自信がない人の潜在意識にはいつも「親」がいる。

花

 

潜在意識と顕在意識について(ちょっと前回のおさらい)

 

  • 「爪を噛むのをやめたいな」と考える→顕在意識3%の力
  • 気づかないうちに「つい」手が口にいっちゃう→潜在意識97%の力
  • 綱引きすれば潜在意識が勝つので「やめたいと思ってるはずなのにやめられない」となる

 

って話を前にしました。

これを踏まえて「なぜお金持ちになりたいと思ってるのになれないか?」を考えると、

 

  • 「お金持ちになりたいな」と考える→顕在意識3%の力
  • 「どうせ私なんかになれるわけない」と考えたくもないのに「つい」考える→潜在意識97%の力
  • 綱引きすれば潜在意識が勝つので「なりたいと思ってるはずなのになれない」となる

 

でしたね。

潜在意識と顕在意識について、詳しくはこちらから。

 

 

潜在意識の考えることは、どう決まってる?

 

それでは今日は、

「潜在意識が考えてることってどう決まるのよ?」

というお話です。

これは誰も、

「ようし、私は潜在意識下で○○だと考えることにするぞ!」

「さーて、これから○○を『ついつい』やっちゃおう!」

とか決めてやってないですよね。

「つい」やっちゃう・考えちゃうわけですけど、この「つい」ってそもそもなんで起こるの?について。

大きい要因の1つは、

 

 

 

繰り返しによる刷り込み

 

 

 

です。

 

 

最も大きく影響を受けるのは、親からの刷り込み

 

特に親からの刷り込みが多いのではないでしょうか。

もうここですでに、

「あぁ、そうそう。

小さいころから親にできない子だと言われてきたせいで自信が持てない…。

どうしても『つい』自分はダメな人間だと思っちゃう」

と思った方もいるはず。

こういうふうに幼いころから、

 

  • これは○○である
  • このときは□□するものである
  • こっちは△△すべきではない
  • あなたは○○である

 

…と繰り返し教えられて経験していくうちに、

最初は顕在意識で「そうかな?そうかも」程度だったことが、

どんどん潜在意識にまで刷り込まれていき、

 

  • 絶対そうに違いないと思うようになる
  • 頭では(顕在意識では)そう考えたくないのに、心(潜在意識では)そう思ってしまう
  • ついそうしてしまい、やめられない

 

…となっていきます。

 

 

あ、でも時にはこういう刷り込みが役に立つこともありますよ。

たとえば、

「人を殺してはいけない」

とか、これ潜在意識にまで刷り込まれてないとヤバイですよね。

刷り込まれているおかげで、こいつムカつく!殺してやりたい!と思っても、

「でも、どうしてもそんなことできない」

ってブレーキがかかってくれるんですから。

 

 

でも逆に、全然役に立たないこともあります。

「私はダメな人間である」

こう刷り込まれていれば、どんなにそう思いたくなくても、

「でも、どうしてもそう思ってしまう」

となります。

こういうブレーキがかかっちゃうと、なにかに挑戦できないとか、

すぐ人と比べちゃって落ち込むとか、いろいろ出てきますよね。

(あなたはいまそうして悩んでいるはず)

俗に人間の取る行動で、

 

 

 

 

親の影響を受けていない行動は10%以下

 

 

 

 

と言われています。

これ怖くないですか?

100個の行動をしたとき、その中でちゃんと自分の意思でやっていることは、

10個以下しかないってことですよ!

残りの90個以上は、

 

  • 親がいつも選んでいたほうを疑いもなく「そういうもんだ」と選んでいる
  • お母さんならこっちを選ぶであろうというほうを選ぶ
  • お父さんに嫌われずにすみそうなものを選ぶ
  • お母さんがそっち選ぶんなら反対を選んでやるわ!(と結局親を基準にしている)

 

…などなど、です。

 

 

思い返してみてください。

普段あなたが考えていること・している行動…。

それ、過去に親から教えられたことがもとになってませんか?

ハッキリと「そうそう、これは親の影響でやってる!」とわかるものもあるだろうし、

自覚できないような小さなものなら、「緑色が嫌い」とかいうものもあるかもしれませんね。

っていうか緑色の話はこれ、私の話です。

親との仲が悪かったとき、緑色が嫌いでした。

見ると反射的に嫌な気分になるんです。

最初は単に「私、緑ってなんか好きじゃないんだよね」程度にしか思ってませんでしたが、

これをよくよく掘り下げていくと、

「私の母親が緑色が大好きだから、私は嫌い」

というのが理由でした。

 

緑色を見る

母親を連想させる

母が嫌い!

じゃあ、母が好きな緑も嫌い!(と、間接的に母への嫌悪を表現)

 

の流れですね。

自分の意思で緑を嫌っているように思えて、実は親を基準にして、自分が何色を嫌うかを決定している。

さてさて…あなたの好きな色や、嫌いな食べ物はなに?

それ、本当に自分の意思で好いたり嫌ったりしてますか…?

 

 

メディアからの影響も多大である

 

あとは、メディアからの刷り込みも大きいんじゃないでしょうか。

毎日声高に、

「就職難・就職難!」

とかテレビでやったり雑誌でそういう記事を目にしてると、どんどん不安になっていくとか。

あなたはなんの疑いもなく、

「最近就職難だからさ~」

と口にしているかもしれないけれど、それってあなたが自分で最近の就職率とか調べて、

過去のデータと見合わせたりなんだりして、その結果自分で、

「ほう、今は就職難である!」

と結論を出したわけではないですよね。

「テレビが何度もそう言うから、そうなんだろう」

と決定している。

あなたの言動のもととなっているのは、メディア。

 

 

あ、あと女性に多いのが、

「婚活特集を繰り返し目にしたせいで、『結婚しなきゃ恥』と強く刷り込まれ、

結婚しないといけない気になって焦っている」

という方、これすごく多いです。

他にも周りから、結婚!結婚!いつ結婚するの?親を安心させてあげたら?結婚しないと老後は…などなど…、

こういう言葉を聞いているうちにどんどん不安になって、

「『つい』どうしても結婚のことで悩んでしまう」

とか、ね。

 

 

このようにして、繰り返し繰り返し言われた・経験したことが、

どんどん潜在意識にまで浸透していき、そして潜在意識は、

「ほう、オッケーそうなのね!じゃ、そう思おう」

と学習。

で、そんな学習されたが最後、「つい」やっちゃう・「つい」思っちゃうとなるわけです。

 

 

親とメディアだけじゃなくって、学校の先生とか部活の先輩とか、

そういうものもいろいろ影響してると思います。

「そんなん言ったら、影響されてない部分なんてほとんどないやんけ!」

と思いたくなるかもしれませんが、そう、実際ほとんどないんです。

これが潜在意識の力。怖いですな~。

 

 

潜在意識が何を考えるかは、「繰り返し」による刷り込みで決まる

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:  

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識と顕在意識、常に潜在意識が勝つのが引き寄せの法則。

氷山

 

引き寄せは、思考が現実化する法則

 

引き寄せの法則。

それは、思考が現実になる法則。

「お金持ちになる」と思考すればお金持ちになり、

「恋人ができる」と思考すれば素敵な恋人ができる。

そうして頭の中で「こうなる」と思ったことが本当に実現するというのが、引き寄せの法則です。

 

 

ただ、何も知らない方がこれを聞いたときにはまず間違いなく、

「そんなわけあるか!!

私はもう何回も億万長者になりたいと思ったけど、現実になってないわ!!」

と思うはず。

引き寄せをすでに知ってる方の中でも、

「信じて願ってみたけど何も叶わない。やっぱりそんなの嘘じゃないの?」

と思ってる方は多いと思います。

なので今回は、引き寄せについての基本的なことをご説明します。

 

 

顕在意識と潜在意識

 

人間の意識は、大きく分けると潜在意識と顕在意識の2つです。

 

 

顕在意識について

 

ではまず、顕在意識について。

顕在意識とは、

 

  • 何かを選んだり迷ったりする
  • 物事に対して良い悪いを判断する
  • 論理的・理性的に考えて決断する
  • 自分でちゃんと自覚できる意識

 

です。

ここはあんまり難しく考えず、

「自分がなにか考えているときには顕在意識を使っている」

と思えばOKです。

たとえば「今日はラーメン食べよう」と思ってるとき、

自分で何を食べようか考えてラーメンを選んでいるし、

自分がそうして選んでいるということも自覚していますよね。

テストの結果悪かったもう嫌~とか、

明日は山と海どっちに行こうかな~とか、

爪を噛む癖をやめたいな~とか、

そういうものも全部、自分がそう思ってると自覚してます。

こういうことは顕在意識を使ってやってることだ、と覚えておけばOKです。

 

 

潜在意識について

 

では、次は潜在意識について。

潜在意識のほうは、

 

  • 論理的には考えず感情を司っている
  • 良い悪いの判断などはしない
  • 直感・アイディアを生み出す
  • 自分では自覚できない意識

 

こちらも難しく考えず、

「無意識にやっちゃうことは潜在意識でやってる」

という程度に覚えておけばOK。

たとえば、ハッと気づいたら爪を噛んじゃってた。

これは意識してやってないですよね。

この無意識にやる動作とかが、潜在意識を使ってやってること。

で、そうしてやっちゃったことに対して、

「あー、またやっちゃった。爪を噛む癖は良くないからなくしたいなー」

と考えたなら、そのときには顕在意識を使ってるってことです。

 

 

割合は顕在意識が3%、潜在意識が97%

 

この2つの割合ですが、潜在意識が占める割合が圧倒的に多いです。

よくある表現で「顕在意識は氷山の一角」と言われますね。

 

 (イラストの著作者:freedesignfile.com様)

 

俗に顕在意識が3%、潜在意識が97%と言われてます。

あなたの頭の中はこんな感じで、どどーんと潜在意識が土台となって占めています。

人はほとんど潜在意識に支配されて生きていて、自分で意識してることなんてちょっとだけ。

自覚してることなんかほんの一角だぜ!って例えですね。

 

 

ただこれは、

「研究の結果、正確に3%と97%の割合だと判明してます!」

とかじゃないです。

わかってるのは潜在意識のほうがすっげー多い!ってことだけなので、

この3%って表現はあくまでも、

「顕在意識の割合はすっごく小さいんですよ~」

ということを言いたいがための比喩的な表現って感じです。

なので人によっては10%と90%っていう人もいるし、そこは割と曖昧なんですが、

まぁ3%にしろ10%にしろ、顕在意識は弱っちいってことですね(;^ω^)

ここも難しく考えず、

「とりあえず、潜在意識のほうがすっごい強い」

とだけ覚えておけばOKかと思います。

 

 

顕在意識は潜在意識には勝てない

 

さきほど「爪を噛む」を例に出しましたね。

どんなにやめたいと思ってもついやっちゃう!というとき、

まぁ、やっちゃうのも無理はないんです。

だって、

 

  • 意識してやめようと思ってる→顕在意識のパワー3
  • 無意識に手が動いて口に持っていっちゃう→潜在意識のパワー97

 

なわけですから、97人と3人で綱引きすれば、そりゃあ…3人のほうは負けますよね。

こうして、

「こんなにやめたいと思ってるのに(潜在意識が勝って)やめられない!」

となります。

 

 

…で、ここでやっと冒頭の、

「そんなわけあるか!!

私はもう何回も億万長者になりたいと思ったけど、現実になってないわ!」

についてに戻ってきます。

これは、

 

  • 私はお金持ちになりたい!なるぞ!という気持ち→3の力しかない
  • 私はお金持ちになんてどうせなれないだろうな~という気持ち→97の力

 

…ということで、

「こんなにお金持ちになりたいと思ってるのに(潜在意識が勝って)なれない!」

になるんですね。

 

 

あなたの思考は既に潜在意識の力で現実化している

 

ついつい、

「金持ちになりたいと思ってるのになれない、引き寄せは嘘だ!」

と言いたくなるかもしません。

でも、お金持ちになりたいというのが顕在意識で考えていることにすぎなくて、

実は潜在意識下で、

「私、どうせお金持ちになんてなれないんだろうな~」

と思っていて、そしていま実際にお金持ちになれていないのであれば、

 

 

 

ちゃんとあなたの思っていることが現実になっている

 

 

 

わけですよね。

どうせお金持ちになれないと思考し、実際本当にお金持ちになれてないわけですから…。

…そう、実はもうあなたの思考は、引き寄せの法則で現実化しているんです。

 

 

引き寄せは「願ったものが叶えられる」のではない

 

よく誤解されるのですが、引き寄せって、

「願ったものが叶えられる」

わけではありません。

そうではなく、

「潜在意識で考えていることが叶えられる」

んです。

どんなに願っていても、その願っている力が3しかなければ、

潜在意識に負けちゃうので叶えられることはない。

なので願いを叶えたいのであれば、

 

 

顕在意識ではなく、潜在意識から願う

 

 

ことをするしかないです。

 

 

…これを言うと、

「じゃあその、潜在意識から願うってどうすればいいの?」

というお声が聞こえてきそうです。

でも、それをお話する前に、

「そもそも『潜在意識で考えること』ってどうやって決まるの?」

についてお話したいなと思います。

そう、別にあなたは、

「よーし、私は潜在意識でどうせお金持ちになれないと考えよう!」

なんて思ったことないですよね。

それなのにどうしてあなたの潜在意識はそんなふうに考えているのか?についてです↓

★記事に移動する★

 

 

引き寄せは「願いが叶う法則」ではなく「潜在意識が勝つ法則」である

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

1 35 36 37

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ