います。

 

 

眠くなったときには、

「眠くなるようなメソッドなんてやだ、やめちゃおう」

というよりは、

「眠くなるほど、ふだんはいまここじゃないどこかにいるってことか…」

と解釈して慣れるまで続けてみてほしいと思います。

 

 

瞑想の話題が出たので、最後に私が作った瞑想教材のご紹介。

 

瞑想すると3時間くらいで性格が変わってきます。

そのくらい「いま・ここ・ありのまま」に集中するというのは効果的なことですので、

ぜひ今今メソッド(か、それとすごく似てる瞑想)を試してみてほしいと思います。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ