決めるとそうなるはずが、ならないのはなぜ?

たんぽぽ

 

よく「決めるとそうなる」と言うけれど…?

 

今回は「決めるとそうなる」についてです。

これは引き寄せではよく使われる言葉なので、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

この記事では、

 

①決めるとそうなるのは、なぜ?

②決めるとそうなるはずが、ならないのはなぜ?

③決めるとそうなる、がピンとこないときには?

 

の3つについて、詳しくお話していきます。

 

 

で、なんで決めるとそうなるの?

 

まずは、

「決めるとそうなるなんて、初めて聞いたけど…なんでそうなるの?」

という方のために、

「①決めるとそうなるのは、なぜ?」

についてです。

もう知ってるよーという方も、おさらいのつもりで読んでみてください(*´ω`*)

 

 

なぜ決めるとそうなるのか?というと、

「決めると、そうなるように無意識に行動してしまうから」

です。

これは全然難しいお話ではなく、たとえばあなたが、

「ラーメンを食べよう」

と決めたとします。

そうすると自然に、キッチンへ行ってカップラーメンを手に取る、お湯を沸かす…など、

「自分がやると決めたことを、実現させるための行動」

を取りますよね、なのでラーメンを食べることができます。

 

 

これはラーメンだけではなくて、その他のどのようなことでもそうです。

「どうせ私は人から嫌われる」

と決めるとそうなるように無意識のうちに行動してしまうので、そうなる。

「私はみんなの人気者だぜヘッヘーイ」

と決めるとそうなるように無意識に行動してしまうので、そうなる。

 

 

「決めるとそうなる」と聞くと、

「私が〇〇するぞ!と決めると、不思議なパワーが働いて、そのパワーがそうなるようにしてくれるってことかな?」

と思う方もいるかもしれませんが、実際には自分以外の不可思議なパワーがそうしてくれているわけではなくて、自分でやっています。

ただ、自分でやっていると言ってもあくまでも「無意識に」やっている場合が多いので、

「私はこうすると決めて、そしてそれが実現するように行動しています!」

という感覚ではなく、

「私がこうするって決めると、なぜか知らないけどそうなる」

という感覚なことが多いです。

 

 

決めるとそうなる…でも、なりませんけど?

 

では次に、

「②決めるとそうなるはずが、ならないのはなぜ?」

についてですが、原因は主に2つです。

 

 

そうならない、と決めるとそうなる

 

ひとつめの原因は、

「『決めるとそうなるなどということはない』と決めるとそうなるように行動してしまうから」

です。

 

 

「決めてもそうなるわけがないじゃない」

と最初に決めているため、その後無自覚のうちに、

「自分の決めたことが実現しないような行動」

を、取ってしまっているんですね。

そして、

「ほら、決めるとそうなるなんて嘘じゃないか」

となるのですが、これはある意味、ちゃんと自分が決めたとおりになっています。

 

 

昔どこかで見かけた言葉に、

「思いどおりにならないと思っていて、そして思いどおりにならなかったのなら、それは思いどおりになっている」

というものがあったのですが、まさにそうだなーと思った覚えがあります。

一度、

「私が決めてもそうならなかったことって、どんなことだったっけ?」

と振り返ってみてください。

おそらくそれは、あなたが事前に「決めてもそうなることはないだろう」と思っていたこと、のはずですよ。

 

 

決めるとそうなると言えど、さすがにこれは無理

 

2つめの決めてもそうならない原因は、

「自分の無意識の行動ではどうにもできないことだから」

です。

 

 

たとえばあなたが、

「よし、明日の天気は晴れにすると決めた!決めるとそうなるんなら、明日は晴れだよね?」

といっても、さすがにこれは晴れるとは限りません。

天候は、自分の行動によって変えられるものではないためです。

このように、

「さすがに、それは人間の行動でどうこうできるものではないよー」

ということを決めて「そうならない」と言っていなかったか?という点も、確認なさってみてくださいね(*´ω`*)

 

 

決めてもそうなるなんて、やっぱり納得がいかない…

 

最後に、

「③決めるとそうなる、がピンとこないときには?」

についてです。

 

 

ピンとこない一番の理由はやはり、

「自分でそうなるようにしているという自覚がないから」

だと思います。

裏を返せば、

「自覚ができればピンとくる・納得がいく」

わけですので、これからは「決めるとそうなる」を意識して過ごしてみてください。

 

 

「決めるとそうなるを意識して過ごせって、具体的に何をすればいいの?」

というと、とっても単純です。

「私は、〇〇すると決めている」と意識して行動する。

これだけです。

たとえばカレーを食べたいと思ったなら、食べる前に、

「よし、私はカレーを食べると決める。いま、そう決めているぞ」

と意識します。

そしてそのあとの行動(カレー屋さんに行くなど)も意識します。

「私はいま、自分で決めたことを実現すべく行動しているぞ」

というふうにです。

普段は無意識でやっていることを、こうして意識の上にあげていきます。

(1日中やっていると疲れるでしょうから、気が向いたときにちょこちょことやってみてください)

 

 

こうして、

「私は、何を決めているのか?」

「私は、どのように行動しているのか?」

ということを自分でよく見ていくと、

「あぁ、今まで気づかなかったけど、私って本当に自分の決めたとおりになるように行動してるんだな」

という実感が伴ってきて「決めるとそうなる」が腑に落ちるかと思います(*´ω`*)

 

 

「決めるとそうなる」のは、そうなるように無意識に行動してしまうから。

 

 

「決める」についての関連記事です↓

潜在意識は、決めるだけで本当に願いを叶えてくれるの?

 

 

潜在意識の力で、あなたに「革命」を起こす↓

引き寄せRevolution、販売中です

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

決めると叶うのはわかったけど、決められたかがわからない方へ

ラベンダー

 

決めると叶う、決めると叶う…それはもう、わかった!

 

今回は「決めると叶う」についてです。

引き寄せではよく、

「そうなると決めると叶う」

というふうに言われますよね。

ただ、

「決めると叶うのはもうわかった…そこはわかってるんだけど、

自分がちゃんと『決めることができているのかどうか』ということがわからんのや…。

そこは一体どうすればわかるねん…」

という方もいらっしゃるのではないか?と思います。

そこでこの記事では、

 

①決めると叶うの「決める」って、何?

②自分が「決める」ことができたかどうかは、どうやって判断するの?

 

の2点について詳しくお話していきます。

 

 

決めると叶うの「決める」ってどういうことなの?

 

まずはひとつめの、

「①決めると叶うの『決める』って、何?」

ということについてです。

 

 

えーと、これはですね、本当にただただ「決める」ことを言っています。

たとえば、

 

〇明日の朝は6時に起きようと決める

〇今日のお昼ご飯はラーメンにしようと決める

〇来月は旅行に行こうと決める

 

とか、こういうふうに物事を決めることは、みなさん日常的に行っていますよね。

これと全く同じです。

 

 

引き寄せが…潜在意識が…と言われると、何か特別な難しいことのように思えて、

「『決める』という言葉に、深い意味があるのではないか?」

「日常でやっている『決める』と何か違いがあるのではないか?」

とか考えてしまうかもしれませんが、特に深い意味もなければ、違いもありません。

本当に普段の「決める」と同じことです。

 

 

「決めると叶う」は誰でも日常的にやっている

 

みなさん普段はあまり意識しないでしょうが、

「今日のお昼はラーメンにしようっと」

と思って食べるのも引き寄せなんですよ。

まず、ラーメンにしようと決める。

すると、そこから潜在意識は「ラーメンを食べる」を叶えるために動き出す。

そのため、あなたは自然と「ラーメン屋さんに行く」などの行動を取るようになる。

その結果、決めた内容(ラーメンを食べる)が叶う。

こんな感じで、人は誰でも日常的に「決めると叶う」をやっています。

 

 

決めると叶うなんてことは、特別なことでもなんでもないんですね。

誰もが必ずやったことがあるはずなので、あまり難しく考えないようになさってください。

本当にただ「そうしよう」と決めることを言っています。

 

 

決めるがちゃんとできているか、叶うか確かめたい…

 

ではでは次に、

「②自分が『決める』ことができたかどうかは、どうやって判断するの?」

についてです。

 

 

これは、

「自分が『決める』ことができたかどうかは、どうやって判断するの?」

という疑問が出てこないならばうまく決められていて叶うし、

出てくるようならば、うまく決められておらず叶うのが遅れてしまうと思います。

 

 

「決める」について考えている間、叶うことがなくなる

 

想像してみてほしいのですが、もしあなたのお友達があなたに、

「私、ラーメン食べると決めた!

…でも、私って…ラーメンを食べるとうまく決めることができたのかなぁ…?

ね、できたと思う?」

と聞いてきたとしたら、あなたはきっと、

「いや、決めてたらそもそもそういう疑問は出てこないと思うけど…」

と感じるはず。

そう、通常は物事を決めたあとに「決めたかな?」という疑問は出てこないものです。

そのような疑問が出てくるのは、まだ決めていないから、ですよね。

 

 

そしてもしそのお友達が、

「ううむ、私は決めることができているのか…、

このあと私の『ラーメン食べる』という思いは叶うのか…確かめたい…どうすればわかるのだろう…」

と考えはじめたとしたならば、あなたは、

「いや、少なくともそれを考えてる間はラーメン食べることはできん(願いが叶うことはない)がな」

と、思いますよね。

 

 

「ちゃんと叶えたいからこそ、決めることができているか確かめたい」

と思うお気持ちもわかるのですが、実はかえって、

「ちゃんと決めることができているか確かめたいと思っている間は、叶うことがない」

となってしまいます。

 

 

「決めることができていて、叶うのか?」の確認をやめる

 

では、お友達がちゃんとラーメンを食べられるようになるためには、どうすればいいでしょうか?

ラーメンを食べることができるか確かめようとするのではなく、むしろ確かめようとするのをやめ、

「ラーメン食うぞー!」

ということに意識を向けたほうが、確実にラーメンに近づきますよね。

 

 

願いを叶えたいというときも、要領はラーメンと同じです。

あなたがいま、決めることができているのか、叶うのかどうか確かめたいと思っているのであれば、

「叶うかどうか確かめようとすること」

よりも、

「叶うかどうか確かめようとするのをやめること」

のほうが大切です。

 

 

確かめることに意識を向けるのではなく、叶えるものへと意識を向けてください。

「ラーメン食べられるかどうか確認しようとするのはもういいや、それよりラーメン食うべ!」

というのと同じように、

「叶うかどうか確認しようとするのはもういいや、それより叶えるベー!」

と思ってください。

そのほうがず~っと叶うのが早くなりますよ(*^^)

 

 

「決める」とは、日常で物事を決めるときと同じことです。

「決めることができているのかな?叶うのかな?」

と考えることよりも、

「そのようなことを考える必要はない」

ということに気づくことが大切です。

 

 

「決めると叶う」に関しての記事は他にもありますので、よければこちらもどうぞ↓

本当に、決める「だけ」で叶うの?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ