潜在意識の「自分が創造主」という話が、よくわからない方へ

コンドル

 

潜在意識の力で世界を作った、創造主…?

 

今回は「創造主」についてです。

潜在意識のお話だと、

「自分がこの世界の創造主である」

と言われることがありますよね。

しかし、

「そう言われるからそうなのかなってなんとなく思ってるけど…、

でも正直、自分が創造主とか言われても意味がよくわからない…」

と感じている方も、多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

「自分が創造主であるとは、どのような意味なのか?」

について詳しくお話していきます。

 

 

「椅子」の創造主も私?潜在意識の力で、椅子を作った?

 

「創造主は自分」と聞いて、

「この世のすべてのものを、自分の潜在意識の力で創造している…ということかな?

で、では私がいま座っているこの椅子も、私の潜在意識が作りあげたもの…だっていうのか…!?」

と思う方もいるかもしれません。

まさにそのとおり!

その椅子は創造主であるあなたが、自らの潜在意識の力で作りあげたもの…!

 

 

 

 

 

なわけがない、どっかの会社で製造された椅子でしょ(;^ω^)

 

 

 

 

 

さすがの潜在意識にも、

「物理的に椅子(などの物体)を作り出す」

なんて力はないので、創造主というのはそういった意味ではありません。

 

 

あなたは潜在意識の力で、物体を椅子に変えられる創造主

 

ではどういう意味なのか?というと、これは、

「椅子を椅子たらしめているのは、あなたの潜在意識である」

という意味です。

 

 

あなたは、いま椅子に座っている。

でもでも、なぜあなたはその物体を椅子だと思ってその上に座っているのか?

というと、あなたの潜在意識下に、

「この物体は椅子である、座って使うものである」

という認識があるから、ですよね。

もしあなたに「椅子」という認識がなければ、その物体を見ても椅子だとは思いようがないはずです。

その場合、

「なんだかよくわからない物体」

にすぎませんよね。

そう、あなたのお尻の下にあるその物体は、もとはなんだかよくわからない、意味のないただの物体です。

 

 

しかし、あなたがその物体を「椅子だ」という認識を持って見たので、

「椅子だ」という意味をそれに与えたので、そこから無意味な物体は「椅子」になり、いまあなたのお尻の下にあります。

「もともとそこに椅子があった、だから私はそれを見て椅子だと思った」

と考えがちですが、そうではなくて、

「私がそれを見て椅子だと思った、だからそれは椅子になった」

です。

 

 

これはある意味、あなたが椅子を作っていますよね。

あなたの潜在意識(にある認識)によって、何でもない物体が「椅子」へと変わったのですから、そういう意味ではあなたは「椅子を作った創造主である」と言えます。

 

 

椅子の創造主であるなら、他のものの創造主でもある

 

その椅子を椅子たらしめているのは、あなたの潜在意識である。

あなたが椅子の創造主である。

…ということは、これって椅子以外のなんにでも当てはまりますよね。

 

 

世界のすべての物体、人物、事象は、潜在意識下になんの認識もない状態で見たとき、すべて何の意味もないものです。

もともと「きれいな花」があるわけではなく、あなたが、

「これは花だ、きれいだな」

という認識を持って見るので、無意味なものが「きれいな花」へと変わる。

美しい花を美しい花たらしめているのは、あなたの潜在意識。

あなたは美しい花の創造主、と言えます。

 

 

もともと「壮大な海」があるわけではなく、あなたが「これは海、なんと壮大だ」と思うので、それは壮大な海へと変化する。

壮大な海を壮大な海たらしめているのも、あなたの潜在意識。

あなたは壮大な海の創造主でもある。

 

 

もともと「嫌な人」が存在するのではなく、あなたが「この人、嫌な人だ」と思うので、それは嫌な人へと変化する。

嫌な人を嫌な人たらしめているのも、あなたの潜在意識。

あなたは嫌な人の創造主でもある。

 

 

…という感じで、世界のどのようなことにでも同じことが言えます。

つまりは、

「この世界をこの世界たらしめているのは、あなたの潜在意識。

あなたはこの世界の創造主である」

ということになります。

 

 

潜在意識で世界を作った創造主なのは、わかったけど…

 

で、いま、

「…まぁ、そのように言うならば、確かに私が自分の潜在意識で世を作った創造主である…と言えるが…。

…だから何だ?それがわかったところで、なんか変わるの?」

と思っている方もいるかもしれません。

いやはやー、仰るとおりで、正直これを「頭で」理解したところで、

「はぁ、そうなんですか」

ってだけだと思います(;^ω^)

 

 

なので、「頭で理解する」のではなく「体感」してほしいんですね。

長々話しましたが、結局「あなたが創造主」って何が言いたいのかと言うと、

「世界がそう見えているのは、あなたがそう見えるような認識を持っているからだよ。

全部、あなたの潜在意識にある認識が原因なんですよ」

ということだと思います。

これを理屈で理解するのではなくて、腑に落とすんです。

しばしの間、いろいろな人、もの、ことを見て、

「これがこう見えるのは、私の潜在意識下の認識のせい…」

「もし認識がなかったら、こうは見えてないし、こう見えてないならこう行動することもないよな…」

というふうに意識して過ごしてみてください。

そうしているうちにストンと、

「あぁー!確かに、全部全部、自分の認識なんだ!

世界って、私がそう思うからそうなってるだけなんだ!(私は世界の創造主なんだ!)」

と納得できるときがくると思います。

 

 

そして、自身がこの世界を創造していたと納得できたということは、つまり、

「だったら、自分(の潜在意識下の認識)が変われば世界が変わるんじゃん」

ということにも納得できた、ということです。

引き寄せをうまく使えないという方は、たいがい自分ではなくて世界(現実)を変えようとするからうまくいきません。

その世界を変えようという状態からスルッと抜け出して、

「私が変わればいいんだ!よし、そうしよう!」

というふうになれると思います。

そうしてあなたが変わるなら、それに合わせて世界も変わりますよ(*^^)v

 

 

世界がそう見えるのは、そう見えるような認識が、あなたの潜在意識下にあるからです。

あなたがその世界を作っている、創造主です。

 

 

「引き寄せがうまくいかない人は、自分ではなく世界を変えようとしている」

と書きましたが、それについてもっと詳しく書いてある記事もありますので、ぜひ読んでみてください。

こちらの記事では「認識」という言葉ではなく「思考」という言葉を使っていますが、同じ意味だと思ってOKです↓

潜在意識の力で、現実(世界)を変える人と変えられない人の違い

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

現実を変える方法はこれ。現実を変えようとするのではなく、自分の認識(思考)を変える。

 

天の川

 

現実を変える方法を知りたいあなたに、まずこの寓話を

 

突然ですが、ひとつ寓話を紹介します。

いきなりなんやねんと思われそうですが、ままま、そう言わずどうぞ~。

 

 

寓話「オアシスの老人」

 

オアシスに、一人の老人が座っていました。

そのオアシスは、大きな二つの街に挟まれた場所にあります。

 

 

街に行くためにオアシスを通った男が老人を見つけ、声をかけました。

「これからむこうの街に行くのですが、この先の街はどんなところなのでしょう?」

そう聞かれた老人は、男の問いには答えずにこう聞き返しました。

「今までお前さんがいた街は、どんなところだった?」

尋ねられた男は顔をしかめてこう答えました。

「ひどい街ですよ。嫌な人間が多いし、汚い場所だし…。

だから向こうの街に行ってみようと思っているんです」

その答えを聞いた老人は、こう言いました。

「お前さんがそう思っているのなら、この向こうの街も、嫌な人間が多くて汚い街だろう」

 

 

しばらくすると、さきほどの男が来た街と同じ街から、別の男がやってきました。

その男は老人に尋ねます。

「これから向こうの街に行くのですが、どんな街なのでしょう?」

老人はさきほどと同じく、その問いには答えず聞き返します。

「お前さんがいた街は、どんなところだった?」

男は笑顔でこう答えました。

「いいところですよ。親切な人が多いし、きれいなところです」

老人はその答えを聞いて、こう言いました。

「そうか。お前さんがそう思うなら、向こうの街もいいところさ。

親切な人が多くて、きれいなところだよ」

 

 

大事なのは現実ではなく、現実を見るときに抱いている思考

 

…というお話ですが、いかがでしょうか?

 

 

同じ風景を見たときに、道端に咲いている花に注目し、

「わあ、きれいな花。良いものが見れて嬉しいな」

と思う人がいます。

同じ風景を見たとき、花の近くにたまたま落ちていたゴミに注目し、

「うわ、汚ねぇな。誰が捨てたんだよ、ムカつく」

と思う人もいます。

2人の生きている場所は同じ。

2人の体験している現実は同じ。

でも、その現実を見るときの心…思考が違う。

普段から不平不満といった思考を抱えていると、

その人の潜在意識は自然と「不満に思えそうなもの」を取り入れて、気づかせてくれる。

これは潜在意識が勝手にやっていることだから、その人は自分でも気づかないうちに、ゴミのほうを見てしまう。

目の前に花があっても気づくことができない。

だから現実が嫌なものに思える。

現実が嫌なものだから不満になっているのではない。

不満という思考を抱いているから、現実の嫌な部分しか見ることができない。

 

 

不満を抱かない人も原理は同じ。

普段抱いている思考が良いものであれば、

潜在意識はその人が「良い気分でいられそうなもの」を見せてくれる。

必死になって「良い気分になれるものはなにか」と探さなくても、

潜在意識は自然と良いものに気づかせてくれる。

こちらの人は、良いものばかりを見て生きることができる。

 

 

人を見るときも同じ。

不満が潜在意識下にある人は、無意識に相手の悪い部分ばかりに注目したり、悪い解釈をしたりする。

そして「あいつは嫌な奴だ」と言う。

不満のない人は、無意識にその人の良い部分ばかりに注目したり、良い解釈をしたりする。

そして「あの人はいい人だ」と言う。

見ている側の思考の問題。

「あいつの性格が悪いから気分が悪くさせられる」のではなく、

「自分の気分が悪いから、あいつの性格が悪く見える」。

 

 

人はつい、

「現実がこうだから、私はこう思考しているのだ」

と考えます。

ゴミが落ちているから私は不快なのだ。

あの人が悪いから私は腹を立てているのだ。

でも、本当にそうでしょうか。

真逆に考えてみてください。

不快な思いを抱えているからゴミしか見ることができないのだ。

怒りを抱えているからその人が悪く見えるのだ、と。

悪い現実の前には、必ずその「悪い現実」を見るはめになるような「思考」が頭の中にある。

その思考を変えることで、現実を変える。

それが引き寄せの法則です。

 

 

現実のあとに思考があるのではなく、思考したものに見あう現実を見ることになる。それが引き寄せ。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ