意図すれば叶うなら、なぜメソッドが必要なのか?

花

 

意図すれば叶うなら、意図以外はいらないはず?

 

今回は「意図すれば叶う」ということについてです。

この言葉は、潜在意識のお話になるとよく出てくる言葉ですね。

ただ、ときおり私のもとにはこのような質問が寄せられます。

「意図すれば叶うのなら、なんのためにメソッドをするんですか?」

と。

いまこう聞いて、

「ハッ…!!そ、そう言われてみれば…。

意図すれば叶うっていうんなら意図のみしていればいいはずで、別にメソッドしなくてよくね!?」

と思った方もいるかもしれませんね。

ではでは、この点について詳しくお話していきます。

 

 

意図すれば叶うのに、メソッドをわざわざやる理由とは

 

なぜメソッドをする必要があるのか?

それは、

「意図すれば叶う状態になるため」

です。

 

 

意図すれば叶うということ自体は、たしかに本当のことです。

けれど意図すれば叶うのって、

「前提が『できる』の場合のみ」

なんです。

前提が「できない」の場合には、意図したからといって叶うわけではありません。

 

 

以下が意図すれば叶う状態

 

よくある例えですが「水を飲む」を例に出してみます。

あなたは、自分が水を飲もうと思えば飲めると思いますか?というと、当然飲めると思いますよね。

このように「それはできて当然じゃん」という気持ちがある状態が、

「前提が『できる』の状態」

です。

この場合は意図すれば叶うことになりますので、メソッドは必要がありません。

「水を飲もう」という意図のみあれば叶います(水を飲めます)

 

 

以下は意図しても叶わない状態

 

では次に、あなたは億万長者になろうと思えばなれると思いますか?というと、こちらは「なれない、無理」と感じるかもしれませんね。

このように「できない、無理」という気持ちがある状態が、

「前提が『できない』の状態」

です。

この場合は、意図すれば叶うということはありません。

 

 

いや、しかしある意味これは、意図のみで叶えることができていると言うこともできます。

「億万長者になんてなれるわけがない」

↑これは言い方を変えると、

「億万長者になれないということは、できて当然だと思っている」

ということですよね。

前提が「できる」なので、この場合は「億万長者になれない」という意図のみあれば、それだけで叶います(億万長者になれません)

…というふうに表現することもできます。

 

 

巷で意図すれば叶うと言われているのは、もう少し正確に言うと、

「あなたの持っている前提が『できる』の場合は、意図すれば叶う」

ということです。

 

 

意図すれば叶う状態に変化するために、メソッド

 

では、あなたの「億万長者になろう」という意図がちゃんと叶う状態にするためには、どうすればいいのか?

というと、前提を「できない」から「できる」へと変える必要がありますよね。

ではでは、前提を変えるためには何をすればいいのか?

というと、メソッドをすればよい、となります。

順番としては、

 

①現在は前提が「できない」で、意図しても叶わない状態にある

②メソッドを使い、自分の前提を「できる」へと変える

③前提が「できる」に変われば、意図すれば叶う状態になるのでメソッドは必要なくなる

 

です。

ということで、

「意図すれば叶うなら、なぜメソッドが必要なのか?」

の答えとしては、

「まだ意図すれば叶う状態にない方が、叶う状態に変化するため」

(前提を「できない」から「できる」へと変えるため)

です。

 

 

ただもちろん、あなたがすでに、

「億万長者?そんなものなれて当然だよ」

という前提を持っている場合には、すでに意図すれば叶う状態にあるということですので、わざわざメソッドをする必要はありませんよ(*^^)v

 

 

メソッドを行うのは、意図すれば叶う状態になるため。

 

 

意図すれば叶う状態になるためのメソッド(前提を変えるためのメソッド)として有名なのは、アファメーションです。

アファメーションに関しては以下の記事を参考になさってみてください↓

199式アファメーションついての解説

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメルマガをお届けいたします。

メルマガ登録をしてくださった方は、一般公開していない限定記事も読めるようになります(*´ω`*)

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せで、感謝できない理由とその対処法

雫

 

感謝できないと、良い引き寄せができない?

 

今回は「感謝できない」という方へ向けてのお話です。

引き寄せではよく、

「感謝すると、より感謝したくなる事態を引き寄せる」

と言いますよね。

しかし、

「そうは言われても…さぁ感謝するぞ!とか思っても感謝できないし…。

このままじゃ良い引き寄せができないのかな…どうしよ…」

とお困りの方もいるのではないか?と思います。

そこでこの記事では、

 

①感謝できない理由はなにか?

②感謝できない人は、これからどうすればいい?

 

の2つについて詳しくお話していきます。

 

 

「嫌いな人やものに感謝できないのですが…」

 

まずひとつめの、

「①感謝できない理由はなにか?」

についてです。

 

 

「しようと思っても感謝できないのですが…」

というご相談はときおり頂くのですが、そのような方のお話を聞いていて私が思うのは、

「わざわざ感謝できないようなものを選んで、感謝しようとしている場合が多い」

ということです。

たとえば、

「私を虐待した両親に対して、どうしても感謝できないのですが…」

「私をいじめてくる同僚に対して、感謝できないのですが…」

というふうに、

「いきなり、そんなすごい嫌なことに感謝しようとしなくてもいいんじゃ…」

と思うようなことに感謝しようとしていたりします。

 

 

誰にだって、

「これには感謝できるけど、こっちには感謝できない」

というものがあります。

ならばそこで「私、これになら感謝できるな」と思うものを選んで感謝すればいいのですが、あえて感謝できないような難しいものを、無自覚に選んでしまっているんですね。

 

 

引き寄せには「嫌いなものに感謝せよ」という決まりはない

 

どうも、

「感謝すると良い引き寄せが起きる」

↑この言葉を聞いたときになんとなく、

「嫌いなものに感謝できるようになると、良い引き寄せが起きる」

という意味に解釈なさる方が多いようです。

 

 

おそらくは、

「人を嫌うのは良くないことである、憎んでいる人を許すのは素晴らしいことである」

「嫌いな人への感謝、許しという素晴らしいことができるようになれば、自分のレベルが上がる。

そうしたらすごく良い引き寄せが起きそう、大きく人生が変わりそう」

というふうに考え、わざわざ嫌いな人やものに感謝しようとするのかな?と思いますが、引き寄せには「嫌いな人やものに感謝せねばならぬ」なんて決まりはありませんよ(*^^)v

 

 

感謝できない人は、どうすれば良い引き寄せを起こせる?

 

では次に、

「②感謝できない人は、これからどうすればいい?」

についてです。

 

 

これは上でもう書いちゃったんですが、

「自分の好きなもの、感謝できそうなものにだけ感謝しておけばいい」

です。

虐待した親に感謝できないとしても、

「弁当のから揚げがうまいぜ!ありがたいね~♪」

とか、

「芸能人の〇〇くんマジで素敵、ほんとこの人がいてくれて嬉しい!」

とかいう感謝なら、できるのではないでしょうか?

そういう自分にできる感謝をなさってみてください。

 

 

「そんな小さな感謝や、したいものにだけしておくという姿勢でいいの?」

と思うかもしれませんが、それでじゅうぶんに引き寄せの力は働きますよ。

「そういう姿勢ではダメなはずだ」

という固定観念を、手放してください。

 

 

感謝できないなら、できるものから徐々にで十分

 

さきほど、

「感謝できないという方は『そんなすごい嫌なことにいきなり感謝しようとしなくてもいいんじゃ…』ということに感謝しようとしている」

と書きましたが、これはたとえるなら、冒険に出たばかりの新米勇者が突如ラスボスに挑んでいる感じだと想像してみてください。

それよりも最初は、勝てそうな小さなスライムとかを倒して力をつけていきますよね。

で、だんだん自分が強くなってきたらラスボスも倒せるようになります。

 

 

それと同じで、感謝できそうな小さなものへと感謝していくことで、だんだん「プラスの方向へと目を向ける力」がついてきます。

人や物事の良い面を見られるようになっていく、良い解釈をできるようになっていきます。

自分の前提が、否定的なものから肯定的なものに変わってくるんですね。

そうすると、

「最初はとうてい感謝できないと思った相手への見方が変わり、そこまで嫌だと感じなくなった」

とか、

「ものすごく仲が悪かったのに、なんだかんだで和解できた」

というような良い変化が起こったりします。

そのような良い変化が起きることこそが、「良い引き寄せが起きる」ということです。

 

 

引き寄せる順番を、こう考えてみて

 

順序を、

 

①感謝すると良い引き寄せが起きる

②では、嫌いなものに感謝できるようにならなければいけない

③それをやり遂げられるような人間になれれば、良い引き寄せが起きるはずだ

 

というふうに考えると、感謝できないよーと辛くなってしまいがちです。

それよりは、

 

①感謝すると良い引き寄せが起きる

②嫌いなものに感謝せねばならぬという決まりもないので、好きなものにだけ感謝しておこう

④良い引き寄せが起きる(最初は感謝できなかった人やものにも感謝できるようになる)

 

というふうに考えてみてください。

こちらのほうがうまく引き寄せができるようになると思いますよ~(*´ω`*)

 

 

「どうすれば嫌いなものに感謝できるようになるのか?」

と考えるよりも、

「そもそも、嫌いなものに感謝せねばならないという決まりはない」

という点に気づくと、引き寄せは楽になります。

 

 

感謝に関する記事は他にもございます、よければ以下もどうぞ↓

感謝をしても良い引き寄せが起きないのは、なぜ?

お金に感謝をしても、お金が引き寄せられてこないんですけど…

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

決めると叶うのはわかったけど、決められたかがわからない方へ

ラベンダー

 

決めると叶う、決めると叶う…それはもう、わかった!

 

今回は「決めると叶う」についてです。

引き寄せではよく、

「そうなると決めると叶う」

というふうに言われますよね。

ただ、

「決めると叶うのはもうわかった…そこはわかってるんだけど、

自分がちゃんと『決めることができているのかどうか』ということがわからんのや…。

そこは一体どうすればわかるねん…」

という方もいらっしゃるのではないか?と思います。

そこでこの記事では、

 

①決めると叶うの「決める」って、何?

②自分が「決める」ことができたかどうかは、どうやって判断するの?

 

の2点について詳しくお話していきます。

 

 

決めると叶うの「決める」ってどういうことなの?

 

まずはひとつめの、

「①決めると叶うの『決める』って、何?」

ということについてです。

 

 

えーと、これはですね、本当にただただ「決める」ことを言っています。

たとえば、

 

〇明日の朝は6時に起きようと決める

〇今日のお昼ご飯はラーメンにしようと決める

〇来月は旅行に行こうと決める

 

とか、こういうふうに物事を決めることは、みなさん日常的に行っていますよね。

これと全く同じです。

 

 

引き寄せが…潜在意識が…と言われると、何か特別な難しいことのように思えて、

「『決める』という言葉に、深い意味があるのではないか?」

「日常でやっている『決める』と何か違いがあるのではないか?」

とか考えてしまうかもしれませんが、特に深い意味もなければ、違いもありません。

本当に普段の「決める」と同じことです。

 

 

「決めると叶う」は誰でも日常的にやっている

 

みなさん普段はあまり意識しないでしょうが、

「今日のお昼はラーメンにしようっと」

と思って食べるのも引き寄せなんですよ。

まず、ラーメンにしようと決める。

すると、そこから潜在意識は「ラーメンを食べる」を叶えるために動き出す。

そのため、あなたは自然と「ラーメン屋さんに行く」などの行動を取るようになる。

その結果、決めた内容(ラーメンを食べる)が叶う。

こんな感じで、人は誰でも日常的に「決めると叶う」をやっています。

 

 

決めると叶うなんてことは、特別なことでもなんでもないんですね。

誰もが必ずやったことがあるはずなので、あまり難しく考えないようになさってください。

本当にただ「そうしよう」と決めることを言っています。

 

 

決めるがちゃんとできているか、叶うか確かめたい…

 

ではでは次に、

「②自分が『決める』ことができたかどうかは、どうやって判断するの?」

についてです。

 

 

これは、

「自分が『決める』ことができたかどうかは、どうやって判断するの?」

という疑問が出てこないならばうまく決められていて叶うし、

出てくるようならば、うまく決められておらず叶うのが遅れてしまうと思います。

 

 

「決める」について考えている間、叶うことがなくなる

 

想像してみてほしいのですが、もしあなたのお友達があなたに、

「私、ラーメン食べると決めた!

…でも、私って…ラーメンを食べるとうまく決めることができたのかなぁ…?

ね、できたと思う?」

と聞いてきたとしたら、あなたはきっと、

「いや、決めてたらそもそもそういう疑問は出てこないと思うけど…」

と感じるはず。

そう、通常は物事を決めたあとに「決めたかな?」という疑問は出てこないものです。

そのような疑問が出てくるのは、まだ決めていないから、ですよね。

 

 

そしてもしそのお友達が、

「ううむ、私は決めることができているのか…、

このあと私の『ラーメン食べる』という思いは叶うのか…確かめたい…どうすればわかるのだろう…」

と考えはじめたとしたならば、あなたは、

「いや、少なくともそれを考えてる間はラーメン食べることはできん(願いが叶うことはない)がな」

と、思いますよね。

 

 

「ちゃんと叶えたいからこそ、決めることができているか確かめたい」

と思うお気持ちもわかるのですが、実はかえって、

「ちゃんと決めることができているか確かめたいと思っている間は、叶うことがない」

となってしまいます。

 

 

「決めることができていて、叶うのか?」の確認をやめる

 

では、お友達がちゃんとラーメンを食べられるようになるためには、どうすればいいでしょうか?

ラーメンを食べることができるか確かめようとするのではなく、むしろ確かめようとするのをやめ、

「ラーメン食うぞー!」

ということに意識を向けたほうが、確実にラーメンに近づきますよね。

 

 

願いを叶えたいというときも、要領はラーメンと同じです。

あなたがいま、決めることができているのか、叶うのかどうか確かめたいと思っているのであれば、

「叶うかどうか確かめようとすること」

よりも、

「叶うかどうか確かめようとするのをやめること」

のほうが大切です。

 

 

確かめることに意識を向けるのではなく、叶えるものへと意識を向けてください。

「ラーメン食べられるかどうか確認しようとするのはもういいや、それよりラーメン食うべ!」

というのと同じように、

「叶うかどうか確認しようとするのはもういいや、それより叶えるベー!」

と思ってください。

そのほうがず~っと叶うのが早くなりますよ(*^^)

 

 

「決める」とは、日常で物事を決めるときと同じことです。

「決めることができているのかな?叶うのかな?」

と考えることよりも、

「そのようなことを考える必要はない」

ということに気づくことが大切です。

 

 

「決めると叶う」に関しての記事は他にもありますので、よければこちらもどうぞ↓

本当に、決める「だけ」で叶うの?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

全て叶った世界にいるとは、具体的にどういうこと?

デイジー

 

「あなたは、全て叶った世界にいる」?

 

今回は「全て叶った世界にいる」ということについてです。

潜在意識のお話になると、このフレーズはよく出てきますよね。

しかし、

「すすす、全て叶った世界にいる…って、こ、こ、ここが全て叶った世界だと?

どういう意味やねん!叶ってねーわ!!」

と言いたくなる方も多いかと思いますので、あなたが全て叶った世界にいるとはどういうことなのか?についてお話していきます。

 

 

全て叶った世界にいる、ということにしましょうよ

 

「全て叶った世界にいる」

これは、

「実際にこの世界は、何もかも全てが叶った状態にあるのですよ!」

という意味ではなく、

「自分は全て叶った世界にいる、と考えることにしましょうよ」

という意味だと思ってみてください。

 

 

引き寄せの法則って、潜在意識の力によって、考えていることが現実になる法則のことですよね。

ではあなたが、

「私は全て叶った世界にいる」

と考えたとすると、あなたの潜在意識は、

「そうか、そう思っているならばその思考どおり『全て叶った世界』を作らないとね(願いを全て叶えないとね)」

と働きはじめ、のちのち「全て叶った世界」が作られます。

 

 

つまり、

「ここは全て叶った世界です、だから全て叶った世界にいるのだと思いましょう」

というわけではなくて、

「全て叶えたいのなら、先に全て叶った世界にいると思う必要があるので、そう思うことにしようよ」

ということです。

 

 

全て叶った世界にいる、ということに深い意味はない

 

みなさん、

「全て叶った世界にいる、ということには深い意味があるはずだ。

一体、どういう意味なのだろう?

どういう理屈があって、この世界ではすべて叶うことになっているのだろう?

この謎を解き明かせれば、きっと叶うのだ…」

というふうに考えがちなのですが、全て叶った世界にいる、ということには、

「そう思っときゃそうなるんだし、とりあえずそう思っとこうや」

以上の深い意味はありません。

もとより深い意味などないところに深い意味を見出そうとしても見つけられないため、ここで詰まってしまう方が多いです。

 

 

全て叶った世界にいるということの意味は、あとから生まれる

 

最初はなんの意味もなくても、

「よっしゃ、なんかよくわからんが私は全て叶った世界にいるんやな?

ほんならそう思うことにするわ!!」

と思ってしまいます。

すると人は、なんでもないところに意味や証拠を見出し始めます。

 

 

たとえば、

「あれ、こんなところに私の大好きな花が咲いてる!

珍しい花で、道端に咲くことなんてほとんどないのに、すごい!

これってここが叶った世界だっていう証拠かも…!?」

というふうにです。

実際のところ、そこに花が咲いていたことは偶然にすぎませんが、

全て叶った世界にいるという前提でものを見ていると、

人はなんでもないものにも意味や理屈、根拠を見出し、

「やはり、ここは全て叶った世界なのだ」

という前提を深めていきます。

 

 

これは身も蓋もない言い方をすると、単なる思い込みです。

もともと人間には「こうだ」と思うと、関連のないものに対して、

「これは自分が『こうだ』と思っていることと関連しているのだ、意味があるのだ」

と思い込む心理(錯誤相関という心理です)が備わっています。

その心理が働きはじめるため、なんでもないところから意味が生まれてくるんですね。

 

 

このように、意味や理屈、根拠というものは「そうだと思ったあとに、なにもないところから生まれる」ものであって、

もともとどこかに意味や理屈が存在していて、それを見つけたらそうだと思おう、というものではありません。

 

 

するとますます、自分が全て叶った世界にいると思うようになる

 

そのようにして何かしらに意味を見出すことで前提が深まれば、ますますいたるところで、

「これも叶った世界にいる証拠だ!」

「きっと、これにはこういう意味があるんだ!」

と思うようになっていきます。

さらにさらに確信が深まっていき、

「絶対にここは全て叶った世界なのだ!

ならば私の願いが叶わないはずがない、間違いない!!」

という確固たる信念へと変化します。

 

 

そのような確固たる信念が生まれれば、あとはもう大丈夫。

潜在意識が、

「ここは叶った世界で、願いが叶わないはずない言うてるで!ほんなら叶えなあかんべ!」

と強く働きはじめ、身近にある「叶えるためのチャンス」に気づかせてくれるようになり、そのチャンスをつかむための行動を取らせてくれるようになります。

そして願いが叶えば、

「ほら、やっぱり叶った!やっぱり私の思ったとおり、私は全て叶った世界にいるんだー!!」

となります、こうして思考が現実化します。

 

 

「全て叶った世界にいる」は流れの一番目

 

流れを簡単に説明すると、

 

①深い意味はないが「私は全て叶った世界にいるのだ」と思うことにする

②そう思っていると、ふとしたことまで叶った世界にいる証拠のように思えてくるので、ますますそう思うようになる

③「ここは間違いなく叶った世界だ、ならば絶対に私の願いは叶うはずだ!」という強い確信が生まれる

④そう確信したら、潜在意識がそれを現実化する(願いが叶う)

 

です。決して、

 

①全て叶った世界にいる、ということには自分の知らないすごい意味や理屈がある

②その謎を紐解ければ

③願いが叶う

 

とかではありません。

単に、

「全て叶った世界にいるって思っときゃそうなるんだし、そう思おうぜ」

というだけのことです、あまり深く考え込まないで、単純にそうだと思ってくださいね(*´ω`*)

 

 

「全て叶った世界にいる」ということの意味や理屈を紐解こうとする必要はありません。

何の意味もなくそうだと思っておけば、のちのちそうなるのが引き寄せの法則です。

 

 

今回の記事と似ているのですが、

「望むものは既にあるって、どこにあるの?どういう意味なの?」

ということについて書いた記事もありますので、よければこちらもどうぞ↓

既にあるって、どこにあるの?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

お金を引き寄せるコツは「感謝」と言うけれど…?

お金

 

お金の引き寄せのコツは、お金に対する感謝?

 

今回は「お金への感謝」についてです。

お金を上手に引き寄せるコツは、お金に感謝することだ、と言われることがよくあります。

「お金にありがとうを言いましょう」

「感謝するほど、お金はあなたを好きになって寄ってくる」

といったお話もありますし、実践した方もいるかもしれませんね。

ただ実践した方の中には、

「感謝はした…つもりなんだが、お金の引き寄せなんて起きない…。感謝がコツって本当かよ…」

と思っている方もいるかもしれません。

そこで、

 

①お金の引き寄せのコツは感謝って、本当?

②なぜ、コツを押さえてもお金が引き寄せられてこない人がいるの?

③これからちゃんと、お金を引き寄せられるようになるためには?

 

の3点について、詳しくお話していきます。

 

 

お金の引き寄せのコツが感謝なのは、本当のこと

 

ではまず、

「①お金の引き寄せのコツは感謝って、本当?」

についてです。

 

 

これ自体は、本当です。

「お金があってありがたいな」

と思っていると潜在意識は、

「では『お金があってありがたい現実』を作ろう」

というふうに働きはじめるので、お金が引き寄せられてきます。

 

 

お金があったら感謝する、だと引き寄せられない

 

よく、

「お金が入ってきたら、感謝する」

と考える方がいますが、これは順序が逆になってしまっていますね。

これだと今現在は「お金がない」と思っているということなので、潜在意識は、

「では『お金がない現実』を作ろう」

となり、お金がない状態が引き寄せられてしまいます。

 

 

いま、望んでいるほどのお金はなくとも、1円も持っていないということはないと思いますので、いまあるお金に感謝してみてください。

のちのちより多くのお金が引き寄せられてきますよ(*´ω`*)

 

 

引き寄せるコツを押さえても、お金が入ってこないのは?

 

では次に、

「②なぜ、コツを押さえても(お金に感謝しても)お金が引き寄せられてこない人がいるの?」

についてです。

 

 

お金に感謝しても引き寄せられてきません…という方って、私の目から見ると、

「お金に感謝しているというよりは、お金に怯えている」

という感じがします。

 

 

「お金に感謝している状態」というのは、文字通りそのまま、

「お金があって嬉しいなー、ありがとう!」

と思って感謝している状態のことです。

上で書いたとおり、この状態であればお金の引き寄せは起きます。

 

 

対して「お金に怯えている状態」というのは、

「お金があって嬉しいなー、ありがとうー!

…というふうに感謝しているんだから、私はお金に好かれるはずだよね…?

お金に嫌われて来てくれなくなるのは怖いから、ちゃんと大切に扱って、感謝しなきゃ…」

という感じです。

なんというか、お金に気に入ってもらうため、お金に選んでもらえるように感謝しているという印象です。

 

 

これだと「お金が思いどおりにならない現実」を引き寄せる

 

これって、お金よりも自分のほうが立場が下だと思っていますよね。

根本に、

「私よりお金のほうがすごい、お金は私の思いどおりにできない」

という観念があります。

そのような観念があると潜在意識は、

「そうか、では『お金は自分の思い通りにならない現実』を作るね」

というふうに働いてしまいますので、結果、お金を引き寄せられない…となります。

 

 

「お金を引き寄せるコツは、感謝だ」というのは、

「お金に対し『感謝の観念』を持つことがコツだ」

という意味です。

お金に対し、「私の思いどおりにはならないという観念」を持った上で感謝をしても、

お金ではなく、お金を思いどおりにできない現実のほうが引き寄せられてしまいます。

 

 

お金に感謝はしても、へりくだらないのがコツ

 

ではでは、

「③これからちゃんと、お金を引き寄せられるようになるためには?」

についてです。

 

 

これはもう、

「お金に対し、もっと毅然とすること」

ですね。

「私のほうが、お金よりも偉い」

というふうに唱えてみるのも良いと思います。

おそらく、お金への怯え、お金は思いどおりにならない、お金に気に入られたいという観念が強い方ほど、自分のほうが偉いと唱えることに抵抗を覚えると思います。

しかし抵抗が強い方にほど、その観念(お金への怯え)を消すために唱えてみてほしいです。

 

 

決して、「お金を見下せ」という意味ではない

 

私のほうがお金より偉い、というのは決して、

「お金に対して傲慢になれ、お金をもっと見下せ」

という意味ではありません。

あくまでも、

「あなたはもっと毅然としていていい、威厳を持って堂々としていていい」

という意味です。

 

 

たとえるなら…あなたが社長で、お金が社員です。

社長としての威厳は持ちつつ、社員に対し、

「君は本当によくやってくれる、君のような立派な社員がそばにいてくれて嬉しい。

本当に私の誇りだ!ありがとう!」

と、心から尊重や感謝の意を示す感じです。

 

 

お金への怯えがある状態というのは、自分が社長なのに社員に向かって、

「あ、あ、ありがとうありがとう…。

感謝しているから、どうか我が社からいなくならないでね、働いてください、感謝するから…嫌わないで…」

というような感じでしょうか。

社員のことはもちろん尊重して感謝すればいいと思いますが、それは必要以上にへりくだったり、媚びたりすることとは違いますよね。

 

 

「私はすごい」という自尊心(驕りじゃなくて自尊心です)を、どんどん持ってください。

「お金に感謝はする。だが、媚びはしない」

↑これを意識すると、いまより上手にお金の引き寄せができるようになると思いますよ~(*^^)v

 

 

お金をうまく引き寄せるコツは「毅然と、堂々と」感謝することです。

 

 

お金に関する記事は他にもあります↓

お金の観念は、父親から作られている?

お金の負の観念をはずす方法

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識の「気づくだけでいい」がよくわからない方へ

チューリップ

 

潜在意識の話に出てくる「気づくだけ」って本当?

 

今回は「気づくだけ」についてです。

潜在意識のお話になると、ときどき「気づくだけ」という言葉が出てきますよね。

「エゴにはただ気づくだけでいい」

「叶っていない私になっていると気づくだけでいい」

などなど…。

しかしこう言われても、

「気づくだけって具体的になんやねん」

とか、

「私は自分でエゴに気づいてるつもりなのに…何も変わらないじゃん!

ただ気づくだけでいいんじゃなかったのかよ!」

という方もいるかなと思いますので、

 

①気づくだけって、具体的になに?なんで気づくだけでいいの?

②気づいているのに変化がないのは、なぜ?

 

の2点について、詳しくお話していきます。

 

 

癖は「気づくだけ」で改善していくものである

 

ではまず、

「①気づくだけって、具体的になに?なんで気づくだけでいいの?」

についてです。

 

 

気づくだけとは、「自分の癖を自覚する」ようなものです。

たとえばあなたに爪を噛む癖があり、そのことに自分で気づいていないとします。

(実際にはさすがに気づくと思いますが、単なるたとえとして)

自分で自分が爪を噛んでいると気づかなければ、

「なんで爪が…ガタガタになってるんだ…?みんなはなってないのに、なぜ…」

と思いますよね。

 

 

でも、

「あぁ、私には爪を噛む癖があるのだなぁ」

と気づくことができれば、直していくことができますよね。

噛みそうになったら「お」と気づくだけ。

また噛みそうになったらまた「あ」と気づくだけ。

ただ気づくだけで、そこから改善していけます。

 

 

エゴも同様に「気づくだけ」で改善していく

 

潜在意識のお話の「気づくだけ」も同じことです。

多くの方はエゴ(自分にとってよくない思考)に取り込まれたとき、自分が取り込まれていることを自覚していません。

自覚がないので、

「どうしてこんなに苦しいんだろう…(どうして爪がガタガタになるのだろう…)」

と思います。

 

 

しかし、

「あ、私にはこんなエゴがあるんだなー(あ、私には爪を噛む癖があるんだなー)」

と気づけば、そこから改善していけます。

エゴが出てきたら、そのたびに「お」と気づくだけ。

これを繰り返すだけで、癖が直るのと同じように、エゴにも取り込まれなくなっていきます。

これが、

「エゴには気づくだけでいい」

ということです。

 

 

うーん、気づくだけ、なんて言葉を使われると「??」と思っちゃうかもしれませんが、

「自分の癖を自覚すること。

癖って自覚がなければ改善しようがないけど、自覚があるなら直せるよね?」

と言われれば「そりゃそうだ」と思えるのではないでしょうか。

実はそんなに難しいことは言ってないです。

 

 

「気づくだけ」をちゃんとやっているのに変わらない場合は?

 

では次に、

「②気づいているのに変化がないのは、なぜ?」

についてです。

この理由は大きく分けて、

 

①単に癖を直そうとしている回数(期間)が短すぎる

②癖を直したくない自分に気づいていない

 

の2つです。

 

 

①潜在意識の習い性がまだ治ってないだけ

 

まずは、

「①癖を直そうとしている回数(期間)が短すぎる」

についてです。

 

 

さきほど気づくだけでいいとは言ったのですが、さすがに、

「気づくと同時に、これまでのことは何もなかったかのように一瞬で改善されました!」

ということは、あまりありません。

「あ、私って爪を噛む癖があるんだ!」

と気づいても、気づいた瞬間にもう二度と噛みたいと思わなくなるのか?一瞬でやめられるのか?というとそんなことはなくて、習い性でつい噛みそうになりますよね。

 

 

習い性になっているということは、

「潜在意識に刷り込まれている」

ということです。

潜在意識に刷り込まれていることは、自覚していてもついまたやってしまいますので、

潜在意識下からそのような刷り込みが消えるまでは(習い性がなくなるまでは)

繰り返し「お」と気づいていく必要があります。

 

 

潜在意識下の習い性が消えるまで「気づくだけ」を繰り返す

 

エゴに取り込まれてしまうという場合も全く同じで、

「あ、こういうエゴがあるんだな」

と気づいたからといって、その瞬間にそのエゴが消滅し、もう二度と出てこなくなるというわけではありません。

そのエゴが潜在意識下にあるうちは(そのエゴが出るような習い性を持っているうちは)気づいても再びそのエゴは出てきますので、出るたびに気づく必要があります。

 

 

つまり「気づくだけでいい」といっても、

「たった一回気づくだけでいい」

という意味ではなく、

「気づくだけを、繰り返せばいいだけ」

という意味です。

本当にたった一度気づくだけで、ガラッと何かが変わる!と思っていると、

「私は気づいたのに何も変わらない、気づくだけでいいんじゃなかったの?」

となってしまいます。

「えっ、一回気づくだけでいいんだと思ってた!」

という方は、

「潜在意識下からそのエゴが抜けるまでは、繰り返し気づく必要がある」

と覚えておいてくださいね。

 

 

こう言うと、

「いつまで『気づくだけ』を繰り返しつづけなきゃいけないの…」

とウンザリしてしまうかもしれませんが、そんなに長い時間はかかりません。

いったん気づいてしまうと案外早く、そのエゴは潜在意識下から消えてしまうものです。

わりとすぐに習い性は消えますので、何週間も何か月も気づき続けなきゃいけないなんてことはありませんから、安心してくださいね(*^^)v

 

 

②潜在意識下の「エゴを放したくないエゴ」に気づいていない

 

では次に、気づいているのに変化がない理由その2の、

「②癖を直したくない自分に気づいていない」

についてです。

 

 

「私には爪を噛む癖があると気づいてるのに、やめられない」

というとき、

「こういう癖があるんだな」

ということには気づいていても、

「この癖を直したくないと思っているんだな」

ということには気づいていない可能性があります。

 

 

うーん、たとえばですけど、

「爪を噛むと、大好きな人が『爪は大丈夫?』と心配してくれる。

噛むのをやめたら、好きな人がもう心配してくれなくなってしまう」

というふうに潜在意識下で思っているとして…、このように、

「噛むメリット(好きな人に心配してもらえる)を失いたくない」

という潜在意識下の思いが強い場合、その癖をやめることができなくなります。

 

 

この場合は、

「あぁ、私は癖を持っていることにメリットがあると思っていて、やめたくないんだな」

ということに気づくだけで、やめていけます。

 

 

潜在意識に問いかけると、エゴに気づけることも

 

エゴの場合も同様で、

「あ、こういうエゴがあるんだな」

というふうにエゴに気づくことはできていても、実はひっそり潜在意識下で、

「そのエゴを消すより、取り込まれているほうがメリットがある」

と思っていると、エゴに取り込まれるのをやめられなくなり、変化しなくなります。

 

 

この場合は、

「あぁ、これこれこういう理由で、私はエゴを手放したくないのか」

というふうに、「エゴを手放したがらないエゴ」のほうに気づくだけで、エゴを手放していけます。

「私はたった一度エゴに気づくだけでいいなんて思ってないし、ちゃんと繰り返し気づき続けた。

でも、ずーっと同じエゴに取り込まれて苦しい」

という場合、この②のパターンかもしれません。

 

 

こういうときには、

「私はこのエゴを手放したくないのではないか?」

というふうに自分に問いかけてみてください。

そう問いかけると潜在意識から答えが上がってきて、

「あ、そうだ。〇〇だからこのエゴを放したくなかったんだ!」

というふうにハッと気づくことがあります。

そうして一度気づければ、あとはエゴに呑み込まれないようになっていきますよ。

 

 

問いかけはやりすぎないほうが、潜在意識は働く

 

潜在意識への問いかけをする際なのですが、あまりにも頻繁に問いかけつづけないようにしてください。

早く答えがほしいと思うあまりに、ずーっとそのことについて考え、何度も何度も連続で潜在意識に問いかけ続ける方もいるのですが、

それよりも、問いかけてからしばらく間を置いたほうが効果的です。

潜在意識は「問いかけている最中」はさほど働いておらず、

「問いかけが終わってから」強く働きはじめるためです。

頻繁に問いかけ続けていると、さほど潜在意識が働かない状態が続いてしまいますので、かえって答えを得にくくなります。

問いかけたあとは、問いかけたことを忘れる時間(この忘れている時間に潜在意識が強く働く)を作ってください。

そのうち、「エゴを手放したくないエゴ」が何かに気づけると思いますよ(*´ω`*)

 

 

気づくだけで、エゴは手放していけます。

「気づいているのに手放せない」という方は、

①気づくだけと聞いて「気づけばすぐさま手放せる」という意味だと思っている

②エゴを手放したくないエゴのほうに気づいていない

のどちらかの可能性が高いです。

 

 

エゴに気づき手放していく方法として「自己観察」というものがあります。

詳しくは以下からどうぞ↓

自己観察について

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

妥協しない、それが潜在意識をうまく使うコツ

花

 

妥協しないほうが潜在意識が働くのは、なぜ?

 

今回は「妥協しない」ことの大切さについてです。

「私はこれからこんな目標を叶えるぞ」

という目標を設定するとき、ついつい妥協しちゃう方が多いのですが、

妥協しないほうが潜在意識の力が働きやすくなる理由ついて、詳しくお話していきます。

 

 

妥協した場合、潜在意識はどうなるのか?

 

たとえば「月収100万になりたいな」と思ったとき、ここで、

「でもなぁ、私なんかに月収100万はきついよなあ…。

でも、まぁ50万くらいなら私でもなんとか…なるかも…」

と考え、目標を100万から50万に引き下げる(妥協する)方が多いです。

たしかに一見、

「100万よりも50万のほうが叶いやすそう」

と感じますよね。

でも実際には妥協しないほうが叶いやすいのがなぜかというと、

「潜在意識が叶えるのは前提だから」

です。

 

 

前提が「私はダメ」なので、潜在意識がそれを叶えてしまう

 

これは昨日の記事に乗せた図なのですが、

 

 

三角の下の部分が潜在意識下にある前提で、

三角の上の部分が表面的な思考(顕在意識上の考え)です。

いくら顕在意識上で「ポジティブ思考だ!」と努めても、

潜在意識が現実化するのは「私なんてダメだ」という前提のほうなので、

この場合はポジティブな現実が作られるわけではなく、

「私なんてダメだと思える現実」のほうが作られてしまいます、というのが昨日のお話でした。

 

 

「能力がない」という前提だと、潜在意識が50万を叶える必要がない

 

ではではそれを踏まえた上で…。

「私なんてたいした能力はないから→100万から50万に目標を下げよう」

というとき、その人は「私に能力はない」という前提を持ってして物事を考えていますよね。

図にすると、

 

妥協しないことの説明図

 

このようになります。

この場合潜在意識は、

「ようし、『私などに能力はないと思える現実』を作るぞー!」

というふうに働いてしまいます。

 

 

では、そのような現実を作るためには…月収50万が叶う必要はありませんよね。

叶ってしまうとその人は、

「私にもできた!能力があったんだ!」

と、今よりも自分に自信を持ってしまいます。

しかし潜在意識が作りたいのは、

「自信がないままでいられる現実」

なのですから、自信がつくようなこと、前提と食い違うようなことは(月収50万になれるようなことは)しようとしません。

 

 

顕在意識上では「妥協することで叶いやすくなった」と感じますが、

潜在意識のほうは真逆に「叶える必要はない、叶えないでおこう」という方向に動き出してしまうため、目標は叶いやすくなるどころか、むしろ叶いづらくなってしまいます。

そのため、目標設定の際には妥協しないほうが良いです。

 

 

妥協しないと、潜在意識はどう働く?

 

100万になりたいと思った場合には、

「私にはそれができる能力があるのだから、そうしよう」

と、そのまま100万を目標に設定してください。

このように妥協しない場合を図にすると、

 

妥協しないことの説明図2

 

こんな感じです。

この場合潜在意識は、

「ようし、『私は能力があると思っていられる現実』を作るぞ!」

と働きます。

 

 

では、そのような現実を作るためには…月収100万を叶える必要がありますね。

叶わなかったら、

「私、思っていたより能力がなかったんだ…」

と自信を失ってしまいますが、潜在意識が作りたいのは、

「自信のあるままでいられる現実」

ですので、自信を失ってしまうようなこと、前提と食い違うようなこと(月収100万になれないようなこと)はしません。

 

 

潜在意識下で「自分は能力があるぞ」と思い、

顕在意識上で「だからこのくらいできて当然だぞ」と思っている状態というのはつまり、潜在意識と顕在意識の乖離がない状態です。

この状態が俗にいう「意図だけで叶う」状態、もっとも現実化がされやすい状態です。

 

 

妥協しないとは、潜在意識下の前提を変えるということ

 

「顕在意識上の思考・100万になるぞVS潜在意識下の前提・そんな能力はない」

↑このように対立したとき、潜在意識下の「そんな能力はない」という前提に合わせて、顕在意識上の目標レベルを下げようとするのではなく、

顕在意識上の目標レベルに合わせて、潜在意識の前提を「それができて当然だよね」に上げようとしてください。

妥協をするということは、前提を変えないということです。

潜在意識は前提を現実化する意識なのですから、あなたが妥協をした時点で(前提を変えないと決めた時点で)現実化するものはこれまでと変わらなくなってしまいます。

 

 

あなたがいま抱いている目標がどんなものにせよ、どんなに無理だと思えても、妥協しないでください。

妥協しないということは、前提を変えるということです。

「できるに決まっている」という信念を持つよう、心がけてください。

そうして妥協しないでいるうちに、潜在意識下の前提が「できるに決まっている」に書き変わります。

前提が変わればあとは、潜在意識が勝手に目標を叶えてくれますよ(*´ω`*)

 

 

妥協した時点で(前提を変えない時点で)潜在意識は現実化するものを変えなくなります。

潜在意識の力を使うためには、まずは妥協しないこと(前提を変えること)が大切です。

 

 

「妥協しないで大きなものを望んだほうがいい」ということについての関連記事はこちらです↓

潜在意識は、理想と現実のギャップが大きいほうが働きやすい

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

ネガティブな感情を抱いても、引き寄せに支障はない

薔薇

 

ネガティブな感情が悪い事態を引き寄せる?

 

今回は「ネガティブな感情」についてです。

引き寄せだと、

「ネガティブな感情はネガティブな事態を引き寄せます」

とよく言われますよね。

そのため、ネガティブな感情を感じまいと頑張る方もいるのですが、そのような必要はありません。

この記事では、

 

①ネガティブな感情を感じまいとすると、どうなる?

②ネガティブな感情がネガティブな事態を引き寄せるわけでは、ない。

③ネガティブな土台をポジティブなものに変えるためには?

 

この3点について詳しくお話していきます。

 

 

ネガティブな感情を押し込めても、メリットはない

 

まず、

「①ネガティブな感情を感じまいとすると、どうなる?」

についてです。

 

 

これは、自分が辛くなるだけ…ですね(;^ω^)

ネガティブな感情を抑え込もうとした経験のある方はわかるかと思いますが、

「抑えよう、抑えよう…」

と思ってしばらくは抑え込めても、ある時どこかで抑えきれなくなり、一気にものすご~~くネガティブになってしまったりしますよね。

 

 

中には、なにがなんでもネガティブな感情を抑え込もうと努めているうちに、

だんだん自分が何を感じているのか、何を望んでいるのかが自分でもわからなくなってきて、自分で自分のことが決められなくなっていく…という方もいます。

自分の望むものを引き寄せたいからネガティブな感情を押し込めたのに、

その結果、自分の引き寄せたいもの(望むもの)が何かがわからなくなっちゃったら…本末転倒ですよね(;´・ω・)

 

 

ネガティブな感情をあまりにも強く抑え込みすぎると、精神的な病気にもつながりかねません。

抑え込んでも自分が辛くなるだけで、良いことはないと思います。

 

 

ネガティブな感情が、悪い現実を引き寄せるわけではない

 

次に、

「②ネガティブな感情がネガティブな事態を引き寄せるわけではない」

ということについてです。

 

 

ものすごくよくこう言われるんですけど、私は、

「ネガティブな感情がネガティブな事態を引き寄せる」

わけではなく、

「ネガティブな前提(心の土台)がネガティブな事態を引き寄せる」

と表現したほうがより適切ではないかな?と思います。

潜在意識は、感情を現実化しているわけではなく、前提を現実化しています。

なので、

 

 

ネガティブな感情の説明図1

 

このように、自分の土台さえポジティブなものであれば、

その土台の上でどのようなネガティブな感情を感じていても、

潜在意識が引き寄せるのは「私は大丈夫な現実」です。

引き寄せは「土台が叶う法則」であって「土台の上に乗っているなんやらかんやらが叶う法則」というわけではありません。

 

 

ネガティブな土台がある場合、ネガティブな引き寄せが起きる

 

逆に、土台がネガティブなものである場合には、

 

ネガティブな感情の説明図2

 

このようになります。

表面的にネガティブな感情を押し殺し「嬉しい!楽しい!」と無理に感じようとしても、引き寄せられてくるのは「私なんてダメだと思える現実」でしかありません。

 

 

ときに、

「懸命にポジティブ思考を保っているのに、悪いことばかり起きます」

という方もいらっしゃいますが、そのような方は土台がネガティブなものであるためです。

「土台の上に乗っているもの」をどうにかしようとしているだけで、

「土台そのもの」をどうにかしようとはしていないため、引き寄せられてくるものが良いものに変わらなくなってしまいます。

 

 

ネガティブな感情は受け入れると、引き寄せがうまくなる

 

では、

「ネガティブな土台をポジティブなものに変えるためには?」

についてです。

 

 

今後はネガティブな感情を感じたときに、

「この感情を感じないようにしよう」

と考えるのではなく、

「この感情を感じよう。だって感じても大丈夫なのだから」

と考えるようにしてみてください。

ネガティブな感情を「感じてもなんら支障はないもの」として、受け入れるようにしてください。

 

 

無茶なポジティブ思考は、むしろネガティブな行為である

 

また、実はさして嬉しいとも思っていないのに、

「ありがとう!嬉しい!感謝!」

と、大げさに喜びを表現する必要もありません。

これは無理にポジティブ感情を作り出し、それによってネガティブな感情を抑えつけようとする行動です。

ネガティブな感情は、

「抑えつけてないものにする」

のではなく、

「あると認めて受け入れる」

ことが大事なので、ネガティブを抑えつけるために無理に感謝していた、無理に嬉しいと思い込もうとしていた、という場合にはやめてOKです。

 

 

ネガティブな感情を受け入れると、ネガティブを楽しめる

 

こうしてネガティブな感情を受け入れられるようになっていくと、

受け入れれば受け入れるほどに、気持ちが落ち着き前向きになっていくことに気づくと思います。

それが、土台がポジティブなものへと変化していっている証拠です。

 

 

そのうちどんなにネガティブな感情が出てきても、

「でも、まぁしょせん大丈夫だしな」

と、そのネガティブな感情を楽しむことさえできるようになります。

これはなんというか、ホラー映画を見て「恐怖を楽しむ」みたいな感覚に近いです。

ホラーを見ているときってどんなに怖くても、

「でも、まぁ私が実際こういう目に遭ってるわけじゃないし」

というふうに、自分は大丈夫だというポジティブな土台があるので、余裕を持ってその恐怖を楽しむことができますよね、そんな感じです。

土台をしっかり良いものにして、良い引き寄せができるように、ネガティブな感情も楽しめるようになってくださいね~(*´ω`*)

 

 

土台がポジティブなものであれば、

土台の上でどれほどネガティブな感情を感じても、

ネガティブな事態が引き寄せられてくることはありません。

ネガティブな感情を感じないようにしようとするよりも、

土台を作り変えること(ネガティブな感情を受け入れること)に着目してください。

 

 

以前に、怒りの感情をコントロールするプログラムを作りました。

(プログラムでは怒りに焦点を当てていますが、怒りのコントロールができるようになると、同時に悲しみのコントロールもできるようになります)

興味があればぜひお試しください↓

 

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識さん、彼女持ちの人を好きになったのですがどうすれば?

恋人

 

相手が彼女持ちのとき、潜在意識をうまく使うためには?

 

今回は、

「好きになった人が、すでに彼女持ちなんですが…」

という場合のお話です。

(「彼女持ち」ではなくて「彼氏持ち」の場合でも同じです)

 

①彼女持ちの人を好きになったとき、まず最初にやること

②なぜそれを最初にするのか?

③あなたのライバルは、その彼女ではない

 

の3点について、詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識を活用するには「彼女持ちかどうかは関係ない」とする

 

ではまず、

「①彼女持ちの人を好きになったとき、最初にやること」

についてです。

それは何かというと、

 

 

 

関連付けの放棄

 

 

 

です。

「関連付けの放棄」は潜在意識の話でよく言われることなので、もう知っている方も多いかもしれませんね。

「AだからBだ」というふうに、AとBを関連付けて考えるのをやめることを、関連付けの放棄と言います。

 

 

今回の場合ですと、

「好きな人は彼女持ち、だから私が彼女になるのは難しいのだ」

というふうに関連付けを行っている方が多いかと思いますので、まずそれをやめます。

つまりこれからは、

「彼女持ちか否かによって、私が彼女になることの難易度が上がったり下がったりはしない」

「彼女持ちだろうと関係ない、問題なく私が彼女になれる」

というふうに考えるようにしてください。

この関連付けの放棄、知っている方は多いのにやっている方は少ないです。

でも、これは最初にしっかりやっておいたほうがいいですよ!(`・ω・´)

 

 

関連付けの放棄をしないと、潜在意識はうまく働かない

 

では、

「②なぜ関連付けの放棄を最初にするのか?」

についてです。

これはもちろん、

「やらないと、自分が彼女になるのが難しくなるから」

ですね。

 

 

なぜか多くの方が、

「彼女持ちなので、私が彼女になるのは難しい」

と思ったまま、

「難しいから、潜在意識になんとかしてもらおう」

というふうに考えているのですが、これでは潜在意識はどうにもしてくれないですよ~(;´・ω・)

 

 

潜在意識は、あなたの思考を現実化するんでしたよね。

「彼女持ちなので私が彼女になるのは難しい」

↑この思考をしている限り潜在意識は、

「おっしゃ任せろ、では『彼女持ちだから自分が彼女になるのは難しい現実』を作ったるで!!(`・ω・´)」

というふうにしか働くことはありません。

 

 

「難しいと思ってる。でも潜在意識ならなんとかしてくれるかも」

ではなくて、

「難しいと思ってる。だから潜在意識が難しくする」

です。

彼女持ちの現実をなんとかしてくれるどころか、真逆になんともしてくれなくなります。

 

 

なるべく楽に自分が彼女になりたいと思うのであれば、まずは、

「彼女持ちだから私が彼女になるのは難しい」

というこの思考を手放してしまう(関連付けの放棄をする)必要があります。

 

 

彼女持ちだとしても、ライバルはその彼女ではない

 

好きな人が彼女持ちであるというとき、その彼女をライバルだと思う方は多いです。

ですが、

「③あなたのライバルは、その彼女ではない」

と、私は思うんです。

ライバルは、自分自身なのではないでしょうか。

 

 

「彼女持ちかどうかは関係ない」

と思おうとしたとき、

「関係ないはずがない!彼女持ちなら私の望みは薄いはずだ!」

と思う自分がいますよね。

そのように、関連付けの放棄をしたがらない自分との戦いなのであって、彼女との戦いではありません。

潜在意識の話だとよく言いますよね、現実は関係ない、他人は関係ないと。

そのとおりで、問題は「彼女持ちの現実」でも「彼女」でもなく、それらに対して、

「そんなものはどうでもいい、関係ない」

あなたが言えるか言えないかという、あなたの問題です。

 

 

そして、あなたの問題であるということは、とっても良いことです。

他人の問題はどうにもできませんが、自分の問題ならば自分でどうにでもできますからね。

人はとかく自分ではなく現実や他人に目を向けがちになりますが、自分自身に目を向けてください。

 

 

あなたが関連付けの放棄をし、

「彼女持ち、それが何?

そんなことの影響は受けず、これからは私が彼女になるのよ」

と思えたとき、そのときこそは潜在意識が、

「そうか、ではこれから『彼女持ちであることの影響を受けず、自分が彼女になれる現実』と作らないとね」

と働きはじめ、いまの現実をなんとかしてくれますよ(*´ω`*)

 

 

まずは、

「相手は彼女持ちだから、私が彼女になるのは難しい」

という思考を手放してください。

その思考を手放さないでいると、潜在意識があなたが彼女になるのを難しくしてしまいます。

 

 

一度は付き合っていた人と別れ、もう一度彼女になりたい、という場合には以下の記事をどうぞ↓

彼氏(彼女)と復縁したい場合には、どうすればいい?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

子供の幸せを引き寄せるために、大切なこととは

parent

 

大切な子供の幸せを、引き寄せたい…

 

今回は、子供の幸せを引き寄せたいと思っている方へのお話です。

親ならやはり、自分の子供には幸せになってほしいものですよね(*´ω`*)

ということで、

 

①このように子供の幸せを引き寄せることはできない

②しかし、このように子供の幸せを引き寄せることならばできる

③では、②のような引き寄せをするためにどうすればいいのか?

 

の3点について、詳しくお話していきます。

 

 

①このように子供の幸せを引き寄せることはできない

 

まずは、

「残念ながら、これではうまく子供の幸せを引き寄せることはできないよ」

というのがどのようなやり方なのか?についてです。

 

 

たとえばあなたの子供が受験生で、あなたが、

「無事に合格して楽しい生活を送ってほしいな」

と思っているとしますね。

(実際には受験のことではなくてもなんでも結構です)

このときに、

「この子のもとに『合格』が引き寄せられてきますように」

というふうに子供の幸せを願っても、叶うことはありません。

 

 

あなた自身がなにかの受験をするので、自分の合格を引き寄せたいとか、

子供自身が自分の合格を引き寄せようとするのであれば、これは自分のことなので可能なのですが、あなたが子供の合格を…となると潜在意識は、

「それアンタさん本人のことじゃないやんけ、俺になんとかできるのアンタさんのことだけやで~(´・ω・`)」

となるので、子供のもとに合格が引き寄せられてくることはありません。

引き寄せの原則は、

「自分の潜在意識の力でどうにかできるのは自分のことのみ、他人のコントロールはできない」

です。

 

 

②子供の幸せを、間接的に引き寄せることはできる

 

しかし、このようなことならばありえます。

仮にあなたが、

「うちの子は大丈夫!絶対に合格する、できる!」

とか、

「仮にダメでもいいじゃない、受験に受かるかどうかだけがこの子のすべてじゃないんだし。

合格すればOK、不合格でもこの子の可能性がついえるわけじゃないので、不合格でもOK。

この子は、どうあってもOKなのだ!」

というふうに思っているとします。

 

 

あなたがそう思っていることは、かならず無意識のうちに、些細な表情・行動・言動などに現れます。

そして、子供の潜在意識はその些細な言動・行動などを読み取ります。

すると子供の潜在意識下に、

「信頼してもらえている、愛してもらえている」

「私はどうあっても大丈夫なんだ、安心して勉強しよう!きっとやればできるさ!」

という気持ちが生まれます。

そして、その「大丈夫、できる」という子供の思考が現実化して合格する、という可能性ならばじゅうぶんにあります。

 

 

合格を引き寄せたのは、親ではなく子供自身です。

しかし、子供が合格を引き寄せるためのバックアップを親がしていますよね。

直接的に、

「親の潜在意識の力が、子供の幸せを引き寄せる」

ということは不可能でも、このように間接的に、

「子供に良い影響を与え、子供自身が自分の幸せを引き寄せられるようになるのを手伝う」

ことはできます。

 

 

③間接的に、子供の幸せを引き寄せるには?

 

ではでは、子供が自分の幸せを引き寄せるお手伝いができるようになるために、親は何をすればいいのでしょうか?

それは、

「子供をコントロールしようとせずに、ちゃんと信じること!」

…と、思いましたね?

もちろん、それは間違いではありません。

あなたが、

「よし、今日から私は子供を信じる。この子がどうであってもOKだ」

と思えたのであれば、とっても素敵なことです。

それで子供の幸せのお手伝いができるようになりますよ(*´ω`*)

 

 

でも、こういうふうに「子供を信じるぞ」と思うのって、難しいことも多いですよね。

子供の幸せを望む気持ちがあるのと同時に、

「子供に『私の思い描く幸せ』を体現してほしい、それを見て自分が幸せになりたい」

という気持ちがある場合も多いものですし、そのように子供に幸せにしてもらいたいと望む気持ちが強いほど、「あなたはどうであってもOKだよ」とは言い難くなってきます。

「では好きにしますね」と好きにされてしまうと、幸せにしてもらえなくなってしまうかもしれないのですから、ついつい子供を信じられなくなる・コントロールしたくなります。

 

 

潜在意識下で「信じられない」と思っている状態で「信じているふり」をしても、子供は見破ります。

潜在意識下の本音は必ず微細な表情や行動などに漏れ出てしまい、それを相手の潜在意識が感知してしまうためです。

信じたふり、というのは、引き寄せの力(潜在意識の力)を使う上では通用しません。

子供を信じるなら、心から信じなければいけないんですね。

 

 

では、心から子供を信じられるようになるためにはどうすればいいのかというと、

「親が自分自身を好きになること、自分を信じること、幸せになること」

です。

自分で自分を幸せにできる人は、自分を誰かに幸せにしてもらおうと思わなくなりますから。

自分が幸せになれば、おのずと子供を信じることができない(子供に幸せにしてもらいたい)と思うことはなくなります。

 

 

子供の幸せを望むからこそ、子供よりも先に、自分の幸せを望んでください。

「自分が誰よりも先に幸せになる」

これが一番大切なことです。

まずは自分のことを考えてくださいね、それが自分のためでもあり、子供のためにもなると思います。

 

 

引き寄せでは、子供の幸せを間接的に手伝うことならできます。

そのためにはまず、親が自分自身を幸せにしようとしてください。

 

 

親子関係に関する他の記事はこちらです↓

あなたのお金のブロックは、親から作られている?

親を許さないと、引き寄せはうまくできないの?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ