今に集中することで、引き寄せる力は上がる。

 

今に集中する人ほど、望むものを引き寄せられる

 

今回は「今に集中する」ということについてのお話です。

 

 

これは聞いたことがある方もいるかもしれませんが、

人間は1日に約6万回の思考をしています。

引き寄せは思考が現実を変える法則なので、

人間が1日に出せる「現実を変えるパワー(思考のパワー)」の数は6万個、

とも言えますね。

 

 

今に集中することができる人というのは、

その6万個のパワーを目の前のことだけに集結させることができている人。

すると、その爆発的なパワーで今やっていることがうまくいって、現実が良い方向に変わります。

 

 

対して、

「過去こうだった、未来ああなるかも…」

と思考のパワーを今ここではないところに散らせている人は、

目の前の出来事をうまくいかせるパワーが1万しかないとか…少なくなっちゃうので、なかなかやってることの結果も出ないし、変わらない。

なので、過去や未来について考えず「今に集中する」というのは本当に大切なことです。

 

 

 

でも、急に今に集中することなどできない…

 

ただ、あなたはいまこう思ってるんじゃないかと思うんです。

「今に集中することが大事だってことくらいわかってるよ。

…でも、頭ではわかっていても、私はどうしても過ぎたことやまだ起きていないことについて考えてしまう…」

と。

 

 

これ、私もそうだったのですっごく気持ちはわかります。

どれだけ、

「今に集中するんだ!今、この瞬間が大切なんだ!!」

と思っても、集中できないんです。

ふと気づくと、終わったことについて悶々と考えていたり、

明日のことを心配してしまっていたり…どうしてもそうなってしまう。

 

 

私は結構長い間、これに悩みました。

なんで私って、今に集中することができないんだろう…。

なんで私って、今に集中することができないんだろう…?

…そしてあるとき、フと気づきました。

 

 

 

 

「そりゃ、集中できないのは集中力ないからじゃね?( ゚д゚)」

 

 

 

 

と。

 

 

今に集中するには集中力が不可欠

 

「今に集中することができれば、引き寄せる力が強くなるのです…」

とか言われるとなんか哲学的な精神的な何かみたいな感じがしますし、

集中できなかったときって、

「あぁ、なぜ私は…今この瞬間を大切にすることができないの!?」

「なぜ今ここを真心を尽くして生きられないの?」

みたいに自分を責めてしまったりしがち。

そうしてなんだか自分を責める方向ばっかりにいっていた私はなかなか気づかなかったのですが、

集中できないのがなんでかって、そりゃ集中力がないからでしょ、と。

 

 

あれ、これもしかしてすっごく単純なお話?

じゃあ、

「真心を尽くし、かけがえのない今この瞬間を生きられるようになるためには…」

とか考えるよりも単に、

「集中力ってどうやるとつくの?」

と考えたほうが、話は早いんじゃないかと思いました。

 

 

集中力をつけるには、瞑想が効果的

 

では、集中力をつける方法ってなんなの?というと、瞑想です。

ここで、

「あっ…そういえば瞑想で引き寄せる力が強まるって話を聞いたことある!」

と思った方、そうそう、その通りなんです。

 

 

瞑想というと、なんとなくうさんくさ~いイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

いるかもしれませんっていうか、私がそうでした(;^ω^)

なんていうか…なんか宗教にハマってる人がしてそうな…、

なにか怪しい感じがしてよく知らずに毛嫌いしていたのですが、実は瞑想って、

「今に集中するトレーニング法」

みたいなものなんです。

瞑想って、1日に5分とか10分するだけでも効果があって、やるとがぜん人間の集中力は上がります。

なので、なにかに取り組んでいるときに別のことに気がそれなくなってきます。

つまり、目の前のことに心を尽くして生きられるようになる。

冒頭の、

 

今に集中することができる人というのは、

6万個の思考のパワーを目の前のことだけに集結させることができている人。

すると、その爆発的なパワーで今やっていることがうまくいって、現実が良い方向に変わります。

 

↑これができるようになるってことです。

 

 

今に集中することで、性格さえも変えられる

 

最初はアヤシイと毛嫌いしていた私ですが実際にやってみて、

「ぎゃー!ほんとに集中力つくーー!え、ここまで変わる!?(゚Д゚;)」

と仰天してからは、他の方にもやっていただきたいと思い始め、瞑想に関する教材まで作りました。

参考にしていただけると嬉しいです↓

 

3時間っていうのは瞑想の合計時間のことです。

研究の結果、瞑想を計3時間したあたりから人間の性格は変わってくるとわかっています。

自分を変えたいのに…私はついウジウジしてしまってばかりで変えられない…という方、その性格、瞑想で変えられるかもしれませんよ(*´ω`*)

 

 

瞑想で今に集中する。高い集中力が、良いものを引き寄せる。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:  

カテゴリ:引き寄せの法則 

幸せになるために必要なものは、これだけ

 

人生の贈り物 あなたの探し物はなんですか?

 

 

本日は、私のおすすめの本のご紹介です。

「人生の贈り物 あなたの探し物は何ですか?」

スペンサー・ジョンソン著。

本は77ページと薄く、

 

 

中身もこんな感じで文字が少ないのは、昨日紹介した「自己嫌悪」と似てる。

これより先に「人生の贈り物」という本が出てて、それを改変したのがこの本。

私はもとの本より改変されたこっちのほうが好きなのでこっちをご紹介。

 

 

あらすじ(ネタバレ含みますので注意)

 

あらすじをざっと話すと、主人公は小さな男の子。

ある日仲良くしていた老人から、

「この世には、手に入れるといつでもどこでも必ず幸せでいられるプレゼントがあるんだよ」

という話を聞きます。

少年は成長するにつれ、人生はうまくいかないものだ、不幸だ、と思うようになり、

不幸になるほどにそのプレゼントがほしくなる。

しかし老人はそれがどこにあるのか、なんなのかは教えてくれない。

老人はそのうち亡くなってしまい、自分にはもうなんの手掛かりもない。

でも、どうしても、そのプレゼントがほしい…幸せになりたい…。

 

 

そんな彼、なんだかんだでやっとそのプレゼントが何かがわかります。

必ず幸せになれるプレゼントとは、プレゼントのこと。

英語で「いま」はプレゼント。

つまり探し求めた最高のプレゼントとは、自分が生きている「今この瞬間」のことだった。

過去を思い悩んだり未来を心配するのではなく、「いま、ここ」に心を尽くして生きていれば、人はどこにいようとも幸せなのだ。

それに気づいた彼は、瞬間瞬間を大切にすることで成功していき、幸せに生きられるようになりましたとさ。

 

 

というお話です。

平たく言うと、「いまを生きよう!」ということを伝えたい本ですな。

 

 

思考のパワーをいまに集中させることが大事

 

いきなりですが、人間って、1日に約6万回思考していると言います。

引き寄せって思考が現実を変える法則だから、私たちが現実を変えるパワーの源は、1日に6万個あるという言い方もできる。

過去はああだった…とか、未来にこうなったらどうしよう…と考えるのは、

その現実を変えるパワーを「いまここ」ではないところに散らせてしまうこと。

でも、私たちにはいまここしかない。

過去は過ぎちゃってて変えられないし、未来もまだ来てないしどうにもできないし、

私たちがどうにかできるのは、いまここ以外にはありえない。

思考のパワーを過去や未来に散らせないようにしてほしいなと思います。

パワーの源をいまここに集中させられる人ほど、そのパワーで現実を変えていけます。

引き寄せは、いまここの大切さを知っている人ほどうまく使えるものだと思う。

 

 

本のあらすじ話しちゃったけど、でもだいぶんはしょってますし、やっぱり一度読んでみてほしいな~と思います。

短いんだけど、一行一行が考えさせられるって感じで…、

実際に本に目を通してみると、上のあらすじだけでは感じられないものを感じると思います(*´ω`*)

画像クリックで詳細に飛びます。

 

 

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:管理人のおすすめ本 

自己嫌悪から立ち直る方法。

本

 

自己嫌悪に陥りなかなか立ち直れない方へ

 

本日はおすすめの本のご紹介です。

確か数年前にたまたまブックオフで見つけた本。

私はすごい好きなんだけど、でも人によってはこの本は、すっごい嫌なんじゃないかなーとも思う。

なのですすめるかちょっと迷った本なんだけど、好きだしすすめよう。

 

 

 

本のタイトルはずばり「自己嫌悪」

そのまんまですな。

Disk Potato House著。

本はすごく薄い、63ページしかない。

しかも、

 

 

中もこんな感じで文章が少ない。

可愛い絵が入ってます。

 

 

自己嫌悪で苦しい人を励ます気のない前半

 

で、これね、表紙と挿絵から、

「自己嫌悪で苦しんでいる人を、優しく励ます温かな本なのだろうな~」

とか思った方、

 

 

 

 

甘い(^ω^)

 

 

 

 

いや、私も正直そうかと思ってパラパラッと本をめくったんですよ、きっとね、

 

「あなたはダメな人間?そんなことない!

さぁ、鏡を見てみてほしい。

そこには今まで懸命に生きてきた人の姿が映るはず…、

あなたには価値がある!優しいところがある!

そう、あなたはダメなんかじゃない!いいところがたくさんある!

 

みたいな、そんなん書いてある系かと思いきや実際はこっち↓

 

あなたはダメな人間?ほんとうにそのとおりだね。

さぁ、鏡を見てみてほしい。

そこにはいじけてて、弱虫で、嫉妬深いし、そのくせプライドは高いし、臆病な怠け者が映るよね?

あぁ、あなたは嫌われ者だ!あなたがいまみじめな敗者であるのは間違いない!

 

 

 

 

 

 

 

うあ゙ぁああ゙ぁぁ゙ああぁぁ!!!!・゚・。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

 

 

 

 

と、人によっては打ちのめされて倒れたくなったり逆上して暴れ狂いたくなるんじゃないかみたいなことが書いてある。

なので上の文章読んで、

「ひゃー、辛辣だね~!」

くらいにしか思わなかったんならいいんだけど、

本っ気で頭に血がのぼったとか、もうこれで今日一日気分は最悪で立ち直れませんとか、

そこまでの人はおそらく読んでもただ気分悪くなるだけだろうから、やめたほうがいいかも。

 

 

心をすりがねでおろされる感覚

 

この本は何気なく立ち読みして、思わずその場で全部読んでしまったんですけど、その間、

「心の表面をすりがねでおろされるような妙な感覚になるなあ」

とか思いながら読みました。

 

 

あなたは弱虫ですね、臆病ですね。

怠けものでなにもしないくせに、プライドだけは高いですよね。

私はだめな人間だって最初から諦めて何もしなければ、挑戦して傷つかずにすむからそうしてるんですよね。

こうなったのは○○のせいだって自分を被害者にしていれば、責任をとらなくてすんで楽ですよね。

 

 

そういう言葉を目にするたび、

「あぁ、本当のことをはっきり言ってもらえてる……」

「薄々心の中で気づいていながらも、怖くてはっきり認めたくはないことを、全部言葉にしてしっかりと伝えてもらった」

みたいな、安心感?解放感?納得感?みたいなものを心の真ん中に感じました。

でもやっぱ、「あたたた、痛いこと言われた」みたいな感覚もあり、心の表面には微細な傷がついていくような感覚。

「あちゃー、いてててて、そうなんだよー、そこまで言われるといっそ気分イイ!

でもイタタ、でもそれがいい、なにこれ、痛いのにキモチイイ!」

みたいなヘンなマゾヒスティックさが大爆発した本(;^ω^)

 

 

後半は知性と愛にあふれる内容

 

で、前半はそうして、こっちが言われたくないようなことばっかり淡々と書いてあります。

ただ、これって別に読んでいる側を傷つけたいなんて悪意からそうしてるとかではなく(そんな本マジやだ)

「本当にその自己嫌悪から抜け出したいのなら、見て見ぬふりしているものをまず見つめてほしい」

という意味で書かれていると思うんです。

なので、前半で厳しいことを言いはするものの、じょじょに、

「じゃ、そこからどう変わるか考えようか」

「これが原因でうまくいかないんじゃない?」

「ここはこう考えてみたら?」

「こういうときはこうしてみるといいと思うよ」

「頑張ったときにはちゃんと自分を褒めなよ」

「できるよ、大丈夫だよ」

という内容に変わっていき、最後には読者の心に「きっと変われる!」と光を灯らせて終わるような流れになっています。

痛みの前半、希望の後半って感じ。

 

 

アイターとは思うだろうけど、しかしきっと、読み終わるころにはあなたの中で何かが変わるのではと思います。

画像クリックで本の詳細ページに飛びます。

 

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:管理人のおすすめ本 

同じレベルの人と出会うというけど…あの人と私が同レベルなの?

花

 

本日は、いただいた質問の回答です。

 

同じレベルの人と出会う・引き寄せあうって言いますが本当でしょうか?

サークルのメンバーで、いつも自分の意見が一番正しいみたいに話すので嫌だなと思う人がいます。

みんなは嫌だけどしょうがないと言って諦めてるみたいですが、

私はいつも上から目線な言い方を直してほしいしつい言ってしまいます。

それでケンカになることもよくあって、すごく疲れます。

みんなはどうしてああいう人を放っておくのかもわからないです。

なんとかすべきだと思わないんでしょうか…???

本当に我が強くて嫌になるし、正直こんな人と私が同じレベルなわけない!と思うんですけど…、

それでも同じレベルの人だから出会ったことになるんでしょうか?

「人には魂の成長の時期があって、そのときに試練が訪れる」

って聞いたこともありますので、もしかしていま成長の時期がきてるんでしょうか?

この試練(相手)に打ち勝つまで諦めなければ、私の魂のレベルは上がるのでしょうか?

相手と我の強さが同じレベルなのではないでしょうか?

 

 

「私が正しい」という思考の強さが同じレベル

 

すみません、魂のことは私はあまり詳しくないのでそれ抜きでお話しますね。

まず、引き寄せといってもしょせんは人間の脳の力ですので、

思考のパワーだけで誰かを遠くから呼び寄せる!とか超常的なことはできませんし、

同じサークルになったことはただの偶然だと思います。

(あ、でも趣味が同じでなければ同じサークルにも入らないでしょうから、同じサークルに入った時点で似ているということもできますけれどね)

 

 

いつも上から目線で話されると嫌な気持ちになりますよね。

きっと質問者さまだけじゃなくて、

みなさんも本当は心の中では嫌だな~って思っているんじゃないか?と思います。

 

 

だけど、きっとみなさんはこうも思ってるんじゃないでしょうか。

「世の中いろんな人がいるから、時には本当に変わった人も困った人もいるものだよな~」

とか、

「それは残念なことだけれど、自分の気に入る人ばかりが存在しているわけではないし、いたしかたのないことだな~」

とか。

そう考え、相手に譲ることをしているのだと思います。

 

 

けれど質問者さまは、そうして相手に譲るのは間違ってる!という感じがするんですよね。

相手のほうが譲ってくれないと気がすまない。

相手もまた、あなたが譲ってくれないと気がすまない。

その譲歩のできなさが、相手と同じなんじゃないかと思います。

互いに譲れないならば張り合うしかないですから、ケンカになっちゃうのですね。

 

 

みなさんに対して、

「なんであの人を放っておくのかわからない」

と思うとき、質問者さまはみなさんよりも自分が正しいと思っていませんか?

「あの人をなんとかすべきだという私の考えのほうが正しいのに、なぜみんなはそれがわからないの?」

と。

そしてあなたの嫌いな相手も、みんなより自分の考えが正しいと思っている人なのですよね。

私は、自分はみんなよりも正しいんだ!と思っているというところが似ているな~って思いました。

 

 

レベルを上げるというのはどういう意味なのか?

 

この試練(相手)に打ち勝つまで諦めなければ、私の魂のレベルは上がるのでしょうか?

 

これは「相手が折れるまで頑張ろう」という意味でしょうか?

確かに、質問者さまがこの先ずっと「諦めないぞ!」と踏ん張って頑張れば、相手のほうが先に折れるかもしれませんね。

このとき、折れた相手と折れなかった質問者さま、どちらのレベルが上がったといえるのか?

というと…うーん、これはとらえ方次第ですね。

 

 

「絶対に私が正しい!という信念を貫いたんだから、私の勝ちだ!私のレベルが上がった!」

と表現することもできますし、相手のほうが先に、

「誰もかれもを自分の思い通りにできるわけじゃないんだな」

ということに気づき一歩引く謙虚さを覚えたので、相手の勝ちだ、相手のレベルが上がったと表現することもできますよね。

 

 

正しいと信じたものをみんなに貫き通した質問者さまの勝ちとも言えるし、

私が正しいのよと意固地になりつづけた質問者さまの負けとも言えるわけですから、

これは質問者さまが、

「何を勝ちと思うのか?なにをもってしてレベルが上がったと言うのか?」

で、ケンカを続けるか、引くことを考えるか、どちらかを選べばよいと思います。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:質問コーナー 

引き寄せの法則で彼氏がほしいのにできない人は、実は…。

彼氏

 

引き寄せの法則は必ず「思考→現実」の順番

 

今回は、

「彼氏がほしい。でも引き寄せようとしてるはずなのに引き寄せられてこない」

と思っている方へのお話です。

 

 

「彼氏がいなくてみじめだと思う」だと順序が逆

 

彼氏がほしいこと自体はいいんですけど、

「なぜ彼氏がほしいのか?」

という動機の部分を聞くと、

「周りが彼氏持ちばかりで、いない自分をみじめだと思ってしまうから」

「彼氏がいないせいで、自信が持てないから」

と答える方がいます。

 

 

このように答える方は、

「彼氏がいないから、自分をみじめだと思う」

と考えているんですけど、これだと逆です。

「自分をみじめだと思っているから、彼氏がいない」

です。

 

 

彼氏がいる・いないとは関係なく、実はその人にはもともと、

「私はみじめという思考」

が存在しています。

もしその人が自信満々だったら、周りに彼氏がいて自分にいなくても「私は私」と思うので、気にならないはずです。

逆に自信がなければ仮に彼氏がいたとしても、なにか別のことが気になります。

彼がいないから自信がない、ではなく、自信がないから彼がいないことを気に病む、です。

 

 

「彼氏がいないからみじめだと思うんだ、自信がないんだ」

と逆に考えていると、その次は自然と、

「じゃ、彼ができればみじめだと思わなくなるはずだ、自信がつくはずだ」

と発想し、

「なので彼氏がほしい」

という結論に行きつくのですが、しかしその「彼氏がほしい」という思考はあくまでも結論でしかなく、

その結論を生み出すもととなった強い思考は「私はみじめ」です。

 

 

潜在意識は強いほうの思考を願いだとみなし実現する

 

潜在意識は2つの思考があるとき、より強い思考のほうに従います。

この場合は「彼氏がほしい」ということよりも、

「私はみじめ」ということにフォーカスしてその人を動かします。

 

 

私はみじめという思考をもとに動くとどうなるか?

 

では「私はみじめ」がもとになると、どうなるか?

これは、

「彼氏がほしいと思考している→彼氏を引き寄せる方向に潜在意識が動く」

というのではなくて、

「私はみじめだと思考している→みじめさを引き寄せる方向に潜在意識が動く」

となります。

 

 

潜在意識のほうは、

「もっとみじめだと思えそうな方法ってないかな?」

「みじめじゃなくなるような状況は防いで、みじめなままにさせてあげなきゃ」

と働きます。

すると、

「彼氏ができなきゃ、みじめでいられるよね」

となりますので、潜在意識はむしろ彼氏を作らない方向へと動きます。

なので彼氏ができなくなる…となります。

しかしここに気づいていないと、

「なぜ、こんなに彼氏がほしいと願っているのに叶わないのか?」

と思ってしまうんですね。

なぜなら、潜在意識はあなたの夢が「みじめであること」だと思ってるからです。

 

 

潜在意識は基本バカなので、こういう勘違いをいくらでも起こします。

ただ「強いほうを夢とみなして叶えようとする」というだけで、

「みじめなんてことが夢のはずないよね?叶えないほうがいいかな?」

とか親切に考えてくれたりしないので、ここは気をつけてください(;´・ω・)

 

 

みじめだという思考を消すことで現実は変わる

 

「彼氏ができればみじめじゃなくなる」

みなさん自然にこう考えているのですが、これだと、

 

①彼氏ができるという現実になったら

②私はみじめだと思考しなくなる

 

なので、現実→思考の順になってておかしいです。

引き寄せは思考→現実ですので、

 

①みじめだと思考をすることをやめれば

②彼氏ができるという現実になる

 

です。

 

 

これまでとは逆に考えてみてください。

「私はみじめ」という思考が問題を引き寄せているので、

その根本の思考を変えようとしない限り現実は変わりません。

でも逆に言えば、その根本の思考を「私は魅力的」という思考に変えれば、

その思考は必ず現実になります。

 

 

あ、あと、自信がつくことで、

「なんでそこまで彼氏がいないこと気に病んでたんだろ?それより今は趣味に打ち込むことの方が楽しいや」

とか、そもそも彼氏がほしいと思わなくなる人もいます。

ただ、こうして好きなことに打ち込んでる女性は魅力的ですから、

惹かれる男性が現れてなんかやっぱり結果的に彼氏できちゃったりもします。

これが「ほしいと執着するのをやめたら手に入った」ってパターンですね。

 

 

「彼氏がいないからみじめ」ではなく「みじめだ(と思考している)から彼氏がいない」の順です。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ