引き寄せの法則で身長を伸ばすことは可能なのか?について。

蓮

 

今回はいただいた質問の回答です。

 

僕には「身長を伸ばす」という目標があります。

成長期は過ぎていて、一般的にはいまから身長は伸びないとされている年齢ですが、絶対に理想の体型を手に入れたいです。

「骨の歪みを治して身長を稼ぐ」

などではなくて、実際に、

「両腕両足の骨を伸ばす・胴の骨を縮める」

ということをして、モデル体型に近づき、今より7cm高くしたいです。

 

一年間のアファメーションやイメージングで「出来て当然」といえるくらいまで確信できるようになってきました。
しかし、現実化はまだ来ません。
朝起きた後やイメージングをした後に伸びた感覚がする時はありますが、鏡を見るとやはり変わっていません。

「どうして確信しているのに叶わないんだ」

という思いでいっぱいで、かなりストレスが溜まっていて暴飲暴食などをしてしまっている状態です。

これは願いが叶うまでにそれなりに時間がかかるからなのか、

それとも自分で気づいていないまま確信できていないのか、どちらだと思われますでしょうか。

 

「本当に伸びるのか」
とも思いますがそれ以上に、
「伸びてしまっていいのか」
「願いを叶えてしまっていいのか」
「幸せになっていいのか」
という思いが、身長だけでなく人生の全てにおいて理想の現実化をブロックしている気がします。

「身長は伸びる」という確信の前に「私は幸せになる」という確信が必要なのではないでしょうか?

 

 

叶うまでの時間差が長いパターンであり、確信もあいまいな状態

 

これは願いが叶うまでにそれなりに時間がかかるからなのか、

それとも自分で気づいていないまま確信できていないのか、どちらだと思われますでしょうか。

 

との文章がありましたが、私はどちらにも当てはまると思います。

身長を伸ばす…しかも歪みの矯正などではなくて骨格から変えようとなると、

これはだいぶん時間がかかるのはいたしかたない部類の願いかな…と。

なので、どれほどまでに強い「私の身長は伸びる」という確信があろうとも、

時間がかかることは受け入れたほうが良いと思いますし、

本当に必ず願いを叶えるという強い確信があるなら、願望実現に必要なこと(長い時間差)は受け入れられるはずです。

実現が待てないイライラで暴飲暴食を…ということはないと思うんです。

 

 

そもそもいま必要なのは「身長が伸びるという確信」ではない

 

では、

「どうして1年間もアファメーションやイメージングをしたのに、いまだ『身長が伸びる』という確信を持てないのか?」

について考えていきましょう。

なぜなのかというと、

 

「伸びてしまっていいのか」
「願いを叶えてしまっていいのか」
「幸せになっていいのか」
という思いが、身長だけでなく人生の全てにおいて理想の現実化をブロックしている気がします。

 

と、この「幸せになっていいのか?」というブロックを崩していないからだと思います。

 

 

身長を気にしていれば幸せになれずにすむ

 

いま質問者さまは、

「いまは身長が低いから不幸だ(でも身長が伸びれば幸せになれる)」

というふうに思っている状態ですよね。

でも、よ~~く考えてみてほしいのですがこれだと、

「低身長だ(←これは現実)から、不幸(←これは思考)だ」

ということですから、これだと現実→思考になっちゃってます。

これはないです、正確には思考→現実です。

なので実際には、

「不幸だ(という思考がある)から、低身長(という現実)が気になる」

です。

「幸せになってはいけない(不幸でいるべき)」という思考のほうが「低身長」という現実より先にあるんです。

 

 

まず質問者さまの中には、「幸せになってはいけない」という強い思考…信念があります。

すると潜在意識は、その「幸せになってはいけない」という信念を現実のものにしようとします。

潜在意識は考えます、

「さて、この人が幸せにならないためには、なにが必要だろう?」

と。

なにが必要か?

そうですね…、幸せにならないためには、悩みが必要ですよね。

明日解決できるような簡単な悩み…「ラーメンが食べたいけど食べられない」なんてことに悩んでも、

明日ラーメン食べて解決できちゃえば明日すぐに幸せになれてしまいますから、

できればもっともっと難しくて解決困難なこと…、たとえば、

「身長を伸ばしたいけど伸ばせない」とかなら、そうそう簡単には解決できない。

つまり、身長のことを気にしている間は、ずっと「幸せになってはいけない」という信念を叶えることができます。

質問者さまの潜在意識は、

「幸せにならないためには、解決困難なこと(低身長)を気にして悩めばいい」

と判断している。

なので、質問者さまは身長が気になるんだと思うんですね。

いままさに質問者さまの「幸せになってはいけない、私は不幸でいるべき」という信念(思考)は、

「顕在意識上で低身長を気にし、なんとかしようと悩む」

という手段を用いることにより、達成されているということになります。

引き寄せの法則的には、いま質問者さまの願い(信念)は叶っている状態なんです。

 

 

質問者さまは「悩みの原因は低身長だ」とお考えかと思いますが、

本当の悩みの原因は「私は幸せになってはいけないという信念を持っていること」です。

低身長を気にする、というのは、潜在意識が幸せにならないでいるために、質問者さまに取らせている「手段」です。

身長を気にすれば気にするほどに、潜在意識からすると、

「幸せにならないための手段にしっかり取り組んでくれている」

ということになるんです。

 

 

質問者さまが「身長を伸ばせる!」という断固とした決意ができないのも、

この「幸せになってはいけない」という信念のせいかと思います。

仮に断固決意して身長を伸ばせたとしたら、もう悩みの種がなくなってしまう。

幸せになるわけにはいかないのですから、そんな確信を持たれて身長を伸ばされてしまっては、潜在意識としては困るわけです。

「絶対に伸ばしてやるという決意ができず『伸ばしたいよー』と悩み続ける」

この状態が、潜在意識にとって必要なこと。

その必要なことを質問者さまは潜在意識にさせられている状態…それが今の状態かと思います。

 

 

なので私は、いま質問者さまに必要なものは、

「身長を伸ばせるという確信」

ではなく、

「私は幸せになるのだという決意」

だと思います。

潜在意識が「幸せになれない」を信念としている限り、

「身長を伸ばせるという確信」は必要のないものですから、潜在意識に排除されてしまう。

なのでまずは、

「私は幸せになるのだ、これから幸せになっていいのだ」

と自分に許可を与えること。

なにが原因で自分を不幸であるべき存在と思うようになったかは私にはわかりませんが、

まずはその「幸せになってはいけない」という信念を解除すること。

それが先だと思います。

暴飲暴食をしてしまうとのことですが、原因は身長が伸びないストレスというよりも、

幸せになれないという思いからくるストレスなのではないでしょうか。

信念の解除によって、ストレスから過度に食べてしまうということもなくなるのでは?と思います。

 

 

「幸せになってはいけない」がある限り悩みが別に移るだけ

 

「幸せになってはいけない」

この信念を解除しない限りは、仮に身長が伸びたところで、今度は別のことが気になるはずです。

身長が伸びれば、潜在意識は「新しい悩みの種を何にしようかな?」と探し始めます。

気になることが身長から別のことに移るだけで、おそらくは、

「身長が伸びたのに幸せにはなれない」

となるかと思います。

 

 

まずは、自分は幸せになっていいのだという決意をし、それを信念化してください。

それができたとき質問者さまはおそらく、それほど身長が気にならなくなるかと思います。

幸せになっていいなら、幸せになるためには「解決困難なことを気にする」ということは必要のないことですから、

必要のないことは意識できなくなる、気にならなくなっていきます。

「なんで俺、別に身長低くないのにそこまで気にしてたんだ?」

とかになりそう。

そもそも質問者さま、身長低くないですからね~(;^ω^)

(公開しませんでしたがもとの文章には現在の身長が記載されていました。

私の感覚からすると「どっちかっていうと高いほうじゃない?」という数字)

 

 

引き寄せのコツは「過程にこだわるな・手段にこだわるな」

 

ただ、私に急にこう言われても納得できるかなあ…とも思います。

「へぇ、なるほどそうだったんだ!じゃあ『幸せになっていい!』というアファメーションに変ーえようっと♪」

とかいう簡単なものではなくて、

「その話が本当なら、今まで必死に身長を伸ばそうとしてきたのはなんだったんだ!」

「そんなはずない!!絶対に身長のせいで不幸なんだ、身長さえ、それさえなんとかすれば…!!」

という気持ちが湧いてきているかもしれません。

文章を拝見する限り、身長を伸ばしたいという執着はそうとうお強いようにお見受けいたしましたし、

(つまりは幸せになってはいけないという信念がそうとう強いということですから、私としてはこっちをなんとかすればいいのではと思いますが)

人に言われてハイそうですかと納得できるようなものでもないかとも感じます。

 

 

なので質問者さまが今後も、絶対に身長を伸ばすというところにフォーカスしてやっていくつもりです!

というときのためにひとつ書いておくのですが、

「自然に伸ばそうとするより、骨延長手術を受けたほうが早いのでは?」

と思います。

(まだそれを試みていない前提でお話するんですが、「それはもう医者と相談したけど、どうしても受けられない事情があった」というのであればすみません)

 

 

潜在意識の力で癌を克服したとか、身長が伸びた、縮んだ、顔が変わった…というお話もちらほらありますよね。

こういうお話を聞いてのことなのか、ときおり私のもとに、

「風邪を引いたけど、治ると信じて潜在意識の力で治してみます」

というようなメールが届くこともあるのですが、私はこういう内容を拝見するたびに、

「普通に風邪薬を飲んだほうが早いんでは…」

と感じます。

潜在意識の力で病を治すといったことは不可能ではないとは思いますが、相当の強い信念が必要になってきます。

そのような強い信念を今から作りはじめるよりも、薬飲んだほうが早いで…と思うんです。

 

 

普段の意識していないような行いも引き寄せである

 

潜在意識の力とか、引き寄せの法則と言うとなにか不可思議なことを連想してしまうのかもしれないですが、

風邪を治すときには、

 

○潜在意識で「治る」と信じることにより治る

 

という手段のほかに、

 

○医者に行く

○市販の薬を飲む

○暖かくしてゆっくり寝る

○栄養のあるものを食べる

 

などもありますね。

あまり意識する人はいないでしょうが、こうした普段当たり前にやっている「薬を飲んで治す」とかも引き寄せなんです。

 

①治したい、治すのだという思考

②それを実現するための手段(薬を飲むという行動)

③治る(治したいという思考の実現)

 

で思考が現実化してますよね。

引き寄せで「過程にこだわるな・手段にこだわるな」とよく言いますが、これは、

「さまざまな方法があるのだから、そのうちのどれかひとつに固執するな」

ということです。

風邪を引いたときに、

「絶対に『ゆっくり寝る』という手段しか使わない!」

とか、

「『治るという思考を使って治す』という手段しか使わない!」

というのは手段にこだわっている状態です。

そうしてこだわったぶん、

「治るならどんな方法でもいいよ~♪

そうだ、医者に行って薬ももらって栄養あるもの食べて暖かくしてゆっくり寝てぜ~んぶやっちゃえ♪」

と執着がない人よりも治るのが遅くなりますよね。

風邪じゃなくてどんなことでもそうです、

「こんなふうに叶わないと嫌だ」

「叶えるための手段は○○だ!」

というふうにこだわりがあると、それは裏を返すと、それ以外の方法、可能性をすべて捨てたことを意味します。

可能性を限定させたぶん現実化が遅くなるので「過程にこだわるな」と言われます。

 

 

質問者さまの場合も、

「アファメーションとイメージングで自然に身長を伸ばす」

という方法にこだわる必要があるのかな?と思うんです。

(潜在意識が質問者さまに「より困難な方法にこだわらせている」からそうなっているんだと思いますが)

自然に身長を伸ばすのが絶対に不可能とは言わないのですが、相当に強い信念が必要になります。

その信念を作っているよりも、整形外科手術を受けるという方法を選んだほうが実現は早く確実なんじゃないかな?と、個人的に思います。

なので、引き続き身長に焦点を当て伸ばしたい場合には、潜在意識の力を、

「身長を伸ばすことそのもの」に集中させるのではなくて、

「手術に必要なお金を引き寄せること」に集中させたほうが、より実現は早いかもしれません。

お金はもっとも引き寄せやすいですから、まだこちらのほうが実現へのハードルが低くなるかと思います。

参考になれば幸いです。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

損したくない、得したい!そうして損したくない気持ちが強い人ほど損を引き寄せる理由。

 

 

時間を損したくない人のほうが、迷って時間がかかってしまう

 

今回は、

「損をしたくないと思っていると損をする」

というお話です。

「私はいつも損をしている。あの人はいっつも得してるのに…」

とか、

「ええ…?引き寄せって思考が現実になるんだから、

『損をしたくない』って思考すればそれが現実になるんじゃないの?」

と思ってる方もいるかもしれません。

そういう方はぜひ読んでみてください(*´ω`*)

 

 

私は独立する前はフリーターで、ファーストフード店でバイトをしてました。

すでに作り置きしてある商品はパッと出ますけど、

作り置きがなくて、注文を受けてから作る場合は3~5分くらいかかります。

 

 

ときどき、

「あの、ポテトがほしいんですけど今すごく急いでて…、どのくらい時間かかります?」

というふうにお客さんに聞かれることもありました。

作り置きがない場合、ここから作りはじめると3分はかかります。

なので「3分」とお答えすると、

「えっ、3分もかかるの!?

えーと、じゃあどうしよう…(と悩んでいるのですぐに出せるものをすすめると)

えっ、これならすぐ出るの?

うーん、でもそれは好きじゃないんだよねぇ…。

あ、これもすぐ出るの?

えー…でもこれもあんまり…好きじゃないなぁ…。

あ、だったらこっちの商品は?こっちは何分でできる?

えー、これは時間かかるの…、

うーんうーん…どうしよう、それじゃあ…、えーと…」

…と、すっごく悩む時間が長い方が多い。

こういう方は最終的に、

「どうせ時間がかかるなら、自分の食べたいものを…」

という結論に至って最初に自分が食べたかったもの(この場合はポテト)を注文するのですが、

私はこういうときは内心でひっそりと、

「悩んでる間にポテトが揚がったよ…もう3分は経ってる…。

最初から素直にポテト頼んでおけばよかったのに…」

と思わずにはいられないのでありました…。

 

 

「損したくない、不満は嫌」と思うあまり損をして、不満を得る

 

もし、

「私はポテトがほしい!買おう!」

だったとしたら話はシンプルです。

 

①私はポテトがほしい!

②3分待っている間「もうすぐポテトだ♪」と思いながら待つ

③ポテトが出てきて「わーい」となる

 

↑こうですね。

しかし、損したくないと思う人はこうなる↓

 

①時間は損したくない、しかしポテトを手に入れられないのも嫌(ポテトを損したくない)で悩む

②悩んでいる間、あれはダメで不満、これもダメで不満、あっちもダメで不満

③やっとこさ欲しいものが出てくるが②でさんざん不満になっているので、手に入れても喜びはなく不満を感じる

 

「ポテトを得ること」に的を絞れば時間は3分ですみました。

逆に「時間を得る」ことに的を絞ってもよかったです、そうすれば3分もかからず15秒で出せる商品もありました。

しかし、ポテトを見て「時間を損したくない」

時間を見て「ポテトを損したくない」

損したくない…という思いが強かったため、あぁ、結局、時間を失い、ポテトを手に入れたときの喜びも失った。

両方で損をした、となりました。

(でも今思うと、これ時間がかかってるのは私にも一因あったんじゃ…と思いますが(;´・ω・)

こっちのほうからもっとうまく、最初にポテト頼むようにすすめられなかったかな?と今となっては思うのですが、

当時の私はそこまで考えが至らず「損してるでーお客はん」とだけ思ってました)

 

 

つまり、

「私はこれがほしい、これを手に入れる!」

と、最初にそう思って、それを手に入れるために行動すれば3分(あるいは3分以下)でほしいものが手に入った、手に入れた喜びもある。

しかし「損したくない」が目的だと、そこから「いかに損をせずにすませるか」という行動(悩む)に無意識に出てしまう。

この行動が効率を下げ、不満を生み、結果的に6分かかって不満を手に入れただけ、ということですね。

 

 

「損をしたくない」ではなく「私はこれが好き」と思う人が得をする

 

このことを思い返すたびに、

「人生でも同じことが言えるんじゃないか」

と思うんです。

日々の生活で、

「私はこれが好き、これがしたい」

そう思っている人の行動はシンプルになります。

 

①私は○○がほしい!○○を実現したい!

②実現するまでの間「もうすぐ叶う♪」と思いながら待つ

③実現して「わーい」となる

 

対して、損をしたくない、ということが目的だと、

 

①損したくない、あっちでも損したくないしこっちでも損したくないので悩む

②悩んでいる間、あれはダメで不満、これもダメで不満、あっちもダメで不満

③やっとこさほしいものを手にしても②でさんざん不満になっているので、手に入れても喜びではなく不満を感じる

 

お店で商品を注文するのとは違いますから、やっとこさほしいものにたどり着く前に②で諦めることもあるかもしれない。

となると、ますます不満だしイライラする。

こういうことなんじゃないかなーと思います。

 

 

損をしたくない人は、悪い意味で視野が広い

 

私は目的が明確な人って「すごく良い意味で」視野が狭いように思います。

(あ、普通はこれを「ほしいものにフォーカスできてる」と言うよね)

たとえば子供だと、お店でキッズセットとか頼むともうそれが来るまでうっきうきのわっくわくだと思います。

実は店内にはもっとおいしいものがあるかもしれません。

でもそこについては考えない、ほしいものに夢中。

なので来るまでの間はわくわく、来たらハッピー!と単純明快。

 

 

対して、

「私は損をしたくない」

と思考していれば、自然とその次は、

「私が頼んだのよりもっとおいしいものがあったのでは?」

という思考に移る。

店内をきょろきょろ、別のお客さんの頼んだ商品を見て、

「あ、あっちのほうがおいしそう…私は損をした…」

と不満になる。

頼んだものが来てもあんまり嬉しくない…みたいな。

なんというか、無駄に視野が広いというか、見る必要のないものにフォーカスしてしまっている。

 

 

これ人生でも同じで、ほしいものが明確な人はほしいもののことしか考えないので、

わりと単純明快にワクワクしているうちにほしいものが手に入った、となるんです。

しかし損をしたくないと思っている人はどうしても、

「私はいま損をしていないか?」

「もっと得をしている人はいないか?」

という不安が生まれますので、不必要に自分と周りを比べて、得してそうな人をわざわざ自分から探して見つけて不満になってしまう。

もちろん、

「私は得してそうな人を自分から探しています」

なんて自覚はないです。

潜在意識下で自分でも気づかないうちに、無意識にやってしまうことです。

なので顕在意識上で意識できるのは、

「あ、私損した!あの人は得してるのに!」

ということだけです。

 

 

そうして人はつい意識の上で、

「あの人のほうが得をしている」

「こんなに損をしたくないと思っている私のほうが損をした」

「あの人、いっつも苦労もせずに得ばっかりして…!」

と感じます。

でも、なぜ自分が損をしているのか?

その人のせいで損をしたのか?

というと、違いますね。

損をしたのは、自分の「損をしたくない」という思考が原因です。

その思考が迷いや悩みを生み、必要のない場所にフォーカスしてしまい(見る必要もないのに「あの人」を見てしまったり)

思考はあっちにうろうろ、視点はこっちにうろうろ…、行動はふらふら…。

こうして自らの思考に翻弄されて、時間を使って不満になっていくばかり。

最後には損をしたという不満だけが残り、するとますます強く「損をしたくない」と思考するようになる。

この悪循環なのでは?と思います。

 

 

引き寄せでは、

「私は○○する、○○ができる、と言え」

「○○したくない、と言うな」

と言います。

その理由は、上で説明したような違いが生まれるからですね。

「○○する」という人は短い時間で満足を得る。

「○○したくない」という人は長い時間をかけて不満を得るからです。

 

 

なので、私は損をしたくないと思うのであれば、

「損したくない」

とか、

「いかに損せずにすませようか?」

ということを考えるのではなく、

「私は何をしたいのか?」

についてはっきりとさせ、したいことについて思考することが大事です。

そのように望むものを明確にすれば、損は勝手にしなくなるようにできています。

損せずにすむような行動を、あなたは無意識に取り始めますよ(*^^)v

 

 

損をしたくないという思考が損を生み出す。望むものにフォーカスすれば、損は自然としなくなる。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

宇宙にお願いすれば叶うっていうけど、私は引き寄せで何も叶わない…という方は…?

昨日こちらの本を紹介しました。昨日の記事にはこちらから。

画像クリックで本の詳細を見られます。

 

 

今回はこの中にある寓話で、印象に残ったものをもうひとつ紹介したいなと思います。

 

 

狐と熊

 

ある男が、森の中を歩いていました。

そこでケガをして動けなくなっている狐を見つけました。

狐は飢えて、死にかけてしまっています。

そこに熊が現れました。

しかしその熊は狐を襲ったりせず、それどころか自分の持っていたエサを狐に分け与えたのです。

 

 

翌日、男はまた森へと出かけ狐のもとに行きました。

この日もまた、昨日の熊は狐にエサを分け与えていました。

そしてそのまた翌日も、熊は狐にエサを…。

もう3日、同じことが続いています。

 

 

男は思いました。

「神が狐のことを気にかけてくださっているのか。

もしそうならば、きっと私のこともお忘れにはならないだろう。

この狐のように、私も神の愛を信じつづけよう!」

そして森の中でひざまずいて祈りました。

「神よ、何があろうとあなたを信じるということを狐から教わりました。

私もあなたに心からおすがりいたします」

そうして男は、その場に身を横たえました。

神がお慈悲を、食べ物を与えてくれることを待つことにしたのです。

 

 

しかし、1日が過ぎても、2日が過ぎても、3日が過ぎても何も起こりません。

男は怒りを覚えて神に言いました。

「神よ、あなたは私よりあの狐を愛していらっしゃるのですか?

私はあなたを愛しているのに、信じているのに、私を省みてくださらない。

なぜ私に食料をくださらないのですか?」

 

 

腹を立てた男は森を出て街に戻りました。

通りを歩いていると、お腹を空かせている貧しい子供に出会いました。

これを見た男は、とうとう神をののしりはじめました。

「神よ、ひどいではありませんか!

なぜ、なぜあなたはこの哀れな子供になにもしてあげないのですか!?」

 

 

そのとき、神の声が響いてきました。

「私は、ちゃんとあなたに何かをしたのだよ。

あなたを人間として創造したのだ。

しかしいま、私はあなたに失望している。

あなたはあの熊を見習うこともできたのに、狐であり続けようとしているのだから」

 

 

他者貢献と他者依存

 

私がこの物語を読んで思ったのは、

「この男は、引き寄せで『宇宙のパワー』が何かをしてくれることを待っている人のようだ」

ということです。

宇宙のパワーが狐みたいな私に味方してくれるはずだ、と考えている。

宇宙のパワーが味方してくれているのだから、私は熊のようにもなれるのだ、とは考えない。

 

 

どこの研究だったか忘れてしまったのですが、大きな成功をおさめる人って2種類に分けられます。

  • 強く自分自身を信じている
  • 強く神(に限らず、人外の自分より大きなパワー)を信じている

このどちらかなんですね。

信じているのはどちらでも構わないです、

「自分にならできるんだ!」

でもいいし、

「神が見守っていてくださるから自分にはできるんだ!」

でもいい。

結局「私はやるのだ、できるのだ」と信じているのでそこは共通しています。

引き寄せで大切なのはそこなので、そこさえ満たしていればいいです。

宇宙のパワーを信じる、という方は後者、神を信じるタイプに属すると思うのですが、

しかし神を信じて結果を出した人の中で、寓話の男のように、

「強く神を信じていれば自分では何もしなくていい」

と考え家で寝転がっていた人がいるのかというと……。

引き寄せでは、宇宙のパワーを信じてうまくいく人といかない人に分かれるのですが、

偉大なものを信じることで、熊になろうとする人か狐であろうとする人かの違いなのかな、と思いました。

宇宙のパワーを信じているが何も変わらない、という方は、一度、

「私は狐であろうとしていないか?」

という点について考えてみるとよいかな、と思います。

 

 

で、偉そうにこう言っている私ですが、

「じゃあ自分には狐の部分ってないんだろうか?」

と思うと、わりとすぐ思い当たるところがあったっていう…(;^ω^)

私自身も気をつけていこうと思います。

これ、

「私は熊か、狐か?」

という短い問いかけをするだけで「あ、いけない狐さんになってたわ」とかわかるので便利ですな、

これからはこの問いかけを自分にしてみよう!なんてことも思いました。

 

 

あなたは熊ですか?それとも狐ですか?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

現実を変える方法はこれ。現実を変えようとするのではなく、自分の認識(思考)を変える。

 

天の川

 

現実を変える方法を知りたいあなたに、まずこの寓話を

 

突然ですが、ひとつ寓話を紹介します。

いきなりなんやねんと思われそうですが、ままま、そう言わずどうぞ~。

 

 

寓話「オアシスの老人」

 

オアシスに、一人の老人が座っていました。

そのオアシスは、大きな二つの街に挟まれた場所にあります。

 

 

街に行くためにオアシスを通った男が老人を見つけ、声をかけました。

「これからむこうの街に行くのですが、この先の街はどんなところなのでしょう?」

そう聞かれた老人は、男の問いには答えずにこう聞き返しました。

「今までお前さんがいた街は、どんなところだった?」

尋ねられた男は顔をしかめてこう答えました。

「ひどい街ですよ。嫌な人間が多いし、汚い場所だし…。

だから向こうの街に行ってみようと思っているんです」

その答えを聞いた老人は、こう言いました。

「お前さんがそう思っているのなら、この向こうの街も、嫌な人間が多くて汚い街だろう」

 

 

しばらくすると、さきほどの男が来た街と同じ街から、別の男がやってきました。

その男は老人に尋ねます。

「これから向こうの街に行くのですが、どんな街なのでしょう?」

老人はさきほどと同じく、その問いには答えず聞き返します。

「お前さんがいた街は、どんなところだった?」

男は笑顔でこう答えました。

「いいところですよ。親切な人が多いし、きれいなところです」

老人はその答えを聞いて、こう言いました。

「そうか。お前さんがそう思うなら、向こうの街もいいところさ。

親切な人が多くて、きれいなところだよ」

 

 

大事なのは現実ではなく、現実を見るときに抱いている思考

 

…というお話ですが、いかがでしょうか?

 

 

同じ風景を見たときに、道端に咲いている花に注目し、

「わあ、きれいな花。良いものが見れて嬉しいな」

と思う人がいます。

同じ風景を見たとき、花の近くにたまたま落ちていたゴミに注目し、

「うわ、汚ねぇな。誰が捨てたんだよ、ムカつく」

と思う人もいます。

2人の生きている場所は同じ。

2人の体験している現実は同じ。

でも、その現実を見るときの心…思考が違う。

普段から不平不満といった思考を抱えていると、

その人の潜在意識は自然と「不満に思えそうなもの」を取り入れて、気づかせてくれる。

これは潜在意識が勝手にやっていることだから、その人は自分でも気づかないうちに、ゴミのほうを見てしまう。

目の前に花があっても気づくことができない。

だから現実が嫌なものに思える。

現実が嫌なものだから不満になっているのではない。

不満という思考を抱いているから、現実の嫌な部分しか見ることができない。

 

 

不満を抱かない人も原理は同じ。

普段抱いている思考が良いものであれば、

潜在意識はその人が「良い気分でいられそうなもの」を見せてくれる。

必死になって「良い気分になれるものはなにか」と探さなくても、

潜在意識は自然と良いものに気づかせてくれる。

こちらの人は、良いものばかりを見て生きることができる。

 

 

人を見るときも同じ。

不満が潜在意識下にある人は、無意識に相手の悪い部分ばかりに注目したり、悪い解釈をしたりする。

そして「あいつは嫌な奴だ」と言う。

不満のない人は、無意識にその人の良い部分ばかりに注目したり、良い解釈をしたりする。

そして「あの人はいい人だ」と言う。

見ている側の思考の問題。

「あいつの性格が悪いから気分が悪くさせられる」のではなく、

「自分の気分が悪いから、あいつの性格が悪く見える」。

 

 

人はつい、

「現実がこうだから、私はこう思考しているのだ」

と考えます。

ゴミが落ちているから私は不快なのだ。

あの人が悪いから私は腹を立てているのだ。

でも、本当にそうでしょうか。

真逆に考えてみてください。

不快な思いを抱えているからゴミしか見ることができないのだ。

怒りを抱えているからその人が悪く見えるのだ、と。

悪い現実の前には、必ずその「悪い現実」を見るはめになるような「思考」が頭の中にある。

その思考を変えることで、現実を変える。

それが引き寄せの法則です。

 

 

現実のあとに思考があるのではなく、思考したものに見あう現実を見ることになる。それが引き寄せ。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

不幸になってほしい、罰が当たりますように…。その願いは引き寄せで叶えられるのか?

菊

 

本日は、いただいた質問への回答です。

 

引き寄せの法則は願ったことが現実になるんですよね。

私には嫌いな人がいます、その人が不幸になればいいと願っています。

その人のせいで私は自信がなくて辛いです、あの人に罰が下ればいいと思います。

こういう願いも引き寄せでは叶いますか?

引き寄せで人に罰が下ることはありません。

不幸を願った側が不幸になってしまうため気をつけてください。

 

 

不幸になってほしいと願う心理はどのようなものか?

 

私も過去、ものすごく憎い人がいました。

不幸を願わずにはいられないほど大嫌いでたまりませんでした。

なので、そのように思うお気持ちはなんとなくお察しします。

詳しい事情を知らないのでなんとなく、ですけれど…。

では、詳しく説明していきますね。

 

 

潜在意識の力ってものすごいですから、

「まるで奇跡!」

みたいなことを起こすことも可能ではあります。

ただ、まるで奇跡のようというのはあくまでも比喩的な表現ですから、

本当に奇跡をもたらす魔法の法則!というわけではないです。

「あの人が憎い、あぁ、天罰が下りますように」

と思っていても、魔法のパワーで奇跡が起きてその人に罰が下るとか、そういうことはないです。

引き寄せって、悪人を裁いてくれる法則とか、善人に幸せをもたらす法則とかではありません。

ただただ、「自分の思考が現実になる」というだけの法則なんです。

 

 

この質問をくださった方の思考も、引き寄せによって現実になりますが、

では質問者さまは今どのような思考をしているのでしょうか。

というと、

「あの人のせいで私は不幸」

と思考していますよね。

では、その思考を実現するのが潜在意識の仕事。

つまり、

「もっと、『あの人のせいで私は不幸』と思えるような現実を作る」

「ずっと、『あの人に罰が当たればいいのに』と思い続けていられそうな現実を作る」

というのが潜在意識の仕事なんです。

 

 

そして現にいま、潜在意識はそのように働いてそのような現実を作っています。

なので、ずっとその人を恨むことから抜け出せなくなっている。

「あの人が憎い」

という強い思考を抱いている限り、それが現実化されて、その人を憎まずはいられないように潜在意識がしてくれる。

もう願い(強く思考していること、この場合は憎しみ)は現実化しているということです。

「そんなこと願ってない!」

って言いたくなるだろうけど、潜在意識はそのへん融通きかないから…。

ただその人の持っている「強い思考」を願いとみなして、現実にするのみなのでこうなります。

 

 

嫌いな人が不幸になることを願うのではなく、自分の幸せを願うことで幸せになれる

 

「あの人が憎い」という思考が強くあると、潜在意識はアホですから、

「あ、あの人を憎むのがこの人の願いか、じゃ、もっと憎ませてあげないと」

という解釈をしてそう動きます。

これは、もうそういう仕組みなんでどうにもできないです。

ここはこちらが仕組みに合わせて動くしかありません。

 

 

では、どうすればいいのか?

潜在意識は2つの思考があったとき、より強い方に同調して、より強いほうを実現します。

なので、「あの人が憎い」より強く「私は幸せになる」と思考する。

そうすると潜在意識のほうで、

「あ、次の願いは自分が幸せになることね。オッケー、じゃあ幸せにしてあげないと」

と変更されるのでそうなる。

という仕組みなので、自分が幸せになりたいなら「私は幸せになる」と思考するしかないです。

(で、急にそうは思えないから、そう思えるようになるための作業としてアファメーションしなさい、と引き寄せでは言われます)

 

 

人の不幸を願うと自分に返ってくるというのは本当のこと

 

つい人って、

「あの人が不幸になれば、私は幸せになれる」

「あの人が変わってくれれば、私は幸せになれる」

と考えちゃいますよね。

ただ、これだと順序が逆です。

「あの人が不幸になるという現実が起きれば→私は幸せだと思考する」

という順序だと「現実→思考」です。

でも本来は「思考→現実」です。

思考を変えない限り現実は変わらない世界で、現実が変われば私は思考を変えます、と言っても、

種を植えない限り花が咲かない世界で、花が咲けば私は種を植えます、と言っている感じです。

「こっちが先に種を植えるしかないんだなぁ」

という点は受け入れて、先に種を植えないと花は咲かない。

こちらが「幸せになる」という思考の種を先に植えるしか、現実を変えることができない。

花が咲いたら種を植えます、と考えている限り、ここから抜け出せなくなります。

 

あの人に罰が当たりますようにと思考する

その思考が現実化してあの人に罰が当たる

 

というふうにお考えになっていると思いますが、そうではなく、

 

あの人に罰が当たりますようにと相手を恨む思考がある

その思考が現実化して、もっと相手を恨まずにはいられないようなことが起きる

 

です。

ますます、自分のほうが不幸になってしまう。

これが俗に言う「人の不幸を願うと自分に返ってくる」というものですね。

その人を恨みつづけることが目的ならそれでいいかもしれないけど、本当に幸せになりたいなら、自分で種を植えてください。

 


 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ