保護中: メルマガ読者さま限定特典その1 引き寄せの法則の基本的な説明

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

やりたいことリストにPCやアプリを使わない!願望は手書きにしたほうがいい理由。

 

本日は、いただいた質問にお答えいたします。

 

アファメーションをするとき、口で言うだけではなく紙に書いても効果がありますか?

はい、効果はあります。ぜひやってください(*´▽`*)

 

 

PCなどに打ち込むより手を使って書くのが良い

 

この質問をくださった方は紙に書くおつもりのようなのでOKなのですが、

中にはパソコンに打ち込む人もいます。

でも、これはあんまりおすすめはしないです。

なぜか?というと、

 

  • 文字をキーボードで打っているとき、人間の指は8種類の動きしかしない。

脳はその8種類に対応すればいいだけなので、あまり神経は働いていない。

 

  • これに対し、手書きのときの指の動きはおよそ1万種類。

神経が働く量ががぜん多くなるので、脳が活性化する。

 

これが原因です。

8と10000て、そうっとう違うでしょ?

手書きしたほうが、がぜん脳が働くんです。

 

 

「やりたいことリスト」を書くことには本当に意味がある

 

よく、夢を叶えたいなら「やりたいことリスト」を作ろうとかいうけど、

あれってちゃんと意味があって言われていることです。

中には、

「やりたいことを紙に書いて羅列したからってなんの意味があるんだ…」

って思ってやってない方もいるかもしれません。

えっ、あなたもやってない?なぬー!!(;´Д`)

でも、そんなアナタもこれを聞けば今日から書こうって気になるよ!

なにかというと…。

 

 

 

 

 

やりたいことを紙に書く人は、書かない人より目標の達成率が42%もあがる

 

 

 

 

 

いかがでしょう?

手書きするだけでだよ、すごいよね。

でも確かに、きちんと願望を紙に書き出すだけで、

「どうせそんなのしても意味ない」

という人より、ものすごく多く神経を刺激して脳を活性化させているんだから、

そこまで脳内が強くなっていれば、達成率が42%くらい上がっても不思議じゃないかもね。

活性化させることで、そこから他の人より目標を強く意識するようになるし、

それを達成するための意思力やアイディア、行動力が出たりするし、だから達成できる。

 

 

億の資産を持っている人は、みな目標を紙に書いている

 

あとね、昔アメリカで行われた調査なんですけど、

 

・億万ドルの資産のある人

・100万ドルの資産のある人

 

この2種類って、いったい何が原因で億と万の違いが出るの?

同じことしてるなら同じ結果が出るはずなのに、資産にそこまで違いが出てるのは、

なにか両者に違いがあるからだっていうんで、3年間みっちり調査されたことがあります。

その結果、

 

  • 億万ドルの資産を持っている人はみんな、自分の目標を紙に書いたリストを持っていた
  • 100万ドルの資産を持っているほうには、紙に書いたリストを持っている人はほとんどいなかった

 

…100万ドル資産の人は「ほとんどいなかった」だからちょっとはいたんだよね。

たぶん私の予想では、リストを持ってたその少数の人は、そのあと資産を増やしているんじゃないかみたいな気もするんだけど…。

でも追跡調査はされなかったようなので、これ以上わかりません、残念(;^ω^)

 

 

あなたも今すぐ、紙に書いてみて

 

だからね、巷で「願望を紙に書きましょう・やることをリストにしましょう」って言われてるのって、

別になんの根拠もなく言われているわけじゃないんだよ。

ちゃんとこうして研究や調査が行われたうえで、書く人のほうが物事を達成するんだってわかってるからこそ、やりなさいね~と言われてます。

どうだ、これを聞いたら書いてみようかって気になったでしょ!

そんなら今日からぜひあなたも、

 

① まずは自分のやりたいことリストを紙に書いて作る

② そのあとアファメーションする。口に出してもいいし、紙に書いてもOK。

 

これやってみてくださいな!

うーん。私もやることリストをもう一度見直そうかなぁ…。

 

 

…って、ほらほら!

私はいまキーボードを打ってこの文章作ってますから、8種類の神経しか使ってないんですけど、

それでも「目標をもう一度見直そうかな」となんだかやる気が出てきてますよね?

8種類でこれですよ、手書きで10000種類使ったらやっぱすごそうですよね(*´ω`*)

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

引き寄せの法則で、気づかずにしがちなネガティブ思考はこれ。

紫の花

 

引き寄せでは、ネガティブ思考がネガティブな現実を作る

 

本日は、ネガティブ思考についてのお話です。

引き寄せの法則ではよく、

 

  • ネガティブ思考でいると、さらなるネガティブな事態を引き寄せます
  • 自分が発したネガティブ思考と同等のものが返ってきます

 

っていうふうによく言いますよね。

そこで多くの方がネガティブな事態を引き寄せないように、

「じゃあ、ネガティブ思考をしないようにしよう!」

としだします。

だけど、

「ちゃんと私はネガティブ思考をしないように頑張ってるのに、

ぜんぜん良い引き寄せが起きない…なんで?」

と思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、そのような方がよくしている「ある誤解」についてお話してきます。

 

 

嫉妬の感情がクレーマーを引き寄せたという誤解

 

「ネガティブな事態を引き寄せないように、ネガティブ思考をしないようにしよう」

それ自体は良い心掛けだとは思うんですが、でもでも人間だもの、

時にはどうしてもネガティブ思考になっちゃうことだってありますよね。

 

 

たとえば、同僚のAさんばっかりうまくいってて楽しそうで羨ましくて、

「もう、あんな奴…あんな奴死んじゃえばいいのに!」

と思ったとする。

つい、「嫉妬」というネガティブな感情を抱いてしまった。

そうしたらその翌日、自分の働いているお店にとんでもない悪質クレーマーが来てひどい目に遭ったとします。

 

 

「私のネガティブ思考が返ってきたんだ…」ではない

 

ここで、こう思う人がいます。

「うう…私が昨日、人に対して『死んじゃえばいい』なんてネガティブ思考を抱いたから…。

だからその思考が『悪質なクレーマー』というネガティブなものを引き寄せたんだ…」

と。

さて、それは本当か!?というと、

 

 

 

 

 

 

全然違う(・∀・)

 

 

 

 

 

 

これって、

 

①「嫉妬」というネガティブな思考を抱く

②引き寄せの法則でそのネガティブが自分に返ってくるので

③クレーマー登場

④ぎゃー!「嫉妬」が「クレーマー」に姿を変えてやってきた!

 

と思ってるということですよね。

いや~、これは違うんじゃないかなぁ~、

まっとうなクレーム(主張)をするお客さんならいいけど、

わけのわからんいちゃもんつけてきてるだけの悪質なクレーマーなら、

それはどう考えてもそのクレーマーがおかしいですよ?(;´・ω・)

 

 

本当は、あなたも心の中では思ってるんじゃないでしょうか?

「なんでそんないちゃもんつけられなきゃいけないんだ…。コイツおかしいぞ」

って。

だけど、そう思ったあなたは次にこう思う。

「…いいや、相手をおかしいなんてそんなこと思っちゃいけない。

これは自分のネガティブ思考が引き寄せたことなんだから…。

クレーマーが悪いんじゃなくて、そもそも私がネガティブに思考するのが悪いんだ…」

って。

そうして、自分が嫉妬したことを責める。

悪質クレーマーが来たのは私の責任だ…と。

 

 

でもでもやっぱり、心の底の底にはどうにもこうにも、

「やっぱおかしいのクレーマーじゃないの?納得できない…」

という気持ちもある。

そうするとさらに、

「あぁもう、どうして納得できないの?

クレーマーじゃなくて自分の責任なのに、素直に自分の責任だと思えない自分は未熟なんだ…」

なんて思えてくる。

 

 

あのね、嫉妬なんかよりもその、

「全部私が悪いと思わなきゃいけない」という思考のほうがよっぽどネガティブです。

 

 

真のネガティブ思考は「嫉妬」ではなく「自責」

 

  • 何も悪いことしてない、まっとうに頑張って働いているあなた
  • もはや何言ってるかわからん悪質なクレーマー

 

なら、どう考えてもクレーマーがおかしいです。

でもあなたはここで、クレーマーではなく自分を責めた。

何も悪いことをしてない人間(あなた自身)のことを「お前が悪いんだ」と責めたんですよね。

 

  • うまくいってる人を見たとき「羨ましいな…」という思いでつい嫉妬してしまった
  • 悪いことしてない人に「お前が悪いんだよ」とありもしない責任をかぶせた

 

これ、どっちがネガティブですか?

私は断然、後者だと思いますけど…。

一見、

 

①「嫉妬」というネガティブな思考を抱く

②引き寄せの法則でそのネガティブが自分に返ってくるので

③クレーマー登場

④ぎゃー!「嫉妬」が「クレーマー」に姿を変えてやってきた!

 

と思えるかもしれませんが、実際に起きてるのはこっちです↓

 

①悪いのは私だと思おう…と「自責」というネガティブな思考をする

②引き寄せの法則でそのネガティブが自分に返ってくるので

③「悪いのは私だと素直に思えない私はダメなんだ!」とさらなる自責がやってくる

④ぎゃー!「自責」が「さらなる自責」を引き寄せた!

 

これです。

自責がさらなる自責を引き寄せて辛くなった、というのが、

「ネガティブ思考がさらなるネガティブとして返ってきた」

ということ。

決して「嫉妬がクレーマーに姿を変えてやってきた」というわけではないんです。

 

 

自分虐めをやめるのが「ネガティブ思考をやめる」ということ

 

自分よりうまくいっている人を見たとき、楽しそうにしてるとき、

誰だってそこで「いいなぁ、羨ましい、悔しい」って思うことはあるし、

そう感じるのは人として自然なことだと思います。

つい「いいなぁ」と感じたことが、そこまで悪いことなんでしょうか?

ダメだ、未熟だ…そんなふうに自分を責めるより、

「うひょー、つい嫉妬しちゃったぜ!だって羨ましいんだもん、ちょっとくらいしょうがないじゃん!」

と思ってそんな自分にOK出せるほうが、よほど明るくてポジティブじゃないでしょうか。

 

 

でも、

「悪くもない人に責任や罪をなすりつける」

だなんて、これは良くないです、イジメ反対!(`・ω・´)

自分が自分に対してそうしていると気づいて、それをやめてほしいと思います。

それをやめること、自分をもっといたわること、それが本当にポジティブになるということ。

そしたらあなたは今より心が軽くなって、多かれ少なかれ今より楽しくなれますよね?

それが、

「ポジティブ思考でいると楽しいことを引き寄せる」

ってことです。

ポジティブになったら、ちゃんとそのポジティブも絶対返ってきますよ(*^^)v

 

 

自責はさらなる自責になって返ってくる。自分イジメをやめてみて。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

ワクワクしたけど叶わなかった?ちょっと待って、それって実は…。

コスモス

 

叶っているのに「叶わなかった」と思い込んでいることがある

 

今回は、

「潜在意識の力を使って願いを叶えようとしたのに叶わなかった」

という方へのお話です。

叶わなかったというとき、

「本人は叶わなかったと思っているけど実は叶っている」

ということもあります。

あなたはそうなっていないか?って、確認なさってみてください。

 

 

潜在意識で叶えるコツは「ワクワクすること」

 

引き寄せの力(潜在意識の力)を使って願いを叶えるコツとして、

「いつもワクワクしていましょう」

「ワクワクするほうを選べばうまくいく!」

とよく言われますよね。

叶わなかった…と思っているあなたは、

「もちろん聞いたことがあるよ。

だからそのとおりワクワクしようとしたのに叶わなかった…」

って、思っているところかもしれません。

 

 

「ちょっとおかしなワクワク」をしてしまう方もいる

 

だけど、この「ワクワクする」というところをちょっと誤解しちゃっている方もいるんです。

たとえば…。

 

ある日、大好きな友達から遊びに誘われた。

すごく楽しそう!と思ったので、それを受けた。

「うわ~、遊びに行くの楽しみ!」

と思って気持ちがワクワクした。

 

↑これってワクワクしますよね!

これこそ、純粋な本物のワクワク!

…だけど、以下のようになる方も多いです。

 

ある日、嫌いな人から遊びに誘われた。

断れずに受けた。

そしてそのあと、

「こうして人さまから誘われることは喜ばしいことだ、あぁ、嬉しい!」

とワクワクしようとした。

 

↑こっちは、なんだかちょっとおかしなワクワクです。

このようなワクワクをしようとしても潜在意識はうまく働かず願いが叶わなかった…となります。

いや、正確には、

「潜在意識からの願いは叶っているのに、顕在意識では『叶わなかった』と感じる」

となっちゃうんです。

 

 

潜在意識が望んでいることは「自身の正当化」

 

この「おかしなワクワク」、実は昔は私もやっちゃってました。

その当時自分では、

「ちゃんと潜在意識の力でうまくいくコツ、

『ワクワクする』をやってるのに、なんでなんにも叶わないんだ!?」

って思ってました。

そこで、一体なにがおかしいんだ?とよくよく考えてみて以下のことに気づきました。

 

 

潜在意識下では本当は、ワクワクが減っている

 

私の心理は、こうです↓

 

①誘われちゃった…。本当は断りたい、行きたくないよー…。

(当然、全然ワクワクしていない)

②でもでも、断るのが怖い…。

断って付き合いの悪い奴だって嫌われたりとか、「アイツ愛想悪いよ」とか言われたらどうしよう?

(さらに気分が沈む。まったくもってワクワクしていない)

③「いいよー、行こう!」と嫌々誘いを受ける

(のわぁ、受けちまった!イヤァァァァア!!と内心では思ってる。がぜんワクワクしていない)

④なんで私ってこうなんだろう…。誘いを断る勇気もないなんてダメな奴だ…。

(もはや超絶ワクワクしてない)

⑤……いいや!そんなことない!

わ、私は別に断る勇気がないダメな人間なんかじゃないッ!

そうよ、だってこうして誰かが誘ってくれるってありがたいことじゃない?

私はちゃんとそのありがたみをわかってるから、誘いを受けたのよ!

(と、自分が誘いを受けたのを正しいことだと思おうとしはじめる。

言い訳を見つけて、なんとなく心がホッとする。

ホッとして心が軽くなるので、なんとなく自分がワクワクしているような気になる)

⑥あぁ、誘われちゃった!楽しそう、ワクワクするー!

(…ということにすればいいんだ!そう、私はワクワクしてる!本に書かれているとおりにやってる!)

⑦しかし、そうして言い訳を見つけていっときホッとしても、

「なんで私ってこうなんだろう…。誘いを断る勇気もないなんてダメな奴だ…」

という超絶ワクワクしてない潜在意識下の気持ちは消えない。

⑧「…どうしてこんなにワクワクしようとしてるのに、うまくいかないんだろう?」

 

…と、こういう流れです。

 

 

本当は潜在意識下の願いは叶っている

 

私は思いました。

「あ…。私ってただ自分が誘いを断れないことを、

ワクワクすることで正当化してるだけなんだ…。

その誘いを受けるのが『ワクワクする良いこと』だということにすれば、

受けるのが正しい誘いだったということにすれば、

断らなかった自分は正しいんだと思えそうだから…」

と。

そんでもって、ここで気づきました。

 

 

 

「わ、私の本当の願いは、

『断る勇気がない自分を認めたくない』ということだ!( ゚д゚)」

 

 

 

そう、

「断る勇気のない自分を認めたくない」

これが根本にある…潜在意識下にある強い思考。

なので潜在意識は、その思考を現実にしようとしはじめます。

「どうすれば、勇気のない自分を認めずにいられるか?」

について私の気づかないうちに考え始めてくれる。

 

 

そして、

「あぁ、誘われちゃった!楽しそう、ワクワクするー!…ということにすればいいんだ!」

という行動を、無意識に私に取らせてくれる。

そうして、かりそめのワクワクを感じることで勇気のない自分を認めずにすんだ。

ってことは…。

潜在意識下で「勇気のない自分を認めたくない!」って願ってて、そして実際に認めずにすんだわけだから…。

 

 

 

「えっ、私の願いはもう叶ってるじゃん!!( ゚д゚)」

 

 

 

…という感じです。

あなたもこんな感じになってしまっていませんか?

 

 

叶えるのに大切なのは「心の底から」ワクワクすること

 

これに気づいた私は、それから勇気を出して嫌な誘いは断ることにしました。

「誘われたとき、気持ちがワクワクしないものは断る」

と決めて、実際にそうしてみました。

最初は怖かったです。

でもいざ勇気を出して断ってみると、私が恐怖していたように、

「アイツ愛想悪いよ」

「付き合い悪いんだね、もう嫌い」

っていう人が驚くほどいない!!

みんな「あっ、そうか。わかったよ~(*´▽`*)」って、受け入れてくれる。

 

 

ここで思いました。

「…なんだ。断ってよかったんだ…。

必死にワクワクして断れない自分を正当化しているときより、ずっとずっと心が軽くなった。

すごく嬉しい。なんか、すっごく気分いい。

…あ、こっちが本当のワクワクか…。こういうワクワクを選べってことだったんだ…」

と。

 

 

断る勇気がない自分からの解放。

断る勇気がない自分を正当化する必要もなくなるので、正当化からも解放。

当然、解放されていないときより生きてて楽しくなる。

人間関係が改善されて徐々にいろいろなことがうまくいく・願いが叶うようになり、

「あ、本当にワクワクするほうを選んだらうまくいったわ」

と思いました。

 

 

あなたの願いは「願いを叶えること」か「自分を認めないこと」か

 

自分では、

「人生うまくいってほしい!素敵な人生を送りたいって願いを叶えたい!」

と願っているつもりで、しかしそれ以上に強く潜在意識下で、

「自分の都合の悪い部分は認めたくない」

と思っていると、「自分の嫌な部分を認めたくない」という願いのほうが叶います。

 

 

なのであなたも一度、

「なにか認めたくないものを、ワクワクすることでごまかそうとしていないか?」

ということについて考えてみてください。

 

 

あなたはおかしなワクワクをしていないか?

潜在意識下で、何かを認めまいとしていないか?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

ありがとうを1000回言っても何も効果がない原因とは。

花

 

ありがとうを1000回(あるいはそれ以上)言っても効果なし?

 

●潜在意識に新しいことを学ばせたい場合には、学ばせたい内容を「繰り返す」こと
●このような、潜在意識への新たな学習のための繰り返しのことを「アファメーション」と呼ぶ

 

…というのが昨日書いた記事の内容でした。

「ありがとうを1000回言うと事態が好転する」

なんてお話もありますが、これも一種のアファメーションです。

ありがとうを何度も何度も繰り返すことにより、

 

潜在意識が、今までになかった「感謝の気持ち・ありがとうという言葉の重要さ」などを学習する

無意識のうちに、あなたの行動や言動に「感謝」にまつわるものが増える

感謝するような出来事が増えたり、人から感謝されることが増えれば、事態は感謝のなかったときより良くなる

 

…となります。

 

 

でもでも、いまこう思った方もいるはずですよね。

「ありがとうなら1000回どころかもっともっとたくさん言ったけど、なにも効果ない…」

「効果がないどころかむしろ事態が悪化したんですけど…。必死に唱えたのに、なんで…?」

と。

では今日は、なぜこのようにして効果が出ない人・かえって悪化する人がいるのか?についてのお話です。

 

 

あなたの「ありがとう」は、感謝か反動形成か?

 

ありがとうを口にしても効果がなかったあなた。

一度、

「私がしていたのは感謝か?それとも、反動形成か?」

と考えてみてください。

 

 

反動形成って何か?というと、これは人間の心理のひとつで、

「自分の本心を隠すために本心とは逆の行動・言動を取ってしまうこと」

です。

たとえば大好きな女の子がいるのに、ついついその子の前で、

「このブース!!」

と言っちゃうとか。

あるいは、本当は出世して昇給した同僚が羨ましくてたまらないのに、

「ふん、俺は出世になんて興味ないね!」

と言っちゃうとか。

どっちも自分の本心、「大好き」「羨ましい」を自分自身で素直に認めることができないため、

それとは真逆の言葉や行動を取って、自分の本心をごまかそうとする人間の心の働きのことです。

 

 

私が思うにありがとう1000回やってる人の中には、感謝ではなく反動形成をしてる方も多いです。

「日常に不満がある。いろいろなことに文句が言いたい」

それが本心なのに、そう思っている自分を素直に認められない。

そのため、真逆に、

「ありがとう、ありがとう、ありがとう…」

と繰り返すことで、自分の本心をごまかそうとしている。

 

 

認められない理由としては、たとえば、

「引き寄せでは常にポジティブでいましょうと言われるので、不満を抱くのはいけないことだと思っている。

不満を抱くというネガティブな行動をすると、悪い事態が起こるのでは?と思ってるから、

悪いことが起こるのを避けたいがため、自分の中の不満を素直に認められない」

…なんてこと、ないかな?

そうして、本当は感謝なんてしてないのに、でもそれを認められないから無理してありがとうを言ってませんでしたか?

だとしたらあなたの心の中では、以下のようなことが起こったはず。

 

 

「ありがとう」で抑え込んだ不満は2倍に膨らむ

 

素直に「私はこう感じている」と認められず反動形成をしたとき、

そのように「感じないふり」をした感情は、素直に感情を認めたときと比べると、

およそ1,5倍~2倍へと膨れ上がると言われています。

つまりあなたが認めまいとした不満は、ありがとうを言う前より増えたということ。

不満が増えたんだし、そりゃ辛くなるよね(;´・ω・)

 

 

そして、このように「悲しみ・怒り・不満・心配」といったネガティブな感情を抑え込むためには、

人はものすご~~~~~~く脳の力を使います。体も疲れますね。

たとえば苦手な人と接してて「嫌い・嫌い・嫌い…」って感情をグッとこらえて接してたあとなんか、ドッと疲れますよね。

もうグッタリ来てそのあとに何をする気力もなくなることがありますが、

これは「嫌い」という感情を抑え込むことに、脳がものすごい力を使っているためです。

これは「嫌いな人と接してグッタリきたわ~」程度ならまだいいんですが、

あまりに長期間自分の本心を抑え込んでいると、酷い場合には、

「朝、ベッドから起き上がることもできない」

くらいにまでなったりとか、鬱などの精神的な病気につながっていったりすることもあります。

 

 

脳は本心を抑え込むことに力を使い込んでしまっているので、いつもより疲れる。

大概自分では自覚がないのですが、どんどん他のことに気が回らなくなりますし、

普段できることでもできなくなっていく、ミスが増えていく…となっていきます。

こりゃあ、効果ないどころか事態も悪化するよ~(;´Д`)

 

 

あくまでも口では「ありがとう」と1000回言っているんだけれど、本心ではそう思っていない。

結局これは、

「ありがとうと口では言っているけど本当はそう思っていません。

ありがとうと口では言っているけど本当はそう思っていません。

ありがとうと口では言っているけど本当はそう思っていません」

と1000回言っているようなものですから…。

むしろ「ありがとうと思えないようなこと」ばっかり、目についたり経験しちゃうようになっちゃうのは自然なこと。

「ありがとうを唱えていても効果がない・事態が悪化した」

という原因はこれです。

 

 

自分の本心に気づき、認めることで効果は出てくる

 

じゃ、どうすればいいのか?というと、

 

 

思い切って、自分の本心を認めることです。

 

 

だって、本心を無視しちゃってたから辛かったんだもの。

だったら、思い切って無視するのをやめちゃって、

「あぁ、そうか~。私って、本当は感謝はしていなかったんだ。

きっと『ありがとうを言わないと悪いことが起きる』って思って怖かったのかな。

だから必死になっちゃってたんだな~…」

と素直に本心を認めてみてください。

そうすると膨れ上がっていた感情は解消されて、疲れ切ってた脳も体も回復していきます。

自然とやる気は上がるし、素直になるし、物事もうまくいくようになるし、そしたら、

「…よし、次は本当の意味でありがとうって言えるようになりたいな」

ってきっと気持ちが変わりますよ。

そうして本当の感謝のありがとうを言い始めたならば、

 

潜在意識が、今までになかった「感謝の気持ち・ありがとうという言葉の重要さ」などを学習する

無意識のうちに、あなたの行動や言動に「感謝」にまつわるものが増える

感謝するような出来事が増えたり、人から感謝されることが増えれば、事態は感謝のなかったときより良くなる

 

こっちの流れに移ることができるようになります、だいじょうぶ!(*´ω`*)

 

 

ありがとうを1000回言っても効果がない場合、反動形成ではないか?の確認を。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

管理人:岡野真

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ