劣等感の克服をしたいはずが、逆にさらなる劣等感を引き寄せてしまう人もいる。

花

 

劣等感を引き寄せてさらに自信を失う場合もある

 

今回は、うまく引き寄せをするためにチェックしてほしい点についてです。

たとえばあなたの願望が「会社での出世」だとして、

 

 

 

 

「なぜ私はそうなりたいのか?」

 

 

 

 

ということを考えてみてください。

その願いを叶えたい理由、引き寄せたい動機について考えてみてください。

ここで、

「だって、そうなりたいから」

「それが好きだから」

「それをやってみたいから」

「できたらワクワクするだろうから」

こういう理由が出てくるなら、それでOKだと思います。

 

 

けれどここで、

「そうなって、あの人を見返してやりたいから」

「そうなれば、周りからバカにされなくてすむから」

「そうなれば、きっと世間が尊敬してくれるだろうから」

そういう理由が出てきたのであれば、ちょっとそこについて考えてみてほしいなと思います。

 

 

願望よりも劣等感が強い場合、劣等感が優先される

 

動機が、

「バカにされたくないという怯え」

「誰かをぎゃふんと言わせたいという復讐心」

とかだとすると、これは、

 

①まず他人のことについて考える

②その他人にどう思われるかを気にする

③気にしないようになるために自分はこうなろう

 

というふうに思考が展開してるということです。

これだと、

③の「こうなろう、こうなりたいのだ」という思考(叶えたい願望)より、

その思考のもととなった②人にどう思われるかを気にするという思考のほうが強いです。

人にどう思われるかが気になってしまうというのは、劣等感が強い人によくあります。

つまり、こうなりたい・これを引き寄せたいという夢を抱く動機が劣等感である、ということ。

 

 

前回の記事で、

「潜在意識は、その人の一番強い思考を願望だとみなす」

とお話しました。

この場合は夢を叶えたいという思考と、劣等感という思考だと、後者のほうが強いので、

潜在意識は「劣等感を抱くこと」がその人の夢だと認識します。

こうなると、夢が叶っても劣等感は解消されない、となります。

 

 

劣等感が動機だとお金持ちになっても幸せになれない

 

「お金があれば幸せになれる」

そう考えて必死にお金を手に入れても、幸せになれない人がいます。

そういう人は、動機が劣等感だからです。

金があれば人から尊敬してもらえる!というような動機で動いたとき、

お金がほしい、という思考よりも、「人から尊敬されたい」という劣等感が強いため、潜在意識は、

「へー、尊敬されたい!ってのが願いね。

じゃ、ずっとそう思っていられるようにしてあげよう」

と思うため、お金を手に入れても「尊敬されているかどうかが気になる」という点は変わらない。

 

 

すると本人は、

「お金があれば幸せになれると思ったのにまだなれない…」

と思い、まだ足りないかともっとお金を稼いでみたり、

稼いだお金を使っていろいろ買ったりすれば満足できるのかと思い豪遊してみるんですけど、やはり満たされない。

劣等感を動機に動くと潜在意識は、

「劣等感を持つことがこの人の願い。それを叶えてあげよう」

とずっと働き続けるので、何を手に入れても満たされない…となります。

 

 

なので、いまの目標は劣等感から生まれたものではないのか?ということについて考えてみてください。

「お金があったらあれがほしいな、手に入ったらワクワクするだろうな~♪」

とか、自分がそれをしたいから、という動機ではなく、

「お金があったらあれを買って、あいつの前でみせびらかしてやりたい」

とかいう場合は、それを買ってあいつをぎゃふんと言わせることはできても、

その次は別の誰かのことが気になってしまう…と、相手が変わるだけで自信はつかないです。

 

 

劣等感を引き寄せないためにはどうすればいいのか?

 

「劣等感がある。それを解消するためにはお金が必要だ。だからお金がほしい」

お金によって劣等感を解消しよう、ということなんですが、私はそんなまどろっこしいことしなくても、

「私は劣等感を解消したい」

でよくないかな?と思うんです。

ストレートにそう言わないと、潜在意識は理解してくれない。

 

 

人目が気になるなら、

「だからお金を手にして気にならないようにしたい」

「だからカッコイイ彼氏を手に入れて気にならないようにしたい」

じゃなくて、ごく普通に、

「私は、人目を気にするところをなおしたい」

でよくない?と。

 

 

「なぜそうなりたいのか?」

を考えて、

「だって、それをすれば人のことを気にしなくてすむから」

いった理由が出てきたときには、それをしたいということよりも、

「それをすれば人を気にしなくてすむ、という自信のなさを変えたい!」

と願うほうが自信はつきます。

自信がつけば、結果的にお金も彼氏も手に入ります。

なんたって自信あるんだもの。

自分はできると信じているんだもの。

自分にはできると信じればできる、というのが引き寄せなんだから、それは必ず叶います。

そして、自信のある状態で「それをしたいからする」という動機で動いて手に入ったものならば、ちゃんと手に入れたときに満足もできますよ。

 

 

願望を叶えたい理由が劣等感の場合、願望を叶えることよりも劣等感の克服にフォーカスするほうが、願望は叶いやすい。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

期限を決めるほうが潜在意識はうまく働いてくれるの?について

 

時間

 

期限を設けたあと、無意識にその期限を自分で短くしている人がいる

 

本日は、「目標達成には期限を設けたほうがいいのか?」についてです。

これはやっぱ、設けたほうがいいと思います。

だって、「そのうちやる」「いつかきっとやる」と言う人が、

本当にそのうちやるとこってあんま見たことないもの(^^;)

結局、本気でやる気が薄いから「そのうち」って言葉が出るんだと思うんです。

これはもう最初にいついつまでにこうなるのだ!と決めてしまい、やる気を出す。

なんでもそうだけど、締め切りがないよりあるほうが人ってやる気だすし、期限は設けたほうがいいと思います。

 

 

ただ、ちょっと気をつけてほしいなと思うことがあります。

期限設けたほうがいいという言葉を聞き、

「そうか!じゃあ俺、3年以内に年収1億円だ!」

としたとします。

ここまではOKです。

 

 

でもこれ、このときに内心で、

「でも、そんなのそう簡単に達成できないだろうなぁ…。

なれるとしても今すぐとか、3か月後とか厳しいだろうし…1年後でも厳しいだろうなぁ…。

そうだなぁ…2年半後~3年後くらいに年収1億になるってのが現実的かな?」

みたいに考えてることがあります。

これ、口では「3年以内」と言ってるんですけど、実質、

「いまから2年半後~3年後、その半年の間で年収1億になる」

という期限を設けてるようなもので、実際には1億になるための期間は半年しかない。

顕在意識上では3年あるかのような気になるんですけど、潜在意識のほうは、

「2年半後~3年後の半年の間だけ1億を目指せばいいってことね?おっけー!じゃあ2年半後までは何もしないね!」

と受け取ってます。

なので、2年半後までは変化がないです。

 

 

で、実際2年半経ってもなんの変化もないと人はどう思うでしょう?

「よし、2年半経った!ここから半年で劇的な変化が起きて年収1億だ!!」

とは、思わない。

「あと半年しかないよ…あと半年で年収1億なんて無理だよね?期限内に達成できなさそう」

と思います。

で、ここからまた「あと3年以内に年収1億だ!」と期限を新たに設定しなおすんですが、

でもそこでもまた、

「でもそんなのすぐには無理だし…2年半後くらいからしか無理かな」

と思い、その思考を受け取った潜在意識は、

「あ、また2年半後までは何もしなくてよくなったんだ、オッケー!」

となり…と、これ、期限設けてもエンドレスでその期限がのびていきます。

 

 

いまこの瞬間を含めての期限内。いまここにもチャンスは存在している。

 

3年以内というのは、いま、この瞬間から3年後の間のいつでも、という意味です。

自分から、

「今から2年半後まで何も起きない」

と潜在意識に植え付けてしまって、それに気づかず、

「期限を設けてから2年半も経ってるのに何も起きない、あと半年では達成できなさそうです」

という人もいるので、期限を設けるときには、

「実質の期限がものすごく短くなってしまっていないか」

ということにも気を配ってみてください。

 

 

本当は、年収1億になる!って決めれば、そうなれるためのチャンスは今日手に入ることもじゅうぶんにありえます。

これは、

「今日1億円入ってきます、今日中に空から1億降ってくる可能性もあります」

とかいう非現実的な意味ではなく、これから3年以内に1億になるために必要な情報やら人との出会いやら、

なんやらかんやらを、今日中に潜在意識が探してきてくれる可能性もあるという意味です。

1億の現金はつかめなくても、それをつかむための種となるものは今日にだってつかめる。

チャンスなら今この瞬間からあります。

「2年半後まで何もないだろう」

と思うのは、いまから2年半後までのチャンスをすべて逃すということなので、期限を設けたあとは、

「今日この瞬間を含めて」考えてくださいね。

いま、この瞬間、もうはじまってるんですよー!

 

 

期限の日時を設けたら、「いまこの瞬間から」その日時までが変化の時期です。

 

 

また、

「でも、期限を決めることに対してこんな疑問があるのですが…」

という質問への回答記事もございます。

興味のある方はぜひこちらも読んでみてください↓

期限を決めると夢が叶わなくなるのでは?という質問への回答

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

今に集中することで、引き寄せる力は上がる。

 

今に集中する人ほど、望むものを引き寄せられる

 

今回は「今に集中する」ということについてのお話です。

 

 

これは聞いたことがある方もいるかもしれませんが、

人間は1日に約6万回の思考をしています。

引き寄せは思考が現実を変える法則なので、

人間が1日に出せる「現実を変えるパワー(思考のパワー)」の数は6万個、

とも言えますね。

 

 

今に集中することができる人というのは、

その6万個のパワーを目の前のことだけに集結させることができている人。

すると、その爆発的なパワーで今やっていることがうまくいって、現実が良い方向に変わります。

 

 

対して、

「過去こうだった、未来ああなるかも…」

と思考のパワーを今ここではないところに散らせている人は、

目の前の出来事をうまくいかせるパワーが1万しかないとか…少なくなっちゃうので、なかなかやってることの結果も出ないし、変わらない。

なので、過去や未来について考えず「今に集中する」というのは本当に大切なことです。

 

 

 

でも、急に今に集中することなどできない…

 

ただ、あなたはいまこう思ってるんじゃないかと思うんです。

「今に集中することが大事だってことくらいわかってるよ。

…でも、頭ではわかっていても、私はどうしても過ぎたことやまだ起きていないことについて考えてしまう…」

と。

 

 

これ、私もそうだったのですっごく気持ちはわかります。

どれだけ、

「今に集中するんだ!今、この瞬間が大切なんだ!!」

と思っても、集中できないんです。

ふと気づくと、終わったことについて悶々と考えていたり、

明日のことを心配してしまっていたり…どうしてもそうなってしまう。

 

 

私は結構長い間、これに悩みました。

なんで私って、今に集中することができないんだろう…。

なんで私って、今に集中することができないんだろう…?

…そしてあるとき、フと気づきました。

 

 

 

 

「そりゃ、集中できないのは集中力ないからじゃね?( ゚д゚)」

 

 

 

 

と。

 

 

今に集中するには集中力が不可欠

 

「今に集中することができれば、引き寄せる力が強くなるのです…」

とか言われるとなんか哲学的な精神的な何かみたいな感じがしますし、

集中できなかったときって、

「あぁ、なぜ私は…今この瞬間を大切にすることができないの!?」

「なぜ今ここを真心を尽くして生きられないの?」

みたいに自分を責めてしまったりしがち。

そうしてなんだか自分を責める方向ばっかりにいっていた私はなかなか気づかなかったのですが、

集中できないのがなんでかって、そりゃ集中力がないからでしょ、と。

 

 

あれ、これもしかしてすっごく単純なお話?

じゃあ、

「真心を尽くし、かけがえのない今この瞬間を生きられるようになるためには…」

とか考えるよりも単に、

「集中力ってどうやるとつくの?」

と考えたほうが、話は早いんじゃないかと思いました。

 

 

集中力をつけるには、瞑想が効果的

 

では、集中力をつける方法ってなんなの?というと、瞑想です。

ここで、

「あっ…そういえば瞑想で引き寄せる力が強まるって話を聞いたことある!」

と思った方、そうそう、その通りなんです。

 

 

瞑想というと、なんとなくうさんくさ~いイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

いるかもしれませんっていうか、私がそうでした(;^ω^)

なんていうか…なんか宗教にハマってる人がしてそうな…、

なにか怪しい感じがしてよく知らずに毛嫌いしていたのですが、実は瞑想って、

「今に集中するトレーニング法」

みたいなものなんです。

瞑想って、1日に5分とか10分するだけでも効果があって、やるとがぜん人間の集中力は上がります。

なので、なにかに取り組んでいるときに別のことに気がそれなくなってきます。

つまり、目の前のことに心を尽くして生きられるようになる。

冒頭の、

 

今に集中することができる人というのは、

6万個の思考のパワーを目の前のことだけに集結させることができている人。

すると、その爆発的なパワーで今やっていることがうまくいって、現実が良い方向に変わります。

 

↑これができるようになるってことです。

 

 

今に集中することで、性格さえも変えられる

 

最初はアヤシイと毛嫌いしていた私ですが実際にやってみて、

「ぎゃー!ほんとに集中力つくーー!え、ここまで変わる!?(゚Д゚;)」

と仰天してからは、他の方にもやっていただきたいと思い始め、瞑想に関する教材まで作りました。

参考にしていただけると嬉しいです↓

 

3時間っていうのは瞑想の合計時間のことです。

研究の結果、瞑想を計3時間したあたりから人間の性格は変わってくるとわかっています。

自分を変えたいのに…私はついウジウジしてしまってばかりで変えられない…という方、その性格、瞑想で変えられるかもしれませんよ(*´ω`*)

 

 

瞑想で今に集中する。高い集中力が、良いものを引き寄せる。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:  

カテゴリ:引き寄せの法則 

同じレベルの人と出会うというけど…あの人と私が同レベルなの?

花

 

本日は、いただいた質問の回答です。

 

同じレベルの人と出会う・引き寄せあうって言いますが本当でしょうか?

サークルのメンバーで、いつも自分の意見が一番正しいみたいに話すので嫌だなと思う人がいます。

みんなは嫌だけどしょうがないと言って諦めてるみたいですが、

私はいつも上から目線な言い方を直してほしいしつい言ってしまいます。

それでケンカになることもよくあって、すごく疲れます。

みんなはどうしてああいう人を放っておくのかもわからないです。

なんとかすべきだと思わないんでしょうか…???

本当に我が強くて嫌になるし、正直こんな人と私が同じレベルなわけない!と思うんですけど…、

それでも同じレベルの人だから出会ったことになるんでしょうか?

「人には魂の成長の時期があって、そのときに試練が訪れる」

って聞いたこともありますので、もしかしていま成長の時期がきてるんでしょうか?

この試練(相手)に打ち勝つまで諦めなければ、私の魂のレベルは上がるのでしょうか?

相手と我の強さが同じレベルなのではないでしょうか?

 

 

「私が正しい」という思考の強さが同じレベル

 

すみません、魂のことは私はあまり詳しくないのでそれ抜きでお話しますね。

まず、引き寄せといってもしょせんは人間の脳の力ですので、

思考のパワーだけで誰かを遠くから呼び寄せる!とか超常的なことはできませんし、

同じサークルになったことはただの偶然だと思います。

(あ、でも趣味が同じでなければ同じサークルにも入らないでしょうから、同じサークルに入った時点で似ているということもできますけれどね)

 

 

いつも上から目線で話されると嫌な気持ちになりますよね。

きっと質問者さまだけじゃなくて、

みなさんも本当は心の中では嫌だな~って思っているんじゃないか?と思います。

 

 

だけど、きっとみなさんはこうも思ってるんじゃないでしょうか。

「世の中いろんな人がいるから、時には本当に変わった人も困った人もいるものだよな~」

とか、

「それは残念なことだけれど、自分の気に入る人ばかりが存在しているわけではないし、いたしかたのないことだな~」

とか。

そう考え、相手に譲ることをしているのだと思います。

 

 

けれど質問者さまは、そうして相手に譲るのは間違ってる!という感じがするんですよね。

相手のほうが譲ってくれないと気がすまない。

相手もまた、あなたが譲ってくれないと気がすまない。

その譲歩のできなさが、相手と同じなんじゃないかと思います。

互いに譲れないならば張り合うしかないですから、ケンカになっちゃうのですね。

 

 

みなさんに対して、

「なんであの人を放っておくのかわからない」

と思うとき、質問者さまはみなさんよりも自分が正しいと思っていませんか?

「あの人をなんとかすべきだという私の考えのほうが正しいのに、なぜみんなはそれがわからないの?」

と。

そしてあなたの嫌いな相手も、みんなより自分の考えが正しいと思っている人なのですよね。

私は、自分はみんなよりも正しいんだ!と思っているというところが似ているな~って思いました。

 

 

レベルを上げるというのはどういう意味なのか?

 

この試練(相手)に打ち勝つまで諦めなければ、私の魂のレベルは上がるのでしょうか?

 

これは「相手が折れるまで頑張ろう」という意味でしょうか?

確かに、質問者さまがこの先ずっと「諦めないぞ!」と踏ん張って頑張れば、相手のほうが先に折れるかもしれませんね。

このとき、折れた相手と折れなかった質問者さま、どちらのレベルが上がったといえるのか?

というと…うーん、これはとらえ方次第ですね。

 

 

「絶対に私が正しい!という信念を貫いたんだから、私の勝ちだ!私のレベルが上がった!」

と表現することもできますし、相手のほうが先に、

「誰もかれもを自分の思い通りにできるわけじゃないんだな」

ということに気づき一歩引く謙虚さを覚えたので、相手の勝ちだ、相手のレベルが上がったと表現することもできますよね。

 

 

正しいと信じたものをみんなに貫き通した質問者さまの勝ちとも言えるし、

私が正しいのよと意固地になりつづけた質問者さまの負けとも言えるわけですから、

これは質問者さまが、

「何を勝ちと思うのか?なにをもってしてレベルが上がったと言うのか?」

で、ケンカを続けるか、引くことを考えるか、どちらかを選べばよいと思います。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:質問コーナー 

引き寄せの法則で彼氏がほしいのにできない人は、実は…。

彼氏

 

引き寄せの法則は必ず「思考→現実」の順番

 

今回は、

「彼氏がほしい。でも引き寄せようとしてるはずなのに引き寄せられてこない」

と思っている方へのお話です。

 

 

「彼氏がいなくてみじめだと思う」だと順序が逆

 

彼氏がほしいこと自体はいいんですけど、

「なぜ彼氏がほしいのか?」

という動機の部分を聞くと、

「周りが彼氏持ちばかりで、いない自分をみじめだと思ってしまうから」

「彼氏がいないせいで、自信が持てないから」

と答える方がいます。

 

 

このように答える方は、

「彼氏がいないから、自分をみじめだと思う」

と考えているんですけど、これだと逆です。

「自分をみじめだと思っているから、彼氏がいない」

です。

 

 

彼氏がいる・いないとは関係なく、実はその人にはもともと、

「私はみじめという思考」

が存在しています。

もしその人が自信満々だったら、周りに彼氏がいて自分にいなくても「私は私」と思うので、気にならないはずです。

逆に自信がなければ仮に彼氏がいたとしても、なにか別のことが気になります。

彼がいないから自信がない、ではなく、自信がないから彼がいないことを気に病む、です。

 

 

「彼氏がいないからみじめだと思うんだ、自信がないんだ」

と逆に考えていると、その次は自然と、

「じゃ、彼ができればみじめだと思わなくなるはずだ、自信がつくはずだ」

と発想し、

「なので彼氏がほしい」

という結論に行きつくのですが、しかしその「彼氏がほしい」という思考はあくまでも結論でしかなく、

その結論を生み出すもととなった強い思考は「私はみじめ」です。

 

 

潜在意識は強いほうの思考を願いだとみなし実現する

 

潜在意識は2つの思考があるとき、より強い思考のほうに従います。

この場合は「彼氏がほしい」ということよりも、

「私はみじめ」ということにフォーカスしてその人を動かします。

 

 

私はみじめという思考をもとに動くとどうなるか?

 

では「私はみじめ」がもとになると、どうなるか?

これは、

「彼氏がほしいと思考している→彼氏を引き寄せる方向に潜在意識が動く」

というのではなくて、

「私はみじめだと思考している→みじめさを引き寄せる方向に潜在意識が動く」

となります。

 

 

潜在意識のほうは、

「もっとみじめだと思えそうな方法ってないかな?」

「みじめじゃなくなるような状況は防いで、みじめなままにさせてあげなきゃ」

と働きます。

すると、

「彼氏ができなきゃ、みじめでいられるよね」

となりますので、潜在意識はむしろ彼氏を作らない方向へと動きます。

なので彼氏ができなくなる…となります。

しかしここに気づいていないと、

「なぜ、こんなに彼氏がほしいと願っているのに叶わないのか?」

と思ってしまうんですね。

なぜなら、潜在意識はあなたの夢が「みじめであること」だと思ってるからです。

 

 

潜在意識は基本バカなので、こういう勘違いをいくらでも起こします。

ただ「強いほうを夢とみなして叶えようとする」というだけで、

「みじめなんてことが夢のはずないよね?叶えないほうがいいかな?」

とか親切に考えてくれたりしないので、ここは気をつけてください(;´・ω・)

 

 

みじめだという思考を消すことで現実は変わる

 

「彼氏ができればみじめじゃなくなる」

みなさん自然にこう考えているのですが、これだと、

 

①彼氏ができるという現実になったら

②私はみじめだと思考しなくなる

 

なので、現実→思考の順になってておかしいです。

引き寄せは思考→現実ですので、

 

①みじめだと思考をすることをやめれば

②彼氏ができるという現実になる

 

です。

 

 

これまでとは逆に考えてみてください。

「私はみじめ」という思考が問題を引き寄せているので、

その根本の思考を変えようとしない限り現実は変わりません。

でも逆に言えば、その根本の思考を「私は魅力的」という思考に変えれば、

その思考は必ず現実になります。

 

 

あ、あと、自信がつくことで、

「なんでそこまで彼氏がいないこと気に病んでたんだろ?それより今は趣味に打ち込むことの方が楽しいや」

とか、そもそも彼氏がほしいと思わなくなる人もいます。

ただ、こうして好きなことに打ち込んでる女性は魅力的ですから、

惹かれる男性が現れてなんかやっぱり結果的に彼氏できちゃったりもします。

これが「ほしいと執着するのをやめたら手に入った」ってパターンですね。

 

 

「彼氏がいないからみじめ」ではなく「みじめだ(と思考している)から彼氏がいない」の順です。

 

最後にお知らせです。

引き寄せでは「認識の変更がすべてである」と言われますが、

その認識の変更に役立つ無料オンラインセミナーを開催中です。

自宅のパソコンやスマホから見るセミナーなので、セミナー会場まで出向く必要はありません。

詳しくは下記からどうぞ、詳細を書いた記事へと移動します↓

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ